【必読】書類の溶解について知りたい? 処分方法・注意点を詳しく!

書類を安全に処分したいときは、溶解処理をおすすめします。特に、企業の機密事項や個人情報が記載してある書類は、取り扱いに注意が必要です。廃棄するときには、悪意のある第三者の手に渡らないようにしてください。しかし、書類の溶解についてよくわからない人もいることでしょう。そこで、今回は、書類の溶解について詳しく解説します。

  1. 書類の溶解について
  2. 書類の溶解はどんな場合に必要?
  3. 書類の溶解方法について
  4. 書類の溶解業者選びのポイント
  5. 書類の溶解でよくある質問

この記事を読むことで、書類の溶解に関する基本が身につき、適切な方法で処分できます。まずは、記事をじっくり読んでみてください。

1.書類の溶解について

最初に、書類の溶解についてどういうものか、メリットやほかの方法との違いなどを含め、詳しく解説します。

1-1.書類の溶解とはどういうもの?

書類の溶解とは、専用の溶解炉で書類をドロドロの状態に溶かしてしまうことです。溶かしてしまえば、どんな内容が記載してあったのか判断できません。そのため、機密文書の処分に向いています。

1-2.書類の溶解のメリットやほかの方法との違い

書類の溶解には、以下のようなメリットがあります。

  • 完全に読み取れなくなるので情報流出の心配がない
  • 大量の書類でも溶解炉に投げ込むだけで処分ができる
  • 金属クリップやバインダーを外す必要がない(溶解炉で分離できる)
  • ​溶解後は再生紙にリサイクル可能

書類の処分方法には、シュレッダーでの裁断や焼却処理もあります。しかし、シュレッダー処分は貼り合わせれば解読が可能です。焼却処理は、処分費用や手間がかかり、環境にもやさしくないため、おすすめできません。

1-3.書類の溶解に関する注意点

溶解炉に入れた後の書類は、元に戻すことができません。本当に溶解処分していいものか、きちんと確認してから依頼しましょう。また、依頼するときの段ボール箱の表記にも注意してください。企業内では問題ない表記であっても、外部から重要書類であることが判明すると、盗難などのリスクが高まるので気をつけましょう。

365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!