扇風機のおすすめ処分方法4つ紹介! 知っておくべきポイントとは?

5.リサイクルする場合

まだ使える状態の扇風機を処分する場合は、買い取りに出してリサイクルするのがおすすめです。

5-1.リサイクルのメリット

リサイクルのメリットは料金面にあります。普通であればお金を払って処分するものを、お金をもらって処分できるのはうれしいですよね。もちろん、ゴミを減らすことや再資源化にもつながるため、地球環境にも貢献できるというメリットもあります。

5-2.リサイクルできるものとは?

基本的に、動作に異常がないもの、状態が比較的きれいなものであれば買い取り対象になります。ただし、買い取り先によっては購入から3年以上経過しているものは買い取り不可になる場合もあるため注意してください。高額査定のポイントは以下のとおりです。

  • きれいに掃除しておく
  • 付属品をそろえておく
  • 扇風機の需要が高まる時期に売る

5-3.リサイクルできるところ

扇風機のリサイクルは、リサイクルショップや不用品回収・買い取り業者などに依頼できます。近所にリサイクルショップがある場合は、最も手軽な方法といえるでしょう。その場で査定して現金化できるため、急いで処分したい人におすすめです。ただし、扇風機の状態によっては買い取り不可になることもあり、再び持ち帰らなければならないというデメリットはあります。その点、回収と買い取りを行っている専門業者であれば、確実に処分することができるでしょう。

5-4.ネットオークションによるリセール

自分でネットオークションに出品して売る方法もあります。うまくいけば希望価格で売ることができるでしょう。最近はネットオークションの利用者も増えてきているため、買い手が見つかる可能性は高いはずです。しかし、買い手が見つかるまでは扇風機を手元に置いておかなければならないという点、画像の処理や発送の手続きなどを自分で行う必要があるという点がデメリットといえます。

5-5.注意点

買い取りに出す前に、扇風機の状態をしっかりとチェックしておいてください。製造年月日やメーカー、動作に問題がないかを確認しておきましょう。特に、ネットオークションで壊れた扇風機を売ってしまうとトラブルの原因になります。

6.業者選びについて

扇風機の処分を回収業者に依頼する場合の詳細をまとめました。

6-1.選び方のポイント

業者選びのポイントは以下のとおりです。

  • 豊富な実績があるか
  • 回収や買い取りに必要な許可を得ているか
  • 無料見積もりを受け付けているか
  • 見積書の内容に不明確な点はないか
  • 事務所の所在地や電話番号を明記しているか
  • スタッフの対応が丁寧であるか

6-2.料金相場

料金相場を知るためにも、事前に複数の業者に無料見積もりを依頼することをおすすめします。前述したとおり、回収費用は業者によって異なるため、複数の業者を比較することで大まかな相場を把握することができるでしょう。

6-3.申し込み、相談窓口

ダストネット東京」では、無料相談無料見積もりを受け付けています。不用品の処分に関する悩みや疑問がある場合は、ぜひご利用ください。

6-4.注意点

許可を持たずに違法な営業をしている業者を利用すると、さまざまなトラブルに巻き込まれる可能性があります。よくあるトラブル例は以下のとおりです。

  • 「無料回収」といっていたのに実際には高額な料金を請求された
  • 見積書の内容と異なる料金を請求され、断ると威圧的な態度で脅された
  • 回収した不用品を不法投棄された

このような業者を選ばないためにも、インターネットの口コミなども参考にして慎重に業者選びをしてください。

みんなの評価 
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
Loading...
※5段階の簡単評価です。★を選択することで誰でも簡単に評価できます。
365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!