おしゃれな家具の処分方法! ガラステーブルを処分するには?

部屋の雰囲気を高めるガラステーブルは、おしゃれな部屋のマストアイテムです。最近では手軽に購入できる家具も増え、引っ越しや買い替えによってガラステーブルが不要になってしまうということも珍しくはありません。では、不要になったガラステーブルはどのように処分すれば良いのでしょうか?

引っ越しや買い替えで不要になった、ガラステーブルやガラス机の廃棄方法や、買取サービスを利用した上手な処分方法についてご紹介しましょう。

  1. ガラステーブルを廃棄するには?
  2. 買取サービスでガラステーブルを上手に処分!
  3. 業者を選ぶポイントとは?
  4. まとめ

1.ガラステーブルを廃棄するには?

1-1.ガラステーブルは何ごみ?

部屋に開放的な雰囲気を演出できる家具のガラステーブルですが、廃棄するとなると少々困ってしまう家具です。粗大ごみの分別では、テーブルや机などの品目はあるのですが、ガラステーブルという品目を具体的に指定している自治体はあまり多くはありません。実は、ガラステーブルは非常に処分の難しい家具なのです。というのも、ごみの分別には“ガラス”という項目があり、ガラステーブルのテーブルが含まれるのかは自治体によって異なります。ガラステーブルの一般的な分別について詳しくご紹介しましょう。

方法1:ガラス類として捨てる

自治体によっては、板ガラス、耐熱ガラス、強化ガラスなどガラス全般を“ガラス類”として分別・回収しています。このような自治体の場合には、ガラステーブルのテーブル部分はガラス類として分別です。ガラス類の回収対象は“ガラスのみ”なので、取り外せない部品などがある場合には、ガラス類として回収できません。割れたガラステーブルもガラス類として捨てることができますが、この場合には厚紙などで包み“危険”と表示して捨てましょう。

方法2:粗大ごみとして捨てる

ガラステーブルをガラス類ではなく、粗大ごみとして分別・回収する自治体もあります。ガラステーブルをガラス類として回収している自治体でも、“指定のごみ袋に入らないサイズ”のものは粗大ごみとしての回収です。粗大ごみは品目によって料金が設定されているので、申し込みの際にガラステーブルの料金を確認しておきましょう。粗大ごみでは“収集申し込み”“処理券の購入”が必要になるので、詳細は在住の自治体で確認してください。

1-2.ガラステーブルの廃棄費用

ガラステーブルの廃棄に必要な費用についてご紹介します。廃棄方法には“粗大ごみとしての処分”“不用品回収サービス”2つの方法があるので、ぞれぞれの費用について詳しくご紹介しましょう。

ガラステーブルをごみとして廃棄する費用

ガラステーブルをごみとして廃棄するには、分別が必要です。ガラス部分に関しては“ガラス類”として、金属または木の部分に関しては、それぞれの分別方法で廃棄します。自治体指定のごみ袋に入るものであれば、ごみ袋の費用以外には料金がかかりません。それぞれ“ガラス類”“金属類”“燃えるごみ”など、適切に分別して捨てるようにしましょう。ここで注意が必要な点は、粗大ごみとしてガラステーブルを処分する場合でも、ガラス部分はガラス類に分別する必要があることです。ガラス以外の部分に関しては、分別方法と処理手数料を自治体に問い合わせましょう。

365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!