【注目】ダイニングテーブルを処分しよう! お得な方法やコツを伝授!

4.ダイニングテーブルを出張リサイクルショップに依頼する方法

ダイニングテーブルの処分は、出張リサイクルショップに依頼する方法もあります。利用するメリットや回収方法・手数料・業者選びのポイントなど、詳しく解説しましょう。

4-1.出張リサイクルショップに依頼するメリット

ダイニングテーブルの処分は、出張リサイクルショップに依頼しましょう。以下のように多くのメリットがあります。

  • 自分で運ぶ必要が無い
  • 日にち・時間・場所の指定ができる
  • 壊れているものでも処分してもらえる
  • 条件によっては買い取りしてくれる(処分費用を相殺できる)

同時にほかの不用品を処分することができる

4-2.出張リサイクルショップによる回収方法

出張リサイクルショップを利用する場合、業者が直接回収にやってきます。ダイニングテーブルは大きさと重さがあるため、軽トラックなどで回収することになるでしょう。まずは、業者に見積もりを依頼してください。電話・FAX・問い合わせフォームなど、業者指定の方法の中から選んで連絡しましょう。ダイニングテーブルのおおよその寸法と重量を伝えるとスムーズです。すると、業者から回収費用の見積もりが送られてきます。内容(費用・回収日時・場所など)を確認し、問題が無ければ正式に依頼してください。

4-3.出張リサイクルショップの手数料などについて

出張リサイクルショップの利用手数料は、以下を目安にしてください。

  • ダイニングテーブル1台に付き:数千円から1万円程度

なお、マンションの高層階からの運び出しなど、上記以外にもオプション料金が必要なことがあります。詳しくは、業者に確認してください。

4-4.出張リサイクルショップの選び方のポイント

出張リサイクルショップは、数多く存在します。信頼できる出張リサイクルショップの見分け方については、以下をご覧ください。

  • ダイニングテーブルなど家具類の回収を積極的に行っている
  • 見積もりを無料で行っている
  • 料金システムが明確・リーズナブルでさまざまなプランがある
  • 希望の日時・場所にて回収を依頼できる
  • 顧客からの信頼が厚い
  • 問い合わせに対する受け答えが親切でわかりやすい
  • 無理に契約を急がない
  • 古物商許可・産業廃棄物収集運搬許可を得ている

なお、当ダストネット東京でも、ダイニングテーブルをはじめ、不用品の回収・処分をお受けしています。新しく状態のいいものは買い取りができる場合もあるので、東京地区にお住まいの方はぜひご検討ください。

4-5.出張リサイクルショップを利用するときの注意点

まずは、見積もり依頼のときの対応をチェックしましょう。信頼できる業者は、的確なアドバイスとともに最もお得になる料金を提示してくれます。反対に、電話で勧誘してきたり、営業車で巡回して「無料回収」を強調したりしている業者には注意しましょう。不用品を無料で回収すると言いつつ、何かしらの理由を付けて有料回収する業者が増えています。また、回収の必要が無いもの(貴金属類・ブランド品など)まで不当に安く買い取りしていくこともあるので気を付けましょう。ダイニングテーブルの処分を安心して依頼するためにも、業者選びに手抜きは禁物です。

5.ダイニングテーブルの処分でよくある質問

最後に、ダイニングテーブルの処分でよくある質問に回答します。いずれも参考になるものですからきちんと目をとおしておきましょう。

5-1.ダイニングテーブルの寿命は何年ですか?

ダイニングテーブルの寿命は、おおよそ5年から10年です。しかし、ダイニングテーブルは毎日使うものであり、寿命よりも早く壊れることもあります。寿命はあくまでも、買い替えの目安と考えておきましょう。特に、小さな子どもがいたりペットを飼っていたりする場合は、寿命が短くなるものです。また、家族構成や好みも変化します。ライフスタイルに合わなくなったときは、ダイニングテーブルの買い替えタイミングです。

5-2.ダイニングテーブルの回収を夜間に依頼できますか?

仕事が忙しい場合など、夜間に回収してほしいこともあるでしょう。業者によっては、夜間回収を受け付けているところもあるので問い合わせてみてください。ただし、オプション料金が必要になることがあります。詳しくは、業者に見積もりをもらうときに確認してください。なお、夜間に回収を依頼する場合は、業者の車両駐車などで近所迷惑にならないように特に気を付けましょう。

5-3.ダイニングテーブルの査定額に納得できない場合はどうすればいいですか?

業者が提示した査定額に納得できないことはよくあるものです。まずは、査定理由を教えてもらいましょう。自分では気づかなかった欠点(見えにくい部分の傷・故障など)が原因でマイナス査定になっていることもあります。査定理由を聞いてもなお納得できないときは、ほかの業者に改めて見積もりを依頼しましょう。

5-4.ダイニングテーブル以外にも不用品の処分を依頼するメリットは?

個々に不用品を処分するよりも、1回で行う方が楽であることと、料金が安く済むことがメリットです。特に、「パック料金」を適用すると多くの不用品を処分できてお得になります。また、家の中がスッキリし、広く感じることができるでしょう。ダイニングテーブルだけでなく、ほかに不用品がある場合は、同時に処分してください。なお、ブランド品や貴金属類・家電製品など、買い取りの対象となるものがある場合は、回収費用と相殺できます。使わないものをいつまでも持っていても何にもなりません。いい機会と考えて処分してしまいましょう。

5-5.業者が運び出した際に、壁に傷が付いた場合は補償してもらえますか?

きちんとした業者は、損害保険会社と提携しているはずです。運び出しのときに業者の過失により付いた傷は、補償で修復してもらえます。当、ダストネット東京でも、あいおいニッセイ同和損害保険株式会社の請負賠償保険適用補償に加入していますのでご安心ください。

まとめ

今回は、ダイニングテーブルの処分について詳しく解説しました。壊れていないものはできるだけリサイクルを前提とした処分方法を考えましょう。ダイニングテーブルは大きさや重さがあるため、処分するときにさまざまな注意があります。自分で運ぶ手間や労力を考えると出張リサイクルショップの利用がおすすめです。信頼できる業者を選び、できるだけお得な方法を探してみてください。ダイニングテーブルの処分で満足することができるでしょう。

365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!