ドライヤーの処分方法は? 寿命や小型家電リサイクル回収をご紹介

誰もが使うドライヤー。髪を乾かし、セットするのに便利なもので、使用年数が経(た)つと故障やトラブルも多くなってきます。ドライヤーが急に使えなくなったなど、困った事態に遭遇することもあるでしょう。不要となったときに頭を悩ますのは、ドライヤーの処分についてです。小型家電リサイクル法が施行され、ゴミとして扱わないよう、家電製品の処分方法が厳しくなってきています。
捨て方で迷うことも多い一方、まだ使えるものや高機能なものはリセールできないかという悩みも出てくることでしょう。今回は、ドライヤーの処分について考えていきます。

  1. ドライヤー処分の悩み
  2. ドライヤーの処分・自治体回収
  3. ドライヤーの処分・買い替えの場合
  4. ドライヤーの処分・リセールやオークションについて
  5. ドライヤーの処分・回収業者に頼む場合
  6. ドライヤーの処分でよくある質問
  7. まとめ

ドライヤーってどう処分するの?

この記事を読むことで、ドライヤーの処分にかんする知識を得ることができ、捨て方で迷うこともなくなります。ドライヤーには貴重な金属資源が含まれており、リサイクルが推進されているのです。リサイクルや再資源化に貢献するためにも、知識を得て正しく処分するようにしましょう。

みんなの評価 
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
Loading...
※5段階の簡単評価です。★を選択することで誰でも簡単に評価できます。
365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!