扇風機のおすすめ処分方法4つ紹介! 知っておくべきポイントとは?

6.業者選びについて

扇風機の処分を回収業者に依頼する場合の詳細をまとめました。

6-1.選び方のポイント

業者選びのポイントは以下のとおりです。

  • 豊富な実績があるか
  • 回収や買い取りに必要な許可を得ているか
  • 無料見積もりを受け付けているか
  • 見積書の内容に不明確な点はないか
  • 事務所の所在地や電話番号を明記しているか
  • スタッフの対応が丁寧であるか

6-2.料金相場

料金相場を知るためにも、事前に複数の業者に無料見積もりを依頼することをおすすめします。前述したとおり、回収費用は業者によって異なるため、複数の業者を比較することで大まかな相場を把握することができるでしょう。

6-3.申し込み、相談窓口

ダストネット東京」では、無料相談無料見積もりを受け付けています。不用品の処分に関する悩みや疑問がある場合は、ぜひご利用ください。

6-4.注意点

許可を持たずに違法な営業をしている業者を利用すると、さまざまなトラブルに巻き込まれる可能性があります。よくあるトラブル例は以下のとおりです。

  • 「無料回収」といっていたのに実際には高額な料金を請求された
  • 見積書の内容と異なる料金を請求され、断ると威圧的な態度で脅された
  • 回収した不用品を不法投棄された

このような業者を選ばないためにも、インターネットの口コミなども参考にして慎重に業者選びをしてください。

7.扇風機の処分に関するよくある質問

「扇風機を処分したい」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

Q.扇風機の寿命はどのくらいですか?
A.一般的には10年前後といわれています。使用頻度や保管方法などによっても変わってきますが、購入から10年近くたつとさまざまな不具合が現れやすくなるでしょう。

Q.扇風機の寿命が近づいているサインにはどのようなものがありますか?
A.「異音や異臭がする」「電源が入らないことがある」などの症状が現れた場合は、寿命が近い証拠でしょう。

Q.中古市場で人気が高いのはどのような扇風機ですか?
A.DCモーター搭載の最新モデルや、温度センサーが搭載されている高機能扇風機などは、中古でも人気があります。また、パナソニックや日立など有名メーカーの扇風機はやはり買い手が見つかりやすいでしょう。

Q.扇風機以外にも処分したいものがたくさんあります。どのような方法で処分するのがよいでしょうか?
A.不用品が大量にある場合は、不用品回収・買い取り業者を利用するのがおすすめです。自分で分別したり運んだりする必要がないため、手間と労力をかけずに処分できます。

Q.不用品回収業者が回収できないものとは何ですか?
A.基本的に、生ゴミや薬品・医療器具・血液・盗品などは回収不可になります。

まとめ

いかがでしたか? 「不要になった扇風機をどのように処分したらよいのか分からない」という人は意外と多いと思います。扇風機の処分方法はいくつかありますが、問題は「どの方法が自分にとってベストか」ということでしょう。ぜひこの記事を参考にして、最適な処分方法を見つけてください。

365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!