デジタル遺品。あなたはパソコンを残して死ねますか?

団塊の世代を始め、パソコンやスマートフォンを利用している高齢者は多いでしょう。そんな中で今、あることが社会的な関心を集めています。「もしも」のときに、パソコンなどの中にある電子データはどうなるのか。いわゆるデジタル遺品の問題です。もしもに備えて、あなたは、残されるご家族はどうしますか?デジタル遺品の整理の仕方を紹介しましょう。

  1. デジタル遺品とは
  2. デジタル遺品をめぐる諸問題
  3. デジタル遺品、あなたはどう整理しますか?
  4. わからないときはデジタル遺品整理サービスも
  5. まとめ

1.デジタル遺品とは

デジタル遺品とは、パソコンやスマートフォンの中に保存されている電子データやインターネットなどの登録情報のことです。具体的には、以下のようなものがあります。

  • 写真や映像・文章など:パソコンに保存していたり、外付けのハードディスクに保存したりしている人は多いと思います。
  • インターネットバンキングや株券:この20年ほどでパソコンが急速に普及し、銀行や株式の取り引きがデジタル化されています。
  • ブログやSNSの記録:ブログを開設されている方は多いと思います。Twitter やFacebookに登録されている方も、少なくないでしょう。
  • 有料サイト:有料サービスの利用です。利用料がかかっています。
  • ゲームのアカウント:気軽に楽しんでいる方も多いでしょう。
365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!