扇風機のおすすめ処分方法4つ紹介! 知っておくべきポイントとは?

3.販売業者に引き取りを依頼する場合

不要になった扇風機を販売業者に引き取ってもらう方法もあります。

3-1.引き取り、下取りについて

新しい扇風機の購入と引き換えに、古い扇風機を引き取ってくれる販売業者もあります。状態がよければ下取りという形で、新規購入代金から差し引いてもらえる場合もあるでしょう。ただし、すべての販売業者が引き取りや下取りのサービスを行っているわけではありません。また、有料か無料かについても必ず事前に確認しておきましょう。

3-2.通販業者の場合

通販で購入する場合も、引き取りや下取りサービスを利用できることがあります。ただし、購入する製品が限られているなど条件がある場合がほとんどです。また、一時的なキャンペーンとして引き取りや下取りサービスを行っている通販業者も多いため、しっかりと確認してください。

3-3.方法、手数料

新しい扇風機を配送してもらった際に、古い扇風機を引き取ってもらう方法が一般的です。そのほかにも、自分で販売店に持ち込む方法や自宅に引き取りに来てもらう方法などもあるため、どの方法を選択できるか確認してください。運搬料が発生するケースもあるため注意が必要です。

3-4.注意点

下取りの対象になるのは、動作に問題がなく状態のよい扇風機です。壊れているものや古いものは下取りしてもらえないことがほとんどでしょう。無料またはリサイクル料金を支払って引き取りしてもらうことになります。

4.不用品回収業者に依頼する場合

扇風機のように、家庭から出た不用品を回収してくれる業者もあります。

4-1.メリットとデメリット

不用品回収業者に依頼すると、自宅まで不用品を引き取りに来てもらえます。ほかにも処分したい不用品があれば、まとめて依頼することも可能です。分別の必要もないため、手間と時間を大幅に省くことができるでしょう。また、買い取りも行っている業者に依頼すれば、状態のよいものは買い取り、悪いものは回収という形で引き取ってもらえます。デメリットは、悪質な営業をしている業者も存在するという点です。業者を選ぶ際には慎重に行う必要があるでしょう。

4-2.回収方法

回収業者による回収方法は、主に「店頭持ち込み」「出張回収」「宅配回収」の3つがあります。不用品と粗大ゴミの片づけを格安で行っている「ダストネット東京」は、出張回収によるサービスを提供している業者です。希望の日時に自宅まで不用品を回収に伺いますので、ぜひ気軽にご利用ください。

4-3.リサイクルについて

不用品回収業者が回収した不用品は、適切な方法でリサイクルされています。ただし、家庭から出た不用品を回収するためには「一般廃棄物収集運搬業」という許可を得る必要があるのです。この許可を持たずに営業することは違法行為であり、そのような業者は回収した不用品をリサイクルに回さず、不法投棄している例も少なくありません。そういった業者を選ばないためにも、許可の有無は必ず確認するようにしましょう。

4-4.費用など

料金設定は業者によって異なりますので、できるだけ分かりやすい料金体系を用意している業者を選ぶようにしてください。「ダストネット東京」では、お得なパックプランをご用意しています。不用品の量に合わせていくつかのプランがありますのでぜひチェックしてみてください。

4-5.注意点

不用品回収業者の中には、無料回収を行っているところもあります。もちろん、無料で不用品を処分できるのは大きな魅力です。しかし、なぜ無料で回収できるのか、理由をきちんと説明できない業者は利用しないようにしましょう。無料回収を宣伝しておいて最後に高額な料金を請求する悪徳業者も少なくありません。ホームページにも無料回収の理由が明記されているかチェックしてみてください。

みんなの評価 
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
Loading...
※5段階の簡単評価です。★を選択することで誰でも簡単に評価できます。
365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!