物を減らすとやってくる「持たない暮らし」がもたらすメリットとは?

少し前までは物を持っていることがステータスでした。本や調度品、洋服など次から次へと購入しては家の肥やしにしている方、いらっしゃいませんか?
収納場所も少なくなり、管理も大変だけれどせっかく買ったからもったいないとしまいこんでいる人は案外多くいらっしゃいます。
そんな方とは対照的にミニマリストと呼ばれる持たない暮らしが近年スポットを浴びており、その中にはすべての持ち物はトランク一つで収まる徹底した強者(つわもの)も。
彼らの暮らしは不便な物ではなく、物を持っているときよりも充実していると口をそろえます。
物を減らすことでどんな変化が得られるのでしょうか?その効果や捨てる物の選別方法まで詳しくみていきましょう。

  1. 持たない暮らしのメリット
  2. 持たない暮らしのルール
  3. 不用品を処分する方法

1.持たない暮らしのメリット

1-1.掃除が楽

部屋が散らかる理由は2つあり一つは、片付けが追いつかないことにあります。「出したらしまう」これができていれば散らかることはありません。
もう一つは、しまう場所が確定していないことにあります。置き場がないから取り合えず置いている、棚を買う予定だけどまだ買っていないといった状態では片付けようにも片付きません。
現在の収納に入りきれるだけの物なら、散らかりにくいですね。物が少なければ出す機会も減るため散らかりにくい環境ができあがります。

1-2.自由な時間が増える

片付ける時間が減り、物の中から探し物をする時間も減るため自由に使える時間が増えます。
もし、1日に10分の節約になったとすると、1か月では5時間、1年にすると60時間物時間を作り出すことができる計算です。
「ちりも積もれば」とはいいますが、現在はこれだけの時間をムダにしているのかもしれないと思うとゾッとしますね。

1-3.部屋があか抜ける

テレビや雑誌にでてくるオシャレな部屋は総じて物が少ない特徴があるのはご存じですか?シンプルで空間を広く使っていると何だかオシャレにみえる不思議な力があります。
インテリアにお悩みの方は、ぜひ実行してみてください。

1-4.お金がたまる

必要な物以外を買わなくなると、何か一つ買うのでもじっくり吟味するような習慣がつきます。
洋服など高価な物以外でも、今まで習慣で買っていた雑誌や、口さみしい用のおやつも買いたいと思う機会が減ったという意見が多いようです。

1-5.ストレスフリー

片付いていない部屋に住むのは意外とストレスがたまります。「そろそろ片付けなくちゃ、でも面倒」なんて、頭の中でグルグルさせた経験がある方も多いでしょう。
しかし、根本的に持ち物が少ない場合散らかっていても片付けは簡単で短時間のうちに完了します。

2.持たない暮らしのルール

2-1.持つ物と持たない物の線引

持たない暮らしに必要な物と必要でない物はどう判断すればいいのでしょうか?それには3つの基準があります。一つは自分の管理能力を超える物を持たないようにすることです。
また、とりあえず買おうかなという衝動買いにありがちな愛着を持てない物を買わない、自分の暮らしやスタイルに合わない物を買わないといったことも重要でしょう。
持つ物はよく吟味して、自分がどうしても必要であるといった物だけを手元に置くように習慣づけましょう。

2-2.持たないようにするには?

基本は「買わない」、もちろん「貰わない」といった増やさない工夫は大切です。それ以外にも「捨てる」「ストックしない」という荷物を縮小する工夫も必要でしょう。
また、必要があるけれど買うほどではない物は、「借りる」「代用する」「持たない」といった選択肢があります。
洋服を例に出すと、最近はクラウドクローゼットサービスが活発化しているのではやりの服はレンタルで済ますことも可能でしょう。また、雰囲気の似ている物で代用することも、手持ちの服でローテーションすることも可能ですね。
欲しい物をすべて手に入れることは限界があります。本当に必要な物を必要数持つ暮らしの方が合理的かもしれません。

3.不用品を処分する方法

必要な物以外を処分しよう!となった場合、どこで何を処分するのか迷いますね。そんな時にはこちらをご覧ください。

3-1.リサイクルショップ

洋服から家具、本などさまざまな物を引き取りしてくれるリサイクルショップは大変便利です。状態のいい物は価格が付く可能性もあり、ちょっとしたお小遣いも期待できるでしょう。
しかし、状態によっては引き取り拒否されるかもしれませんので注意が必要です。

3-2.オークション

あなたには不要な物でも、誰かには必要な物である場合もあります。こちらも家具家電、本や洋服などあらゆる物が対象です。
思わぬ価格が付くこともあり楽しんで処分することができますが、こん包作業や手続きに時間がかかり、トラブルに巻き込まれる場合もあるなど注意が必要でしょう。

3-3.不用品回収業者

量が多い、時間や手間をかけられないといった方には不用品回収業者がおすすめです。電話やメールで無料見積もりを申し込むことができ、指定の日時に自宅まで取りに来るので忙しい方や移動手段のない方にも便利に使えます。

まとめ

持たない暮らしのメリットや選別法などをご紹介しました。スッキリした暮らしを目指すなら、押さえておきたいポイントですね。
持たない暮らしのメリットは、

  • 掃除が楽
  • 自由な時間が増える
  • 部屋があか抜ける
  • お金がたまる
  • ストレスフリー

といったことが挙げられます。
持たない暮らしを始めて維持するためには、

  • 持つ物と持たない物の線引
  • 持たないようにするには?

といったことを意識するように心掛けましょう。
 また、持たない暮らしに向けて不用品を処分する方法として

  • リサイクルショップ
  • オークション
  • 不用品回収業者

といった選択が可能です。 
今での習慣を変えることは勇気のいることです。しかし、自分にとってよい環境を欲するのであれば捨てるときに心が傷んでも、もったいないと思うことがあっても真剣に考え選択することが望まれます。
まずは、収納に入りきれないほどの物は処分する。安易に増やさないというところから始めてみてはいかがでしょうか?

365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!