ドライヤーの処分方法は? 寿命や小型家電リサイクル回収をご紹介

誰もが使うドライヤー。髪を乾かし、セットするのに便利なもので、使用年数が経(た)つと故障やトラブルも多くなってきます。ドライヤーが急に使えなくなったなど、困った事態に遭遇することもあるでしょう。不要となったときに頭を悩ますのは、ドライヤーの処分についてです。小型家電リサイクル法が施行され、ゴミとして扱わないよう、家電製品の処分方法が厳しくなってきています。
捨て方で迷うことも多い一方、まだ使えるものや高機能なものはリセールできないかという悩みも出てくることでしょう。今回は、ドライヤーの処分について考えていきます。

  1. ドライヤー処分の悩み
  2. ドライヤーの処分・自治体回収
  3. ドライヤーの処分・買い替えの場合
  4. ドライヤーの処分・リセールやオークションについて
  5. ドライヤーの処分・回収業者に頼む場合
  6. ドライヤーの処分でよくある質問
  7. まとめ

この記事を読むことで、ドライヤーの処分にかんする知識を得ることができ、捨て方で迷うこともなくなります。ドライヤーには貴重な金属資源が含まれており、リサイクルが推進されているのです。リサイクルや再資源化に貢献するためにも、知識を得て正しく処分するようにしましょう。

1.ドライヤー処分の悩み

ドライヤーを処分しようと思ったとき、よくある悩みはゴミの分別などです。また、寿命やよくある故障についても知っておきましょう。

1-1.ドライヤーの寿命・よくある故障

ドライヤーは3〜4年で寿命を迎えます。4年を経過した場合、モーターに異常が起こりやすくなるためです。
寿命が近づくにつれ、異音・本体の発熱・温風が出ない・焦げ臭さなどを感じるようになるでしょう。いずれも、買い替えるタイミングとなります。

1-2.処分の悩みは?

ドライヤーは何ゴミに該当するのか、迷うことが多いですよね。ゴミの分別は自治体ごとに異なるため、燃えないゴミとする場合もあります。しかし、近年では資源の再利用が推進されており、小型家電リサイクル法の対象品目としてリサイクル回収する自治体も増えているのです。

365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!