デッドスペースの活用術をご紹介!収納スペースを増やすコツとは?

7a006ce1-8a61-4706-9624-d693e8dcf480有効に使えない空間のことを「デッドスペース」と言います。
家のあらゆるところにデッドスペースは出てくるものです。
デットスペースは使えないと諦めている人は多いでしょう。
しかし、コツをつかめば活用できます。
これから、デッドスペースになりがちな場所や活用術、デッドスペースのメリットと不用品の処分方法について説明しましょう。
収納スペース不足で悩んでいる人は、ぜひ参考にしてください。

  1. デッドスペースになりがちな場所
  2. デッドスペースの活用術
  3. デッドスペースのメリットと不用品の処分方法
  4. まとめ

1.デッドスペースになりがちな場所

デッドスペースを活用したいなら、デッドスペースになりがちな場所を把握しておかなければなりません。
一体、どんな場所がデッドスペースになりやすいのか理由とともに説明していきます。

1‐1.家具同士のすき間や壁と壁、柱と壁の間

家具同士の間にデッドスペースが生まれます。
リビングや子供部屋など、大型家具を置いているはずです。
大型家具が並んでいる場所には必ずデッドスペースがあります。
大型家具のサイズが大きいほどデッドスペースも広くなるでしょう。
実際、デッドスペースがあるかどうかチェックしてみてください。
もし、デッドスペースを見つけたら何が収納できるのか考えるといいでしょう。
また、家具同士にできるすき間と同じく、非常に多い場所が「壁と壁」「柱と壁」の間です。
押し入れやクローゼットの中など、壁と壁の間が近い場所ほどデッドスペースが生まれやすくなります。
狭いスペースは収納できないと思っていませんか?
考え方を変えると立派な収納スペースに変わるものです。

1‐2.天井に近い場所

自分の身長よりも高い場所は収納スペースではないと思いこんでいませんか?
天井に近い部分はデッドスペースになりやすい場所です。
しかし、使い方によってはものを収納できるスペースになります。
たとえば、ドアの開閉部分よりうえ、廊下や階段、食器棚やトイレの上部など天井に近い場所は有効活用できる場所です。
身長より高い場所は取り出しにくいイメージが強いでしょう。
けれども、工夫しだいでは取り出しやすくなります。
デッドスペースになりやすい場所は、ほとんど私たちが勝手に「使えない」と思いこんでいる場所です。
思いこみから抜け出してデッドスペースを上手に活用していきましょう。

1‐3.机やテーブル、台所・洗面所の下

デッドスペースは床に近い場所にもひそんでいるものです。
たとえば、机やテーブルの下には十分な広さのスペースがありますよね。
仕事をしているデスクの下はイスだけです。
せっかく広い空間があるのに、使わないのはもったいないことだと感じませんか?
たとえ、低いテーブルでも足を置くだけのスペースはあります。数cmのすき間でも使い方によっては活用できるのです。
また、台所や洗面所、シンクの下もデッドスペースになります。
台所やシンクの下に調理器具を収納している人は多いでしょう。
けれども、上手に収納しなければデッドスペースができてしまいます。
適当に収納するのではなく、デッドスペースが生まれないように収納しなければなりません。
上手に収納するためにもコツをつかみましょう。

365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!