処分する前にチェック! 家庭にある危険物の処分方法

私たちの身の回りにあるものの中に危険なものがどれだけあるかわかるでしょうか。ガス・油・電池・刃物・薬品……。
考えてみると、身の回りに危険なものはたくさん潜んでいます。危険物は取り扱い方法を誤ると事故の元です。使用方法と処分方法をしっかり確認しておく必要があります。
この記事では、家庭内にある危険物とその処分法をご紹介。

目次

  1. 危険物とは
  2. 家庭内にある危険物リスト
  3. 各危険物の処分方とは
  4. 取り扱い時の注意点
  5. まとめ

1.危険物とは

1-1.危険物とは

危険物は、火災・爆発・中毒など使用方法を誤ると災害などにつながるものを指します。
危険物には品目それぞれに「指定数量」というものが決まっているのです。一般的にこの指定量を越えて使うことはできません。使うためには「危険物取扱者」の資格が必要となります。

1-2.消防法による危険物

危険物の多くは消防法により規定されているのが大半です。また、規定には「別表第1の品名欄に掲げる物品で同表に定める区分に応じ性質欄に掲げる性状を有するものをいう」と書かれています。つまり、消防法に掲載されている物品は危険物と判断されるのです。
また、消防法では指定数量に関することも定めており法によって決められた基準を守って使用する必要があります。

1-3.危険物の区分

危険物は消防法によって区分が決められているのです。

  • 第1類 酸化性固体
  • 第2類 可燃性個体
  • 第3類 自然発火物質および禁水性物質
  • 第4類 引火性液体
  • 第5類 自己反応性物質
  • 第6類 酸化性液体

危険物は分類を決めると共に処分方法を定めています。
焼却する場合は安全が確保できる場所で行い近隣の環境に燃焼・爆発などの被害を与えない方法を採りましょう。また、必ず人の目がある状態で行う必要があります。埋め立ての場合は危険物の性質に応じて安全な場所に埋めましょう。
さらに、海中へ廃棄する場合は環境への被害が絶対に出ない状態にしないと捨てることができません。

365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!