大掃除は断捨離を実行する絶好の機会! 効率よく進めるコツをご紹介

年末が近づき、大掃除の計画を立てている方もいるでしょう。大掃除は家をきれいにするだけではなく、ものを処分するチャンスです。近年話題となっている断捨離は、不要になったものを思いきって処分することを意味しています。大掃除と一緒に、断捨離に取り組んでみませんか? ものを手放すことにためらいを感じる方も多いのですが、断捨離はものへの執着心を断ちきり、幸運を招くといわれています。大掃除と断捨離を並行して行うコツなどを覚えておき、家を気持ちのいい空間に変えてみてください。
今回は、大掃除と断捨離についてご紹介します。

  1. 大掃除と断捨離について
  2. 大掃除と断捨離の方法
  3. 大掃除の断捨離・不用品について
  4. 大掃除と断捨離でよくある質問
  5. まとめ

この記事を読むことで、大掃除と断捨離のポイントがよく分かります。ものを捨てる基準やメリットなども覚えておきましょう。

1. 大掃除と断捨離について

まず、断捨離の意味やメリットを考えていきましょう。

1-1.断捨離とは?

断捨離には、3つの意味があります。新たなものが入るのを「断つ」こと、不要なものを「捨てる」こと、ものに執着している気持ちから「離れる」ことです。ものを思いきって処分すると、自分の持ちものを見直し、本当に必要なものだけを見出(いだ)すことができます。シンプルな暮らしを始めることで、ライフスタイルにもいい変化が現れるでしょう。

1-2.断捨離と大掃除の関係

断捨離は、いつでも思い立ったときに始めるべきです。しかし、タイミングが掴(つか)めないという方が多く、なかなか進めることができずに行き詰まってしまいます。大掃除は家全体を一掃するため、ものの見直しに適しており、断捨離を実行する絶好の機会です。時期を迷っている方は、大掃除をきっかけに断捨離を始めてみてください。

2.大掃除と断捨離の方法

大掃除は年末にやるものという先入観があると思います。また、断捨離はどうやって進めるべきか、迷うことも多いものです。大掃除と断捨離の方法をご紹介します。

2-1.いつごろから始めるのがいいのか?

断捨離は、短時間で終えることはできません。勢いも大切ですが、1日1部屋ずつ進めるペースで行うといいでしょう。年末ギリギリでは慌ただしくなってしまい、断捨離で出た不用品の処分を行う時間も限られてしまいます。なるべく11月下旬〜12月上旬ごろから始めるようにしてください。

2-2.具体的に何をするのか?

大掃除を始める前に、断捨離をするものを決めることが大切です。必要品・不用品・思い出の品など、仕分けをしましょう。仕分けをすることで、捨てる基準が見えるのです。断捨離の目安を自分でも把握することができます。

2-3.断捨離のコツ・ポイント

断捨離で大切なのは、ものを必要以上に抱え込んでいないか、もったいないという気持ちに縛られていないかを、自分の中で考えることです。何年も着ていない服は、今後も使う機会が少なく、思いきって捨てることをおすすめします。読み終えた雑誌や書籍も、抱え込んでいると害虫の発生を招くため、処分したほうがいいでしょう。すっきりした環境を創造しながら、不用品の処分をすることで、断捨離が実行しやすくなります。キッチンは、賞味期限ぎれの食品や使わなくなった食器など、知らぬ間に不用品があふれるものです。衛生的な環境を維持するためにも、断捨離を実行してみてください。ものを捨てることに迷いがあるなら、一定期間は保留とし、断捨離を終えてからゆっくり処分について考えていきましょう。

2-4.大掃除の断捨離における注意点

断捨離で後悔することがないよう、ものの見極めがとても大切になります。思い入れのある品や記念品などは、収納を工夫してうまく保管する方法を考えるようにしましょう。断捨離をブログにアップしている方がたくさんいます。進め方が分からない・不用品の処分方法・収納のコツなども参考になるでしょう。インターネットで「断捨離 ブログ」などと検索してみてください。また、複数の部屋を同時に始めた場合、仕分けがうまく進まず、収拾がつかなくなってしまいます。必ず、1部屋ずつ進めるようにしましょう。

3.大掃除の断捨離・不用品について

大掃除と断捨離を実行したら、たくさんの不用品が出てくるものです。処分に関する知識も持っておきましょう。

3-1.処分方法について

3-1-1.自分でやる方法

自分で不用品の処分をする場合、自治体の回収を利用する方法があります。最も費用負担が少なく、手軽に利用できる方法です。ただし、決められた日に出さなければならず、分別も必要になります。分別は自治体で細かく決められているため、地域のゴミルールをしっかり確認しておかなければなりません。また、粗大ゴミは、事前に自治体に申請が必要など、手続きや料金の支払いなどで面倒に思うことも多いものです。
ゴミとして処分せず、自分でリセールする方法も注目されています。フリマアプリやネットオークションを使った販売方法です。個人売買はトラブルのリスクが高く、状態や画像などがきちんと伝わるように、自分なりに工夫することも大切でしょう。

3-1-2.リサイクルショップなどに売る

まだ使えるものなら、リサイクルショップの査定を受けてみましょう。リサイクルショップは、独自に買い取り強化品目があり、中には買い取りできないものもあります。事前にリサーチし、買い取り可能かどうかを確認しておきましょう。査定では、汚れ・傷・劣化などを細かく見ていきます。査定で買い取り不可と判断されることもあるため、必ず売れるとは思わないほうがいいでしょう。査定は商品を持参して行うため、運搬手段を確保する必要があります。買い取り不可の場合は、持ち帰ることになるため、大型製品やかさばる品などは面倒に感じることが多いものです。査定金額を少しでも上げるためには、手入れをきちんとしておくようにしてください。

3-1-3.回収業者に依頼する

回収業者では、さまざまな品目の回収を実施しています。大型家具から服などの小物まで、一括して回収依頼をできるのがメリットです。断捨離ではたくさんの不用品が出るため、分別が必要になります。しかし、回収業者では分別を必要とせず、運搬も業者が行ってくれるため、依頼者にとっては負担が少ない方法です。費用はかかりますが、迅速に不用品の処理をしてくれるため、時間のロスをなくすことができます。買い取りも実施している業者では、買い取り費用から回収費用を差し引き、見積もりを算出するのです。複数の業者を比較し、納得できる業者に依頼してください。リサイクルに必要な古物商の許可を得ている業者を選びましょう。無許可営業は、トラブルが続発するなど、問題を多く抱えています。業者の対応や料金体系などにも目を向け、費用の安さに目を奪われないよう、十分注意してください。

4.大掃除と断捨離でよくある質問

大掃除と同時に断捨離を行う場合、さまざまな疑問が生じるものです。質問集を参考に、断捨離を効率よく進めてください。

Q.断捨離をするとどんな運気アップ効果があるのか?
A.必要最低限のものに絞ることで、集中力が高まります。仕事運も上がり、作業効率もよくなるでしょう。また、収納がすっきりすることで、ゆとりある空間が生まれ、思考がまとまりやすくなります。

Q.仕分けをするときは、いったんすべてのものを広げるべきか?
A.クローゼットや引き出しなどは、中身をすべて出し、確認する作業を行いましょう。忘れていたものや使わずに保管していたものなど、仕分けの目安が見えてきます。

Q.年末までに大掃除と断捨離が終わるか不安に感じる
A.断捨離を実行し始め、大量の不用品に終わりが見えず、不安になることもあるでしょう。ものをなかなか捨てられない人ほど、時間ばかりがかかってしまうものです。心配な方は、作業計画を立ててみてはいかがでしょうか? 部屋を片づける日程が決まれば進めやすくなります。

Q.断捨離を実行するとお金も貯(た)まるというのは本当か?
A.1回断捨離を実行すると無駄遣いをしなくなります。ものの価値や自分にとって本当に必要なものが見えてくるため、衝動買いをしなくなるからです。自然と貯蓄も増えるでしょう。

Q.ものを捨てることと同時に重要なことは?
A.収納を見直すことです。断捨離と大掃除ですっきりした空間になっても、整理整頓がなされないと、リバウンドしてしまいます。収納をうまく活用し、出し入れしやすい環境を目指してください。

5.まとめ

いかがでしたか? 大掃除は、断捨離を実行する絶好の機会です。たくさんのものを抱え込んでいる人は、本当に必要なものを再確認し、不用品は思いきって処分しましょう。断捨離を実行すれば運気も上がります。ものの管理もしやすくなり、快適な暮らしを送ることができるでしょう。無駄遣いも減ります。年末ギリギリより、なるべく早い時期から始め、不用品の処分までゆとりあるスケジュールで行う方法がおすすめです。断捨離のコツをしっかり掴(つか)み、効率よく進めてください。

みんなの評価 
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
Loading...
※5段階の簡単評価です。★を選択することで誰でも簡単に評価できます。
365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!