ホットカーペットを手間なく処分! 捨て方に困っている方は要チェック

1.ホットカーペットの捨て方について

ホットカーペットの捨て方について

まずは、ホットカーペットを捨てる前に知っておきたい情報を確認してみましょう。

1-1.ホットカーペットとは?

ホットカーペットとは電気カーペットとも呼ばれ、電気を使って暖めるカーペットです。カーペットの表面が暖まるため、室温が低くても体感温度はぽかぽかと感じます。エアコンやヒーターに比べ必要熱量が少なく、節約にもなる暖房器具です。使わないときはコンパクトに折りたため、スペースも取りません。また、環境にも優しく値段も高くないので、日本では高い普及率を誇ります。ホットカーペットはカーペットの中に電線を通している電気製品です。製品によっては通電部とカーペット部分が分離できるものもあります。

1-2.ホットカーペットは自治体に出せる?

ホットカーペットを捨てるとき真っ先に思い浮かべる処分方法は、自治体の粗大ゴミ回収ではないでしょうか? ホットカーペットは粗大ゴミとして捨てることができます。そこで、自治体の処分方法について確認してみましょう。

1-2-1.自治体に出す方法とは?

各自治体では可燃ゴミ・不燃ゴミなどの一般家庭ゴミのほか、粗大ゴミの回収も行っています。地方自治体または一般廃棄物回収業の許可を得た業者が、環境省管轄のもと行う回収事業のことです。一般家庭ゴミには出せない不用品を回収してもらえます。粗大ゴミの処分ルールや回収品目は自治体により異なるため、確認が必要です。

1-2-2.自治体を利用するメリット・デメリット

自治体を利用すれば処分費用を安く抑えることができます。 行政が行っている回収事業ですから、安い費用で回収してもらえるのです。しかし、費用が安い反面、手間と時間がかかります。回収場所が指定されており、自分で搬出しなければなりません。また、回収日時と時間を自分の都合に合わせることもできないのです。もちろん、再販可能な状態の商品であっても買取は行っていません。時間がない方や急いで処分したい方には向いていない方法です。

1-2-3.ホットカーペットを分解すればOK?

ホットカーペットを「通電部とカーペット部分に分ければ、一般家庭ゴミとして回収してもらえるかも」と思っている方は多いでしょう。しかし、ホットカーペットの構造は思っているより複雑で、簡単には分解できません。電気製品のためケガをする恐れもあるでしょう。わざわざ手間と時間をかけて危険な分解をするより、楽に処分できる方法がほかにもあります。

1-2-4.粗大ゴミとして出すには?

ホットカーペットは粗大ゴミとして廃棄できます。自治体を利用するには、住んでいる地域の”粗大ゴミ受け付けセンター”に依頼してください。電話か自治体ホームページから申し込み可能です。料金の支払いは申込時に指定された金額のリサイクル券を、コンビニやスーパーで購入することで完了します。リサイクル券はシールになっていますので、不用品に貼り付けましょう。指定された日時に回収場所まで運搬し捨ててください。

1-3.不用品回収業者に依頼しよう

自治体の粗大ゴミ回収を利用するには、手間と時間がかかります。粗大ゴミ回収は時間のない方にはデメリットが大きい処分方法です。多少費用はかかっても手間と時間を省きたい方は別に方法を検討してください。おすすめの捨て方は”不用品回収業者”に依頼する方法です。

1-3-1.不用品回収業者のメリット

不用品回収業者なら回収品目に制限がないため、確実にホットカーペットを処分できます。また、自宅まで取りに来るため時間と手間がかかりません。搬出する必要がなく料金もその場で支払えます。回収日時は自分の都合に合わせられるほか、営業時間外でも相談にのってくれるでしょう。売却したい場合も買取を行う業者に依頼すれば可能です。「早く処分したい」「捨てる時間がなくて困っている」なんて方におすすめします。

1-3-2.不用品回収業者に依頼する方法

不用品回収業者は出張できるエリアが決まっているため、住んでいる地域の業者を探しましょう。たとえば「不用品回収業者 〇〇」と検索してみてください。業者が見つかれば電話かホームページから依頼をします。後は見積もりや回収日時の打ち合わせをして、業者を待つだけです。見積金額に納得すれば、その場で回収となります。

1-3-3.回収費用について

回収にかかる費用は業者によって異なります。依頼するときに電話でざっくりとした金額を聞くことも可能です。買取してもらう場合は費用が必要ありません。不用品回収業者の費用体系は”不用品ごとの金額+基本料金+オプション=合計”となります。不用品の量が多い場合は、容量に合わせた定額パックプランがお得です。オプションは夜間に作業を指定する場合や窓からの吊(つ)り下ろし作業などにかかります。ホットカーペットだけの依頼なら気にする必要はないでしょう。

2.ホットカーペットをリサイクルするには?

ホットカーペットをリサイクルするには?

引っ越しや買い替えでまだ使えるホットカーペットを処分したいときは、リサイクルを検討してみましょう。

2-1.ホットカーペットはリサイクルできる?

ホットカーペットに限らず、どんな家電・家具でもまだ使えるものはリサイクル可能です。要らなくなったものを捨てるより誰かに使ってもらうほうが、環境にも優しく気持ちよく処分できます。また、ホットカーペットのような季節家電は寒くなるにつれ需要が増えるため、リサイクルして必要な人に届けましょう。

2-2.リサイクルのメリットとは?

リサイクルするメリットはまだ使えるものを廃棄せず、必要な人に使ってもらえるところにあります。環境問題が悪化している現代では、不用品は安易に廃棄せずリユース・リサイクルが必要の時代になりました。まだ使えるものを必要な人に回すことで、ゴミの減量化や環境悪化を防ぐことができます。また、お子様がいる家庭ではものを大切にする心を養い、身を持って体験するいい機会です。ぜひ一緒にリサイクルを考えてみてはいかがでしょうか?

2-3.リサイクルの方法

リサイクルの方法はたくさんあります。いくつかご紹介しましょう。

2-3-1.リサイクル業者を利用する

リサイクル業者とは、不用品回収業者やリサイクルショップのことです。不要になったものを買取・回収してくれるため、手間をかけることなくリサイクルできます。回収した不用品をリセールするまでの作業はすべて業者が行うため余計な手間が必要ありません。回収後、業者のショップを覗(のぞ)いてみてください。手放した製品がキレイな状態になり、再販されている姿を見られるでしょう。ただし、リサイクルショップでは買取するものが少ない場合、出張査定を行っていないことがあります。店頭に持ち込む必要があるため、若干手間がかかるでしょう。忙しい方は出張で回収・買取してもらえる不用品回収業者がおすすめです。

2-3-2.ネットオークションで売れる?

要らなくなったカーペットは、ネットオークションで売ることもできます。最近は、スマートフォンアプリで不用品を簡単に売れるようになりました。ただし、ネットオークションやアプリの取り引きは個人間のやり取りになります。トラブルに巻き込まれる恐れもあるため注意してください。また、出品から取り引き、こん包・発送など作業量も多いです。いつ売れるかもわからないため、今すぐ処分したい方には向いていません。

2-3-3.寄付できる?

捨てるのがもったいないけど必要なくなったという方は、寄付を考えてみるのも1つの手です。全国にはあたたかいホットカーペットを求めている人たちがたくさんいます。市役所などで聞いてみるといいでしょう。教会や施設などが募集しています。また、冬の寒さに凍えるのは人間だけではありません。動物を保護している団体などもホットカーペットがあると助かるでしょう。動物が使うものなら、多少汚れていても問題はありません。ぜひ検討してみてください。

みんなの評価 
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
Loading...
※5段階の簡単評価です。★を選択することで誰でも簡単に評価できます。
365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!