処分に困っている人、必見! 調理器具の処分方法、お教えします。

生活用品も使うことで劣化して壊れてしまうもの。その中でも、調理器具は丁寧に扱っていても割れたり焦げ付いたりして処分することが多いでしょう。しかし、処分方法を間違えると自治体で回収されないこともあるので注意が必要です。
この記事では、代表的な調理器具の処分方法をまとめました。

  1. 調理器具を処分できる場所
  2. 器具ごとの処分方法
  3. 業者に依頼するメリット
  4. 業者を選ぶときの注意点
  5. まとめ

1.調理器具を処分できる場所

1-1.自治体のルールに沿って捨てる

自治体で定められたルールに従って調理器具を処分します。しかし、調理器具によってごみの分類が違うので注意して捨てるようにしましょう。
また、調理器具の捨て方は各自治体で違いがあります。しっかりと確認した上で捨てるようにしましょう。

1-2.不用品回収業者に依頼する

調理器具の処分を不用品回収業者に依頼する方法です。個人で料理店をされていた人は、大量にあるので依頼することをおススメします。
回収業者であればごみを分別しなくても回収してもらえるので便利です。また、大量にあっても運び出してくれます。さらに、調理器具の中でまだ使えるものがあれば買い取ってもらえる可能性があるのもポイント。
自分では不用に思っていたものをお金に替えることができるのは大きなメリットです。

1-3.リサイクルショップへ運ぶ

引っ越しなどで食器や調理器具が不用になることがあります。そんなとき、活用したいのがリサイクルショップです。状態がよいものや人気ブランドものであれば高値が付く可能性があります。
まだ使える調理器具や食器は買い取ってもらいお金に替えましょう。また、不必要にごみとして出さないのはエコ活動にもなります。

1-4.知人に譲る

リサイクルショップなどで値段が付かなくてもまだ使えるものはあるはず。そんなとき、自分の周りに必要としている人がいないか探してみましょう。
自分が処分したい調理器具を必要としている知人がいれば相談してみることをおススメします。自分は調理器具を処分できて知人はほしいものを得ることができるのです。ごみとして出すのは割と面倒なもの。積極的にほしい人を探してみましょう。

1-5.オークションに出してみる

周りに調理器具を求める人がいなければネットオークションに出してみます。
自分が売ろうとしている調理器具が人気のものやブランド品であればいい値段で買い手が見つかるのです。すぐ売り出す必要がなければ検討してみましょう。
しかし、オークションでは確実に売れる保証がありません。そのリスクは知っておきましょう。

365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!