ダイニングテーブルを処分しよう! お得な方法やコツを伝授!

ダイニングテーブルは、食事をするための家具として欠かすことができないものです。また、ダイニングテーブルがあることで、家族がお互いの顔を見ながら食事を摂(と)ることができます。子どもの誕生日など、家族のお祝いごとには豪華なメニューが並んだことでしょう。しかし、何らかの理由でダイニングテーブルの処分をしたいときには、どうすればいいのかわからない人もいるはずです。そこで、今回は、ダイニングテーブルの処分方法について詳しく解説します。

  1. ダイニングテーブルの処分について
  2. ダイニングテーブルの処分を自治体に依頼する方法
  3. ダイニングテーブルをリサイクルする方法
  4. ダイニングテーブルを出張リサイクルショップに依頼する方法
  5. ダイニングテーブルの処分でよくある質問

この記事を読むことで、ダイニングテーブルの処分に必要な知識が身に付き、最良の方法で処分することができます。処分方法の種類やメリット・デメリットを比較し、納得してから処分できるので満足度も高いでしょう。まずは、内容をひとつずつ理解しながら読み進めてみてください。必ず役に立ちますよ。

1.ダイニングテーブルの処分について

最初に、ダイニングテーブルの処分の基本を学びましょう。ごみの種類は何かだけでなく、処分するときの注意点や問題点も確認してください。

1-1.ダイニングテーブルとは?

ダイニングテーブルとは、食事用に使用するためのテーブルで、食卓と呼ぶこともあります。家族の人数に合わせて2人用・4人用・6人用などがあり、正方形・長方形・円形・だ円形など、好みによって選ぶこと可能です。大きさの目安は、2人用で75センチ四方以上、4人用で縦75センチ・横120センチから150センチ程度が目安となります。ダイニングテーブルとイスの組み合わせたダイニングセットが主流です。インテリアとしての役割も果たしており、最近では、用途に応じてコンパクトに折りたたみできるタイプも人気があります。

1-2.ダイニングテーブルは何ごみになる?

ダイニングテーブルは、粗大ごみとして扱う自治体が多くなるでしょう。1辺が60センチ以上のものを粗大ごみ、60センチに満たないものは一般ごみと分別(ぶんべつ)する自治体もあります。粗大ごみサイズのものでも、自分で分解して小さくすることで、燃えるごみもしくは不燃ごみとして出すことも可能です。小さくして出すときでも、木製のものは燃えるごみ、ガラス製やスチール製のものは不燃ごみなど、素材により取り扱いが異なることがあるので注意しましょう。

1-3.ダイニングテーブルを処分するときの注意点・問題点

ダイニングテーブルを処分するときには、以下の注意点や問題点があります。

  • 大きさ・重さがあるため運びにくい
  • 一般ごみに出そうにも分解しにくい

また、分解しようとして木片でケガしたり金属部品を外したりするのが大変など、手間がかかるもの事実です。ダイニングテーブルは、分解せずに処分することをおすすめします。

2.ダイニングテーブルの処分を自治体に依頼する方法

不要になったダイニングテーブルは、自治体に依頼して回収してもらうことも可能です。具体的な方法や、注意点について学びましょう。

2-1.自治体による回収方法について

ダイニングテーブルを自治体に回収してもらうときは、以下を参考にしてください。

  • 一般ごみ(燃えるごみ・不燃ごみ):自治体の指定曜日・時間を守り、地域の集荷場所に出す
  • 粗大ごみ:自治体の「粗大ごみ受付窓口」に連絡して回収日時・集荷場所・費用の指示を仰いでから出す

また、メリット・デメリットは以下のとおりです。

  • メリット:回収費用が安く済む(一般ごみは無料・粗大ごみは1台数百円から千円程度)
  • デメリット:自分で集荷場所に運ぶ必要がある・回収日時や場所を指定できない

2-2.自治体の回収を利用するときの注意点

自治体の回収は、ルールを守って出してください。回収日時や出し方を守らないと回収不可となって放置され、近隣住民の迷惑になります。また、粗大ごみとして出す場合の回収時には、コンビニなどで「粗大ごみリサイクル券」を購入し、貼り付けて出すことが必要です。

3.ダイニングテーブルをリサイクルする方法

まだ十分に使用できるダイニングテーブルなら、リサイクルを考えてみましょう。リサイクルできる条件や、具体的な方法・高額査定のポイントなどを解説します。

3-1.リサイクルのメリットを確認しよう

ダイニングテーブルのリサイクルには、主に以下のメリットがあります。

  • 中古品として再利用できる
  • キレイな状態のものは買い取りしてもらえることがある
  • ごみの量を減らすことができる

3-2.リサイクルできるものとできないものについて

すべてのダイニングテーブルがリサイクルできるわけではありません。主に、以下の条件を満たしたものが対象となります。

  • 目立つ傷や汚れが無い
  • 人気メーカーのもの(カリモク家具・モリタインテリア・飛騨産業など)
  • 故障していない
  • ダイニングセットでイスなどが欠品していない

3-3.ダイニングテーブルをリサイクルする方法

ダイニングテーブルをリサイクルするには、主に以下の方法があります

3-3-1.ネットオークションでリセールする

ネットオークションを利用することでも、リセールできます。オークションサイトに会員登録をし、出品手続きをしましょう。コツは、ダイニングテーブルの特徴を画像や文章で簡潔に伝えることです。傷などの欠点があるときは、隠さずに伝えましょう。出品後、落札希望者が入札し、入札期限を過ぎると取り引きが確定します。落札者から代金支払いを受け、ダイニングテーブルを発送しましょう。思わぬ高値で売れる可能性がある反面、発送作業などをすべて自分で進める必要があり、入金トラブル・クレームなどのトラブルに巻き込まれることもあるので注意してください。

3-3-2.寄付する

介護施設など、ダイニングテーブルを必要としている団体に寄付をする方法もあります。まだ十分に使えるものは、寄付を考えてもいいでしょう。心当たりのある団体に自分で問い合わせるか、知人を通じて聞いてもらってください。寄付先には、自分で運び入れることになります。また、寄付なので基本的に金銭のやり取りは発生しません。配送の手間や配送料を負担することに納得できる人におすすめします。

3-3-3.リサイクルショップに買い取り依頼をする

リサイクルショップでも、ダイニングテーブルの買い取りをしています。基本的に自分で持ち込む必要があるので、運搬用の車両を手配できる人向けです。買い取り可能との査定が出た場合は、即日支払いしてもらえます。ただし、リサイクルショップでは、再販することを前提に買い取っているため、買い取りできないとの判断が出た場合は、持ち帰らなければならないので注意しましょう。

3-4.高額査定のポイントをチェックしよう

ダイニングテーブルをリサイクルショップに持ち込んだ場合、まずは、中古品としての価値があるか、査定を受けることになります。高額査定のポイントについては、以下をご覧ください。

  • 汚れや目立つ傷が無い
  • 壊れていない(安全性に問題が無い)
  • 人気メーカーのものである
  • ダイニングセットの場合はテーブルとイスが揃(そろ)っている
  • 付属品の欠品が無い(ボルト・専用ナット回しなど)

3-5.ダイニングテーブルをリサイクルするときの注意点

ダイニングテーブルは、食事をするために使うものです。まずは、壊れている部分が無いか確認しましょう。簡単に直ることもあれば、部品の劣化で専門的な修理が必要なこともあります。寄付する場合でも、完全に修理してから渡しましょう。

4.ダイニングテーブルを出張リサイクルショップに依頼する方法

ダイニングテーブルの処分は、出張リサイクルショップに依頼する方法もあります。利用するメリットや回収方法・手数料・業者選びのポイントなど、詳しく解説しましょう。

4-1.出張リサイクルショップに依頼するメリット

ダイニングテーブルの処分は、出張リサイクルショップに依頼しましょう。以下のように多くのメリットがあります。

  • 自分で運ぶ必要が無い
  • 日にち・時間・場所の指定ができる
  • 壊れているものでも処分してもらえる
  • 条件によっては買い取りしてくれる(処分費用を相殺できる)

同時にほかの不用品を処分することができる

4-2.出張リサイクルショップによる回収方法

出張リサイクルショップを利用する場合、業者が直接回収にやってきます。ダイニングテーブルは大きさと重さがあるため、軽トラックなどで回収することになるでしょう。まずは、業者に見積もりを依頼してください。電話・FAX・問い合わせフォームなど、業者指定の方法の中から選んで連絡しましょう。ダイニングテーブルのおおよその寸法と重量を伝えるとスムーズです。すると、業者から回収費用の見積もりが送られてきます。内容(費用・回収日時・場所など)を確認し、問題が無ければ正式に依頼してください。

4-3.出張リサイクルショップの手数料などについて

出張リサイクルショップの利用手数料は、以下を目安にしてください。

  • ダイニングテーブル1台に付き:数千円から1万円程度

なお、マンションの高層階からの運び出しなど、上記以外にもオプション料金が必要なことがあります。詳しくは、業者に確認してください。

4-4.出張リサイクルショップの選び方のポイント

出張リサイクルショップは、数多く存在します。信頼できる出張リサイクルショップの見分け方については、以下をご覧ください。

  • ダイニングテーブルなど家具類の回収を積極的に行っている
  • 見積もりを無料で行っている
  • 料金システムが明確・リーズナブルでさまざまなプランがある
  • 希望の日時・場所にて回収を依頼できる
  • 顧客からの信頼が厚い
  • 問い合わせに対する受け答えが親切でわかりやすい
  • 無理に契約を急がない
  • 古物商許可・産業廃棄物収集運搬許可を得ている

なお、当ダストネット東京でも、ダイニングテーブルをはじめ、不用品の回収・処分をお受けしています。新しく状態のいいものは買い取りができる場合もあるので、東京地区にお住まいの方はぜひご検討ください。

4-5.出張リサイクルショップを利用するときの注意点

まずは、見積もり依頼のときの対応をチェックしましょう。信頼できる業者は、的確なアドバイスとともに最もお得になる料金を提示してくれます。反対に、電話で勧誘してきたり、営業車で巡回して「無料回収」を強調したりしている業者には注意しましょう。不用品を無料で回収すると言いつつ、何かしらの理由を付けて有料回収する業者が増えています。また、回収の必要が無いもの(貴金属類・ブランド品など)まで不当に安く買い取りしていくこともあるので気を付けましょう。ダイニングテーブルの処分を安心して依頼するためにも、業者選びに手抜きは禁物です。

5.ダイニングテーブルの処分でよくある質問

最後に、ダイニングテーブルの処分でよくある質問に回答します。いずれも参考になるものですからきちんと目をとおしておきましょう。

5-1.ダイニングテーブルの寿命は何年ですか?

ダイニングテーブルの寿命は、おおよそ5年から10年です。しかし、ダイニングテーブルは毎日使うものであり、寿命よりも早く壊れることもあります。寿命はあくまでも、買い替えの目安と考えておきましょう。特に、小さな子どもがいたりペットを飼っていたりする場合は、寿命が短くなるものです。また、家族構成や好みも変化します。ライフスタイルに合わなくなったときは、ダイニングテーブルの買い替えタイミングです。

5-2.ダイニングテーブルの回収を夜間に依頼できますか?

仕事が忙しい場合など、夜間に回収してほしいこともあるでしょう。業者によっては、夜間回収を受け付けているところもあるので問い合わせてみてください。ただし、オプション料金が必要になることがあります。詳しくは、業者に見積もりをもらうときに確認してください。なお、夜間に回収を依頼する場合は、業者の車両駐車などで近所迷惑にならないように特に気を付けましょう。

5-3.ダイニングテーブルの査定額に納得できない場合はどうすればいいですか?

業者が提示した査定額に納得できないことはよくあるものです。まずは、査定理由を教えてもらいましょう。自分では気づかなかった欠点(見えにくい部分の傷・故障など)が原因でマイナス査定になっていることもあります。査定理由を聞いてもなお納得できないときは、ほかの業者に改めて見積もりを依頼しましょう。

5-4.ダイニングテーブル以外にも不用品の処分を依頼するメリットは?

個々に不用品を処分するよりも、1回で行う方が楽であることと、料金が安く済むことがメリットです。特に、「パック料金」を適用すると多くの不用品を処分できてお得になります。また、家の中がスッキリし、広く感じることができるでしょう。ダイニングテーブルだけでなく、ほかに不用品がある場合は、同時に処分してください。なお、ブランド品や貴金属類・家電製品など、買い取りの対象となるものがある場合は、回収費用と相殺できます。使わないものをいつまでも持っていても何にもなりません。いい機会と考えて処分してしまいましょう。

5-5.業者が運び出した際に、壁に傷が付いた場合は補償してもらえますか?

きちんとした業者は、損害保険会社と提携しているはずです。運び出しのときに業者の過失により付いた傷は、補償で修復してもらえます。当、ダストネット東京でも、あいおいニッセイ同和損害保険株式会社の請負賠償保険適用補償に加入していますのでご安心ください。

まとめ

今回は、ダイニングテーブルの処分について詳しく解説しました。壊れていないものはできるだけリサイクルを前提とした処分方法を考えましょう。ダイニングテーブルは大きさや重さがあるため、処分するときにさまざまな注意があります。自分で運ぶ手間や労力を考えると出張リサイクルショップの利用がおすすめです。信頼できる業者を選び、できるだけお得な方法を探してみてください。ダイニングテーブルの処分で満足することができるでしょう。

365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!