ダンベルの処分方法と捨て方のポイント~ダンベルは売れるのか?~

「ダンベル」は、筋トレに役立つウエイトトレーニング器具の1種です。体を鍛えるためにダンベルを使っていたが、いつの間にか使わなくなり、部屋の隅に置きっぱなしになっているという方がいるでしょう。お役御免となったダンベルは、ゴミとして処分することになりますが、「買い取り」という方法で処分することもできます。きちんと処分方法を把握しておけば、上手に手放すことができるでしょう。そこで、本記事では、ダンベルの処分方法・回収業者に依頼する際のポイントについて説明します。

  1. ダンベルの処分の悩みとは?
  2. ダンベルの処分~自治体回収
  3. ダンベルの処分~買い替えの場合
  4. ダンベルの処分~中古品として売れるのか?
  5. ダンベルの処分~回収業者に頼む場合
  6. ダンベルの処分に関してよくある質問

この記事を読むことで、ダンベルの処分方法と捨て方のコツが分かります。気になっている方や悩んでいる方は、ぜひチェックしてください。

1.ダンベルの処分の悩みとは?

ダンベルを処分する場合、一体どんな悩みが出てくるのでしょうか。ゴミの分類・資源性についても説明します。

1-1.よくある処分の悩み

1番に出てくるのは、「何ゴミとして処分するんだろう?」という疑問です。自治体で処分することを最初に考えると思いますが、燃えないゴミになるのか、それとも不燃ゴミ・資源ゴミになるのか悩む方が多いでしょう。また、ゴミに出す以外の処分方法が思いつかないのも、よくある悩みごとの1つです。さらに、ダンベルは重くて持ち運びにくいので、処分に手間がかかる点も悩みの1つといえるでしょう。

1-2.資源性はあるのか?

金属・ゴム・ポリエチレンなど、さまざまな素材のダンベルがあります。これらの素材の中で資源性があるのは、金属製のダンベルです。金属は資源リサイクルの対象となるため、適切な処理で新たな使い道ができます。また、ポリエチレンなどのプラスチック製ダンベルも、資源リサイクルが可能です。

1-3.捨てずに活用できるか?

ダンベルは、筋力をつけたり、消費カロリーを増やしたりするトレーニング器具ですが、本来の使い方以外にもさまざまな活用法があります。たとえば、つけもの石に活用できるでしょう。また、ビニールシートが風で吹き飛ばされないための「重し」代わりに最適です。捨てずに、ダンベルを日々の生活に活用するのもよいかもしれませんね。

2.ダンベルの処分~自治体回収

自治体で処分する場合の方法とメリット・デメリットについて説明します。

2-1.ゴミの分類について

自治体で処分する際に注意してほしいのがゴミの分類です。自治体によってゴミの分類と処分方法が異なるため、事前にホームページなどで確認しておかなければなりません。ほとんどの自治体では、不燃ゴミもしくは粗大ゴミとして処分できるでしょう。ただし、中に水などを入れて使うプラスチック製のものは、可燃ゴミ・不燃ゴミ・資源ゴミの可能性があります。いずれも、お住まいの地域のゴミ分類をチェックしてください。

2-2.回収方法

可燃ゴミ・不燃ゴミ・資源ゴミの場合は、指定の曜日・時間に決まった集荷場所に出します。粗大ゴミの場合は、スーパーマーケットやコンビニエンスストアで粗大ゴミシールの購入が必要な自治体が多いでしょう。シールを貼りつけた後は、指定回収場所まで運ばなければなりません。自治体の中には、事前の申し込みが必要なケースもあるので注意してくださいね。

2-3.メリット・デメリット

自治体処分の大きなメリットは、処分費用が抑えられることです。具体的な料金は自治体で異なりますが、粗大ゴミの場合は無料~500円で処分できるでしょう。不燃ゴミ・資源ゴミの場合は、処分費用がかかりません。ただし、回収日が決まっているのですぐに処分できない・回収指定場所まで運ばなければならないなどのデメリットがあります。

3.ダンベルの処分~買い替えの場合

新しいダンベルを購入する場合は、買い替えを検討してみてはいかがでしょうか。買い替え時に役立つ情報を解説します。

3-1.下取り・引き取りはしてもらえるのか?

販売店によっては、新しいダンベルを購入する代わりに古いものを回収しているところがあります。古いダンベルの下取り・引き取りを行っているか、店舗・業者に確認してください。また、下取り・引き取りサービスを利用するためには、提示される条件をクリアしなければならないケースもあります。どんな条件なのかも、念のためにチェックしておいたほうがよいでしょう。

3-2.方法・料金について

新規購入を促すために下取り・引き取りサービスを行っている店舗・業者がほとんどです。そのため、新しい商品を購入すれば無料で引き取りが可能というところが多いでしょう。主な引き取り方法は、新規購入と同時に店舗へ持ち込むか、業者の回収となります。詳細は、店舗・業者で異なるので細部まで確認してください。

3-3.メリット・デメリット

購入と処分が同時にできる点が大きなメリットといえるでしょう。ただし、下取り・引き取りできない場合は、再び古いダンベルを持ち帰らなければならないデメリットがあります。また、すべての店舗が下取り・引き取りサービスを行っているとは限りません。条件をクリアしなければ利用できないのもデメリットの1つでしょう。

4.ダンベルの処分~中古品として売れるのか?

まだ、使用できる状態のダンベルは、中古品として売れる可能性があります。ここでは、ダンベルの買い取りについて説明しましょう。

4-1.中古需要について

ダンベルは、筋力トレーニング・ダイエット用として利用価値のあるトレーニング器具です。体を鍛えたい方や、運動を始めようとする方が購入する傾向があります。そのため、中古品でも需要のあるアイテムです。特に、目立つ汚れや破損がない人気ブランド・メーカーものは高く売れる可能性があります。また、発売年月日から新しいものも高く売れるでしょう。

4-2.方法

ダンベルを売る方法は、リサイクルショップの買い取りとネットオークションへの出品などがあります。近場にリサイクルショップがあれば、直接店舗に持ち込むとすぐに現金化してもらえるでしょう。リサイクルショップの中には、出張・宅配回収を行っているところもあります。
ネットオークションを利用する場合は、登録をすれば写真と説明文を添付・記入し出品可能です。スマートフォンでも気軽に利用できるアプリが登場しているので、利用者が増えています。

4-3.メリット・デメリット

主なメリットは、費用をかけずに処分できることです。買い取ってもらえれば、その分のお金を得ることができます。また、中古品として再利用してもらえるのも大きなメリットといえるでしょう。欲しがっている人のもとで活用してもらえれば、気軽に手放すことができます。
ただし、必ずしも買い取ってもらえるわけではありませんので注意してください。当たり前ですが、壊れていて使えないものは買い取り不可となります。状態によっては、思ったよりも安い金額で売ることになる可能性もあるでしょう。ネットオークションの場合は、「商品を送ったのに入金されなかった」など、取り引き相手との間でトラブルになる危険性があります。

5.ダンベルの処分~回収業者に頼む場合

回収業者に依頼するのも、ダンベルを処分する方法の1つです。では、回収業者に依頼する前に知っておきたい内容をチェックしていきましょう。

5-1.どんなときに業者に頼むべきか?

不用品の回収を行っている業者はたくさんあります。中には、不正を働く業者もいるため、十分に注意をして優良業者と悪徳業者を見極めなければなりません。どの業者に依頼すべきか悩むときは、以下のポイントに注目するとよいでしょう。

  • 不用品の回収実績がある
  • スタッフの丁寧かつスピーディーな対応
  • 回収だけでなく、買い取りサービスも行っている
  • 古物商・産業廃棄物収集運搬の許可を取得している
  • 料金システムが明確に記載されている
  • 評判・口コミがいい

不用品&粗大ゴミの格安片付けを行っている「ダスト.net 東京」では、ダンベルの回収・買い取りが可能です。「売れるかな?」と疑問に思っている方は、1度査定を利用してください。365日年中無休で即日対応も可能なので、時間のあるときに相談可能です。ぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。

5-2.回収方法

主な回収方法は、出張回収となります。ダンベル以外にも処分したい不用品があれば、まとめての処分が可能です。回収日・回収指定場所もないので、いつでも気軽に処分できるでしょう。自分で運ぶ手間と時間もかかりませんよ。また、業者によって回収方法が異なるため、事前の確認が必要です。

5-3.料金について

ダスト.net 東京」の場合は、定額パックプランと個別プランがあります。不用品の量が多い場合は、まとめての処分がお得な定額パックプランがおすすめです。カゴ車おまかせパック(12,000円)・軽トラックおまかせパック(30,000円)など、不用品の量に合わせてお選びいただけます。不用品が少ない場合は個別プランを利用してください。不用品の種類によって費用が異なるため、ホームページなどで確認しましょう。

5-4.メリット・デメリット

不用品の量が多いと、運搬や処分に手間と時間がかかりますよね。しかし、業者に依頼すれば、まとめて処分ができ、わざわざ持ち運ぶ必要がありません。また、業者の中には回収だけでなく、買い取りを行っているところがあります。たとえ、買い取り不可になっても処分が依頼できるので安心です。ただし、中には不正を働く悪徳業者が存在しているので、慎重に選ばなければなりません。

5-5.こんな悪徳業者には要注意

「今だけ無料で回収可能!」「安く処分できます」などの謳(うた)い文句で誘う業者には要注意です。家にやってきて押し売り営業を行う業者は、悪徳業者の可能性が高いでしょう。また、古物商・産業廃棄物収集運搬の許可証を取得していない業者も要注意です。

6.ダンベルの処分に関してよくある質問

ダンベルの処分に関してよくある質問を5つピックアップしてみました。

Q.新品でも買い取りしてもらえないダンベルとは?
A.たとえば、破損箇所がある・目立つキズや汚れがある・盗品の疑いがある・海外製の粗悪品などは、新品でも買い取り不可となる可能性があります。買い取りの具体的な判断基準は、業者や店舗で異なるので確認したほうがよいでしょう。複数の業者に査定を依頼してみてください。

Q.人気ブランド・メーカーとは?
A.さまざまなダンベルがありますが、中でも「アイロテック」「イヴァンコ」「イグニオ」「ワイルドフィット」「フィールドア」などのメーカーに人気があります。デザイン性の優れたものから、初心者~中級者まで使える筋トレ専用アイテムなど多種多様です。売る前に、どこのメーカーでいつ発売されたのかメモしておくとよいでしょう。

Q.高く売るポイントとは?
A.査定前に、掃除をしてください。ホコリや汚れがついている場合は、キレイな布で掃除をしましょう。できるだけ、キレイにすることで新品状態のようになり、高く売れる可能性があります。また、専用ケースや取扱説明書など付属品も一緒に出したほうが高価買い取りが期待できるでしょう。

Q.お得に処分するコツが知りたい
A.複数の業者に見積もりを依頼して、最も安い費用で処分できるところを選んでください。または、運搬費用のかからない持ち込み回収を利用したり、不用品をまとめて処分したりするのもよいでしょう。

Q.無料回収業者は利用しないほうがいいのか?
A.「回収後、追加料金を請求された」「不法投棄されていた」など、無料回収業者との間でトラブルが多発しています。トラブルを避けたいなら、無料回収業者は利用しないほうがよいでしょう。

まとめ

いかがでしたか? 筋肉トレーニングに最適な「ダンベル」は、中古品としての需要が高めです。まだ、使える状態なら処分ではなく買い取りが利用できるでしょう。買い取り不可になった場合は、自治体または回収業者を利用してください。回収業者の中には、買い取りと回収を行っているところもあります。買い取り不可になっても処分できるので、スムーズに手放せるでしょう。ダンベルの正しい処分方法とそれぞれのメリット・デメリットを把握しておけば、上手に処分できます。

365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!