扇風機のおすすめ処分方法4つ紹介! 知っておくべきポイントとは?

扇風機をどう処分するべきかお困りではありませんか? 壊れて買い替える場合や、エアコンを導入したので使わなくなった場合などに、扇風機の処分を検討するでしょう。しかし、実際には捨て方が分からなくていつまでも押し入れに入れたまま…ということもあると思います。扇風機を処分する方法はいくつかありますが、どの方法を選択するべきかは人それぞれです。それぞれのメリットとデメリットをしっかりと把握し、ベストな処分方法を選んでください。この記事では、扇風機の処分方法について詳しくご紹介します。

  1. 扇風機は何ゴミなのか?
  2. 自治体を利用する場合
  3. 販売業者に引き取りを依頼する場合
  4. 不用品回収業者に依頼する場合
  5. リサイクルする場合
  6. 業者選びについて
  7. 扇風機の処分に関するよくある質問

この記事を読むことで、扇風機をどう処分するべきか分かるはずです。ぜひ参考にして考えてみてください。

1.扇風機は何ゴミなのか?

扇風機は何ゴミとして廃棄することができるのでしょうか。

1-1.不燃ゴミか粗大ゴミか

扇風機は粗大ゴミとして分類している自治体がほとんどです。一般的に、指定のゴミ袋に入りきらないものは粗大ゴミとして扱う自治体が多いでしょう。ただし、粗大ゴミの分類については自治体によって違いがあります。自分が住んでいる地域ではどのようなルールになっているのか、必ず事前に確認しましょう。

1-2.大型・業務用は?

大型の扇風機であっても、家庭で使用していたものであれば自治体が回収することが可能です。しかし、会社や店舗などで使っていた業務用の扇風機は、自分で処理施設に持ち込むなどする必要があります。自治体を利用して捨てることはできないということを覚えておきましょう。

2.自治体を利用する場合

自治体を利用するメリットや方法などをご紹介します。

2-1.メリットとデメリット

自治体を利用するメリットには、費用が安いという点があります。粗大ゴミとして捨てる場合、300~500円程度で処分可能です。また、相手が自治体ということで安心感があるという点も大きなメリットではないでしょうか。ただし、回収場所まで自分で運ぶ必要があること、事前の申し込みが必要であることなどをデメリットに感じる人もいるはずです。

2-2.回収方法

粗大ゴミとして扇風機を捨てる場合は、まず事前の申し込みが必要です。その際に回収日時と場所、料金を確認してください。コンビニか郵便局で料金分の粗大ゴミ処理券を購入し、扇風機に貼って回収場所まで持っていきましょう。

2-3.分解して処分する方法

扇風機を分解して不燃ゴミや資源ゴミとして捨てることも可能です。プラスチックや金属類に分別し、素材ごとに廃棄しましょう。どの部分が何ゴミに分類されるかは、自治体によってルールが決められています。ルールに従って正しく捨ててください。

2-4.注意点

自治体に粗大ゴミ回収の申し込みをしてから、実際に回収されるまで日にちが空(あ)くこともあります。早く処分したいからといって、早めに回収場所に持っていくのはやめましょう。何日も置いたままにしておくとトラブルの原因になります。

3.販売業者に引き取りを依頼する場合

不要になった扇風機を販売業者に引き取ってもらう方法もあります。

3-1.引き取り、下取りについて

新しい扇風機の購入と引き換えに、古い扇風機を引き取ってくれる販売業者もあります。状態がよければ下取りという形で、新規購入代金から差し引いてもらえる場合もあるでしょう。ただし、すべての販売業者が引き取りや下取りのサービスを行っているわけではありません。また、有料か無料かについても必ず事前に確認しておきましょう。

3-2.通販業者の場合

通販で購入する場合も、引き取りや下取りサービスを利用できることがあります。ただし、購入する製品が限られているなど条件がある場合がほとんどです。また、一時的なキャンペーンとして引き取りや下取りサービスを行っている通販業者も多いため、しっかりと確認してください。

3-3.方法、手数料

新しい扇風機を配送してもらった際に、古い扇風機を引き取ってもらう方法が一般的です。そのほかにも、自分で販売店に持ち込む方法や自宅に引き取りに来てもらう方法などもあるため、どの方法を選択できるか確認してください。運搬料が発生するケースもあるため注意が必要です。

3-4.注意点

下取りの対象になるのは、動作に問題がなく状態のよい扇風機です。壊れているものや古いものは下取りしてもらえないことがほとんどでしょう。無料またはリサイクル料金を支払って引き取りしてもらうことになります。

4.不用品回収業者に依頼する場合

扇風機のように、家庭から出た不用品を回収してくれる業者もあります。

4-1.メリットとデメリット

不用品回収業者に依頼すると、自宅まで不用品を引き取りに来てもらえます。ほかにも処分したい不用品があれば、まとめて依頼することも可能です。分別の必要もないため、手間と時間を大幅に省くことができるでしょう。また、買い取りも行っている業者に依頼すれば、状態のよいものは買い取り、悪いものは回収という形で引き取ってもらえます。デメリットは、悪質な営業をしている業者も存在するという点です。業者を選ぶ際には慎重に行う必要があるでしょう。

4-2.回収方法

回収業者による回収方法は、主に「店頭持ち込み」「出張回収」「宅配回収」の3つがあります。不用品と粗大ゴミの片づけを格安で行っている「ダストネット東京」は、出張回収によるサービスを提供している業者です。希望の日時に自宅まで不用品を回収に伺いますので、ぜひ気軽にご利用ください。

4-3.リサイクルについて

不用品回収業者が回収した不用品は、適切な方法でリサイクルされています。ただし、家庭から出た不用品を回収するためには「一般廃棄物収集運搬業」という許可を得る必要があるのです。この許可を持たずに営業することは違法行為であり、そのような業者は回収した不用品をリサイクルに回さず、不法投棄している例も少なくありません。そういった業者を選ばないためにも、許可の有無は必ず確認するようにしましょう。

4-4.費用など

料金設定は業者によって異なりますので、できるだけ分かりやすい料金体系を用意している業者を選ぶようにしてください。「ダストネット東京」では、お得なパックプランをご用意しています。不用品の量に合わせていくつかのプランがありますのでぜひチェックしてみてください。

4-5.注意点

不用品回収業者の中には、無料回収を行っているところもあります。もちろん、無料で不用品を処分できるのは大きな魅力です。しかし、なぜ無料で回収できるのか、理由をきちんと説明できない業者は利用しないようにしましょう。無料回収を宣伝しておいて最後に高額な料金を請求する悪徳業者も少なくありません。ホームページにも無料回収の理由が明記されているかチェックしてみてください。

5.リサイクルする場合

まだ使える状態の扇風機を処分する場合は、買い取りに出してリサイクルするのがおすすめです。

5-1.リサイクルのメリット

リサイクルのメリットは料金面にあります。普通であればお金を払って処分するものを、お金をもらって処分できるのはうれしいですよね。もちろん、ゴミを減らすことや再資源化にもつながるため、地球環境にも貢献できるというメリットもあります。

5-2.リサイクルできるものとは?

基本的に、動作に異常がないもの、状態が比較的きれいなものであれば買い取り対象になります。ただし、買い取り先によっては購入から3年以上経過しているものは買い取り不可になる場合もあるため注意してください。高額査定のポイントは以下のとおりです。

  • きれいに掃除しておく
  • 付属品をそろえておく
  • 扇風機の需要が高まる時期に売る

5-3.リサイクルできるところ

扇風機のリサイクルは、リサイクルショップや不用品回収・買い取り業者などに依頼できます。近所にリサイクルショップがある場合は、最も手軽な方法といえるでしょう。その場で査定して現金化できるため、急いで処分したい人におすすめです。ただし、扇風機の状態によっては買い取り不可になることもあり、再び持ち帰らなければならないというデメリットはあります。その点、回収と買い取りを行っている専門業者であれば、確実に処分することができるでしょう。

5-4.ネットオークションによるリセール

自分でネットオークションに出品して売る方法もあります。うまくいけば希望価格で売ることができるでしょう。最近はネットオークションの利用者も増えてきているため、買い手が見つかる可能性は高いはずです。しかし、買い手が見つかるまでは扇風機を手元に置いておかなければならないという点、画像の処理や発送の手続きなどを自分で行う必要があるという点がデメリットといえます。

5-5.注意点

買い取りに出す前に、扇風機の状態をしっかりとチェックしておいてください。製造年月日やメーカー、動作に問題がないかを確認しておきましょう。特に、ネットオークションで壊れた扇風機を売ってしまうとトラブルの原因になります。

6.業者選びについて

扇風機の処分を回収業者に依頼する場合の詳細をまとめました。

6-1.選び方のポイント

業者選びのポイントは以下のとおりです。

  • 豊富な実績があるか
  • 回収や買い取りに必要な許可を得ているか
  • 無料見積もりを受け付けているか
  • 見積書の内容に不明確な点はないか
  • 事務所の所在地や電話番号を明記しているか
  • スタッフの対応が丁寧であるか

6-2.料金相場

料金相場を知るためにも、事前に複数の業者に無料見積もりを依頼することをおすすめします。前述したとおり、回収費用は業者によって異なるため、複数の業者を比較することで大まかな相場を把握することができるでしょう。

6-3.申し込み、相談窓口

ダストネット東京」では、無料相談無料見積もりを受け付けています。不用品の処分に関する悩みや疑問がある場合は、ぜひご利用ください。

6-4.注意点

許可を持たずに違法な営業をしている業者を利用すると、さまざまなトラブルに巻き込まれる可能性があります。よくあるトラブル例は以下のとおりです。

  • 「無料回収」といっていたのに実際には高額な料金を請求された
  • 見積書の内容と異なる料金を請求され、断ると威圧的な態度で脅された
  • 回収した不用品を不法投棄された

このような業者を選ばないためにも、インターネットの口コミなども参考にして慎重に業者選びをしてください。

7.扇風機の処分に関するよくある質問

「扇風機を処分したい」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

Q.扇風機の寿命はどのくらいですか?
A.一般的には10年前後といわれています。使用頻度や保管方法などによっても変わってきますが、購入から10年近くたつとさまざまな不具合が現れやすくなるでしょう。

Q.扇風機の寿命が近づいているサインにはどのようなものがありますか?
A.「異音や異臭がする」「電源が入らないことがある」などの症状が現れた場合は、寿命が近い証拠でしょう。

Q.中古市場で人気が高いのはどのような扇風機ですか?
A.DCモーター搭載の最新モデルや、温度センサーが搭載されている高機能扇風機などは、中古でも人気があります。また、パナソニックや日立など有名メーカーの扇風機はやはり買い手が見つかりやすいでしょう。

Q.扇風機以外にも処分したいものがたくさんあります。どのような方法で処分するのがよいでしょうか?
A.不用品が大量にある場合は、不用品回収・買い取り業者を利用するのがおすすめです。自分で分別したり運んだりする必要がないため、手間と労力をかけずに処分できます。

Q.不用品回収業者が回収できないものとは何ですか?
A.基本的に、生ゴミや薬品・医療器具・血液・盗品などは回収不可になります。

まとめ

いかがでしたか? 「不要になった扇風機をどのように処分したらよいのか分からない」という人は意外と多いと思います。扇風機の処分方法はいくつかありますが、問題は「どの方法が自分にとってベストか」ということでしょう。ぜひこの記事を参考にして、最適な処分方法を見つけてください。

365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!