ドライヤーの処分方法は? 寿命や小型家電リサイクル回収をご紹介

3.ドライヤーの処分・買い替えの場合

ドライヤーの買い替え

買い替えでドライヤーを処分する場合もあるでしょう。販売店による引き取りなどについてご紹介します。

3-1.販売店による下取り・引き取りについて

販売店での下取りは、積極的には行っていません。しかし、購入時に引き取りをしてもらえるケースはあります。ただし、有料にて引き取りとしている販売店もあるため、あらかじめ確認しておきましょう。

3-2.販売店による下取りや引き取りの方法や料金

販売店による引き取りは、設置されている小型家電リサイクルボックスに入れるだけで完了です。費用負担もありません。有料にて引き取りとなる販売店では、2,000円〜3,000円の費用がかかる場合があります。

3-3.買い替えでドライヤーを処分するメリット・デメリット

買い替えの場合、販売店で処分と購入ができるため、手間がかからないのがメリットです。仮に下取りを利用できた場合、購入費用から差し引いてもらえます。ただし、古いドライヤーを持参しなければならないため、運搬が面倒と考える方もいるでしょう。

4.ドライヤーの処分・リセールやオークションについて

リセールやオークション

状態がいいものや高機能なドライヤーは、リセールすることも可能です。中古需要などを見ていきましょう。

4-1.ドライヤーの中古需要について

使用頻度が少ない・高年式のもの・有名ブランドは、中古でも価格がつきやすいものです。充電式ドライヤーも新品で購入すると高値になるため、中古で探す方がいます。ドライヤーは寿命が3〜4年と短い製品ですから、なるべく早めに手放すほうがいいでしょう。

4-2.リセールやオークションの方法

リセールの場合、リサイクルショップへの売却が中心となります。お住まいの地域にあるショップをいくつか比較し、高値で売れるところを探しましょう。
オークションは、ネットに自分で画像や説明文をアップロードし、欲しい人を募る方法です。フリマアプリも人気があり、マッチングしだいではすぐに売れることもあります。

4-3.リセールやオークションのメリット・デメリット

リセールすることで、わずかでもお金を手にすることができ、処分費用の負担もなくなります。高額買い取りとなれば、より収益を得ることができるでしょう。また、リサイクルショップで査定を受ける際は、持ち込みが必要です。
オークションの場合、買い手がいない限り、売ることができません。希望する金額で出品できますが、梱包(こんぽう)や発送などは時間と労力が必要です。

みんなの評価 
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
Loading...
※5段階の簡単評価です。★を選択することで誰でも簡単に評価できます。
365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!