ドライヤーの処分方法は? 寿命や小型家電リサイクル回収をご紹介

誰もが使うドライヤー。髪を乾かし、セットするのに便利なもので、使用年数が経(た)つと故障やトラブルも多くなってきます。ドライヤーが急に使えなくなったなど、困った事態に遭遇することもあるでしょう。不要となったときに頭を悩ますのは、ドライヤーの処分についてです。小型家電リサイクル法が施行され、ゴミとして扱わないよう、家電製品の処分方法が厳しくなってきています。
捨て方で迷うことも多い一方、まだ使えるものや高機能なものはリセールできないかという悩みも出てくることでしょう。今回は、ドライヤーの処分について考えていきます。

  1. ドライヤー処分の悩み
  2. ドライヤーの処分・自治体回収
  3. ドライヤーの処分・買い替えの場合
  4. ドライヤーの処分・リセールやオークションについて
  5. ドライヤーの処分・回収業者に頼む場合
  6. ドライヤーの処分でよくある質問
  7. まとめ

ドライヤーってどう処分するの?

この記事を読むことで、ドライヤーの処分にかんする知識を得ることができ、捨て方で迷うこともなくなります。ドライヤーには貴重な金属資源が含まれており、リサイクルが推進されているのです。リサイクルや再資源化に貢献するためにも、知識を得て正しく処分するようにしましょう。

1.ドライヤー処分の悩み

ドライヤー処分の悩み

ドライヤーを処分しようと思ったとき、よくある悩みはゴミの分別などです。また、寿命やよくある故障についても知っておきましょう。

1-1.ドライヤーの寿命・よくある故障

ドライヤーは3〜4年で寿命を迎えます。4年を経過した場合、モーターに異常が起こりやすくなるためです。
寿命が近づくにつれ、異音・本体の発熱・温風が出ない・焦げ臭さなどを感じるようになるでしょう。いずれも、買い替えるタイミングとなります。

1-2.処分の悩みは?

ドライヤーは何ゴミに該当するのか、迷うことが多いですよね。ゴミの分別は自治体ごとに異なるため、燃えないゴミとする場合もあります。しかし、近年では資源の再利用が推進されており、小型家電リサイクル法の対象品目としてリサイクル回収する自治体も増えているのです。

2.ドライヤーの処分・自治体回収

ドライヤーの処分・自治体回収

ゴミの分類や小型家電リサイクル法について、より深く解説していきます。

2-1.ゴミの分類について

前述したとおり、自治体ごとに規定が異なります。お住まいの地域に確認し、ルールに添った分別を心がけてください。小型家電リサイクル法が適用される自治体では、再利用を目的にしたリサイクル回収を行います。粗大ゴミとしている自治体もあるため、必ず分別ルールは確認してください。

2-2.自治体によるドライヤーの回収方法

燃えないゴミの場合、指定廃棄日にゴミ袋に入れて出すだけです。小型家電としてリサイクル回収する場合、自治体の設置する小型家電リサイクルボックスへ投入します。粗大ゴミは事前申込制で、粗大ゴミ処理券を購入しなければなりません。指定廃棄日に、指定廃棄場所に出してください。

2-3.自治体の回収によるメリット・デメリット

自治体の回収は費用が安く、気軽に利用できるのがメリットです。小型家電リサイクルボックスの利用も無料で、誰でも設置場所まで持参すれば利用できます。運搬は自分で行わなければならないのがデメリットです。粗大ゴミの場合、粗大ゴミ処理券の費用がかかります。数百円が一般的で、申し込みなどの手間がかかるのも面倒に感じることもあるでしょう。

3.ドライヤーの処分・買い替えの場合

ドライヤーの買い替え

買い替えでドライヤーを処分する場合もあるでしょう。販売店による引き取りなどについてご紹介します。

3-1.販売店による下取り・引き取りについて

販売店での下取りは、積極的には行っていません。しかし、購入時に引き取りをしてもらえるケースはあります。ただし、有料にて引き取りとしている販売店もあるため、あらかじめ確認しておきましょう。

3-2.販売店による下取りや引き取りの方法や料金

販売店による引き取りは、設置されている小型家電リサイクルボックスに入れるだけで完了です。費用負担もありません。有料にて引き取りとなる販売店では、2,000円〜3,000円の費用がかかる場合があります。

3-3.買い替えでドライヤーを処分するメリット・デメリット

買い替えの場合、販売店で処分と購入ができるため、手間がかからないのがメリットです。仮に下取りを利用できた場合、購入費用から差し引いてもらえます。ただし、古いドライヤーを持参しなければならないため、運搬が面倒と考える方もいるでしょう。

4.ドライヤーの処分・リセールやオークションについて

リセールやオークション

状態がいいものや高機能なドライヤーは、リセールすることも可能です。中古需要などを見ていきましょう。

4-1.ドライヤーの中古需要について

使用頻度が少ない・高年式のもの・有名ブランドは、中古でも価格がつきやすいものです。充電式ドライヤーも新品で購入すると高値になるため、中古で探す方がいます。ドライヤーは寿命が3〜4年と短い製品ですから、なるべく早めに手放すほうがいいでしょう。

4-2.リセールやオークションの方法

リセールの場合、リサイクルショップへの売却が中心となります。お住まいの地域にあるショップをいくつか比較し、高値で売れるところを探しましょう。
オークションは、ネットに自分で画像や説明文をアップロードし、欲しい人を募る方法です。フリマアプリも人気があり、マッチングしだいではすぐに売れることもあります。

4-3.リセールやオークションのメリット・デメリット

リセールすることで、わずかでもお金を手にすることができ、処分費用の負担もなくなります。高額買い取りとなれば、より収益を得ることができるでしょう。また、リサイクルショップで査定を受ける際は、持ち込みが必要です。
オークションの場合、買い手がいない限り、売ることができません。希望する金額で出品できますが、梱包(こんぽう)や発送などは時間と労力が必要です。

5.ドライヤーの処分・回収業者に頼む場合

回収業者に頼む場合

ドライヤーの処分を、回収業者に依頼する方法もあります。1点でも対応してもらえ、とても便利な処分方法です。

5-1.回収方法

業者によって、宅配回収・持ち込み回収・出張回収などがあります。とても手軽なのは、出張回収です。都合がいい日時を指定し、引き取りに来てもらうことができます。ダスト.net東京では、即日対応にて引き取りが可能です。

5-2.宅配引き取りについて

宅配引き取りは、自宅から発送して回収してもらう方法です。ダンボールなどに梱包(こんぽう)し、回収業者に送ります。送料がかかる場合とそうではない場合があるため、業者のホームページで確認してください。

5-3.ドライヤーの回収料金

ドライヤー1点あたり、数百円から数千円と、業者ごとに差があります。回収業者では無料見積もりを用意していますから、事前に見積もりで金額を確かめると安心です。ほかにも処分したいものがある場合、定額パックプランなどを利用し、お得に処分することができます。家に不用品がないか、探しておきましょう。

5-4.メリット・デメリット

回収業者は取扱品目が幅広いため、家の不用品を一気に処分できることがメリットです。ドライヤー1つの処分でも問題ありません。
デメリットとなるのは、費用がかかることです。無料回収を実施する業者もありますが、無許可の悪質な例もあります。信頼できる業者に依頼するよう、心がけてください。

5-5.業者選びのポイント

まず、自分の都合に合う回収方法を実施しているかが重要です。申し込みから回収までスピーディーで、丁寧な対応をしている業者なら安心できるでしょう。また、前述したとおり、リサイクルに必要な古物商の許可を得ている業者を選ぶことも、トラブル回避策となります。業者選びは慎重に行いましょう。

5-6.注意点

前述したとおり、古物商の許可がない業者は、リサイクル回収ができません。無許可で「無料にて回収します」とアナウンスする業者は、実際に起こるトラブルも多いものです。法外な料金請求や強引な引き取りなど、不愉快な思いをすることもあります。そのため、業者選びが重要なポイントになるのです。

6.ドライヤーの処分でよくある質問

ドライヤーの処分でよくある質問

ドライヤーを処分する際に多くある質問を集めました。

6-1.オークションでリセールするときの注意点は?

オークションは顔の見えない相手と取り引きをするため、入金トラブルやクレームなどが発生するリスクはあります。入札者制限を設け、評価の悪い人が入札できないようにするなど、工夫するといいでしょう。

6-2.人気ブランドについて知りたい

近年は、美容効果があるドライヤーの人気が高まっており、ダイソンやパナソニックなどは中古需要があるでしょう。小型ドライヤーも旅行に持ち運びやすいため、中古で探す方がいます。

6-3.なるべく高く売りたい

高額買い取りのポイントは、付属品・取り扱い説明書・保証書がそろっていることです。ほこりや汚れも丁寧に掃除をしておき、なるべくきれいに見えるようにしておくことも、査定時に印象がよくなります。

6-4.回収業者の無料見積もりを依頼したい

ダスト.net東京では、ホームページより無料見積もりの申し込みができます。2時間以内にご返信していますが、お急ぎの場合はお電話でも申し込み可能です。

6-5.ドライヤー1点だけの回収だと、基本料金がかかる?

ダスト.net東京の料金プランでは、ドライヤー1点だけの回収の場合、基本料金として3,150円がかかります。加えて、品目ごとの回収料金が必要です。ほかにも処分したいものがある場合、定額パックプランが利用できるため、お得な処分ができるでしょう。

7.まとめ

ドライヤー処分のまとめ

いかがでしたか? ドライヤーは、自治体ごとに分別ルールが異なり、燃えないゴミ・粗大ゴミ・小型家電リサイクルボックスでの回収などがあります。お住まいの地域に確認し、ルールに添った捨て方をしましょう。状態がいいもの・人気ブランド・使用頻度が少ないものは、リセールやオークションを利用することもできます。リセールの場合、リサイクルショップへの売却となり、オークションは自分で画像や説明文をアップロードして行うのです。手間をかけずに処分したいなら、スケジュール調整が自在な回収業者が便利でしょう。トラブルを回避するためにも、古物商の許可を持った、信頼できる業者に依頼してください。

365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!