家電を売るなら早い決断が得! 高価買取のコツをつかもう

買い替えや引っ越しで、使わなくなった家電はありませんか? できれば売りたいと思っていても、どうしていいかわからずそのまま眠らせていたのでは宝の持ち腐れです。この記事では、家電を少しでも高く売るために、安心な買取業者の選び方や、損をしない引き取りの条件などを紹介します。特に、「まだ使えるけど必要ない」という家電があるという方は必見です。

  1. 家電の買取について
  2. 家電の買取のメリットとは?
  3. 買取してもらえる家電とは?
  4. 家電の買取先を選ぼう
  5. よくある質問

家電を高く売る方法

この記事を読むことで、家電買取についてよく分かります。好条件で買取してもらうコツをつかんで、賢く家電を処分しましょう。

1.家電の買取について

家電の買取について

1-1.家電とは

家電とは文字どおり一般家庭で使う電化製品のことです。テレビ・DVDレコーダーなどのAV家電から、掃除機・扇風機などのリビング家電、IHクッキングヒーターや電子レンジなどのキッチン家電など、用途によってさまざまな種類があります。
家電の中には高額なものもあるため、安く手に入る中古家電は人気があるのです。特に国産のものや欧米のブランド家電は、耐久性もあり機能的にも優れているため、需要が高い傾向にあります。

1-2.リサイクルの必要性

家電製品は、家電リサイクル法や小型家電リサイクル法により、資源の有効活用が法律で定められています。使い終わってもゴミとして処分するのではなく、リサイクルすることが大切なのです。まだ製品として使えるものはメンテナンスや修理をしてリユースしたり、壊れてしまったものでも部品や素材として再利用したりすることで、資源の有効活用ができます。

1-2-1.家電リサイクル法4家電

家電リサイクル法に定められた4家電(テレビ・冷蔵庫・洗濯機・エアコン)は、リサイクルすることがメーカー側に義務づけられており、メーカーや販売店が有料で回収しています。通常、自治体では回収できないので注意が必要です。

1-2-2.リサイクルボックス

小型家電は、自治体の公共施設や家電量販店にリサイクルボックスを設置し、無料で回収されています。回収可能な品目は自治体によって異なるので確認が必要です。回収ボックスの投入口は品目に合わせたサイズになっています。たとえば、東京都世田谷区ではタテ10cmヨコ25cm、横浜市ではタテ15cmヨコ30cmと、かなり小さめなので、大きなものは入れることができません。ほかの自治体でも同等の大きさで、主にゲーム機や携帯電話、ポータブル音楽プレーヤーなどの電子機器を中心に回収されています。なお、自治体ではデータの消去に対応していないので、携帯電話などの処分は自己責任でデータの消去が必要です。

1-3.買取という方法について

前述のとおり、メーカーや販売店による家電のリサイクルには費用がかかり、自治体のリサイクルボックスの回収は、品目に制限があります。そこで、注目したいのが、買取という方法です。まだ使える家電については、品目に関わらず買取業者に買い取ってもらうことができます。こうすれば、リサイクル費用を負担しなくても済むどころか、キャッシュを得ることもできるのです。

2.家電の買取のメリットとは?

家電の買取のメリットとは?

買取を利用することのメリットをご紹介します。

2-1.買取のメリットとは?

ほかの方法と比較して、買取にはどのようなメリットがあるのでしょう。

2-1-1.買取VSオークション

家電を売るには、ネットオークションやフリマアプリなど、インターネットを使った方法もあります。出品するためには、商品の写真撮影、説明文の作成など、データをアップする作業が必要です。落札後は金銭の授受、商品の発送などもすべて自分でしなければなりません。想像以上に手間がかかる割には、思うような価格で売れないこともあり、金銭の授受や荷物の受け渡しでトラブルになるリスクもあります。
買取業者に任せれば、こうした手間がかからず、即現金になるのでお得です。新しいものなら、高価で買取される可能性もあります。

2-1-2.買取VS処分

ここでいう処分とは、不用品回収業者に処分してもらう方法を指します。この方法では、古い家電でも引き取ってもらえますが、処分のための費用を支払わなければなりません。
一方買取だと、たとえ少額でもプラスになることがメリットです。古いもので買い値がつかなくても、中には無料で引き取ってくれるケースもあるため、一度は買取の見積もりを取ることをおすすめします。

2-1-3.買取はこんな人におすすめ

  • オークションに出す手間がかけられない
  • なるべく早く処分したい
  • 製造から3年以内の新しい家電を手放したい
  • 廃棄費用を払いたくない

2-2.注意点

製造から1年以内の新しい家電は高価買取が期待できますが、古いものは思うような買い値がつかないこともあります。手放そうと思ったら、なるべく早く行動することがポイントです。

3.買取してもらえる家電とは?

買取してもらえる家電とは?

家電なら何でも買取してもらえるというわけではありません。どんな家電なら買取可なのか、市場について見てみましょう。

3-1.買取の条件

多くの場合、買い取ってもらえるのは動作に問題のない使用可能な家電で、新しい方が喜ばれます。業者によって未使用のみや、製造年から1年未満、3年未満など条件を定めているので、買取業者のホームページなどで確認しましょう。

3-2.人気商品は?

1年中人気があるのは、ゲーム機やタブレット、オーディオ製品などです。引っ越しシーズンには、テレビ・冷蔵庫・洗濯機など大型家電の需要が高まります。炊飯器や電子レンジなどキッチン家電も人気です。ほかにも、運動会や発表会のシーズンには家庭用ムービーやデジカメもよく取引され、梅雨時には除湿機、冬には加湿機など、季節ごとに人気の品があります。

3-3.高額買取のポイント

同一メーカーの同一商品であれば、新しいものほど高く買い取ってもらうことができます。また、前述のように季節ごとに需要が高まる商品があるため、シーズン前になると特定品目の買取強化を実施する業者もあるようです。チャンスを逃さないように早めに情報収集しておきましょう。もちろん、状態の良さも大切です。時期に関わらず、高価買取のポイントは以下を参考にしてください。

  • 汚れを落としてきれいにしておく
  • 付属品をそろえておく
  • 消耗品があればセットしておく
  • 保証書・取扱説明書を用意する
  • 箱があれば箱に入れる

3-4.相場の調べ方

買取価格の相場を知りたい場合は、インターネットの無料査定を利用すると便利です。対象家電のメーカー・型番・製造年がわかると、より詳細に金額を知ることができるでしょう。
年式にもよりますが、リサイクルショップでの一般的な相場は、売値の一割程度といわれています。買取価格に過度な期待はせず、「処分費用がかからないだけまし」というつもりでいるといいでしょう。

3-5.その他

買取を利用する時には売る側の身分証明書が必要です。運転免許証などを用意しておきましょう。

4.家電の買取先を選ぼう

家電の買取先を選ぼう

買取先によって価格や条件が違います。自分の希望に合った買取先を選ぶポイントをご紹介しましょう。

4-1.どこで買取してくれるか

多くの不用品買取業者で家電の買取を行っています。一部の業者では新品しか買取しない場合もありますが、たいていは中古でも引き取り可能です。たとえば、不用品回収のダストネット東京では、製造から1年以内の家電は高価買取が可能になります。

4-2.買取の流れ

まずは、買取業者のホームページにある問い合せフォームや見積もりフォームから申し込みましょう。電話を受けつけているところもあります。いきなりリサイクルショップに持ち込むと、買い値がつかない場合は無駄足になってしまうこともあるので、必ず事前に問い合わせることが大切です。

  1. 問い合わせ:電話やメール、問い合わせフォームなどで問い合わせる
  2. 見積もり:メーカー・型番・製造年などを提示し見積もりしてもらう
  3. 査定:持ち込み・出張・郵送などの方法で実物を見て査定
  4. 査定額の提示:金額に納得したら取引成立
  5. 買取実施:対面の場合は、品物と引き換えにその場で現金を受け取ることができる

近隣の場合は持ち込みや出張買取が可能です。遠方の場合は、郵送などに対応しているところを利用するといいでしょう。

4-3.業者選びのポイント

リサイクルショップや家電買取専門店など、さまざまな業者で家電の買取に対応しています。業者選びのポイントをご紹介しましょう。

4-3-1.許可業者であること

家電品の買取には、古物商の許可が必須なため、許可業者に依頼することが大切です。また、買取価格がつかなかった場合には引き取ってもらえませんが、廃棄物の許可を持っている業者なら、廃棄処分をしてもらうことができます。古物商と廃棄物の二つの許可を得ている業者なら、二度手間にならずに便利です。

4-3-2.査定方法

査定は、メーカー名・製造年・型番で大まかに決まりますが、あとは、個別の状態を確認します。傷や汚れがないか、動作に支障はないか、備品はそろっているかなどを調べるのです。通常、査定は無料ですが、出張費や送料などがかかる場合もあるので、あらかじめ確認した方がいいでしょう。

4-3-3.回収方法は

査定金額に納得したらいよいよ取引成立です。持ち込みの場合はそのまま商品を引き渡して現金を受け取ることができます。訪問買取の場合は、業者が自宅まで出張して、買取品を回収・運搬してくれるので便利です。遠方の場合は、郵送による買取を利用するといいでしょう。自分の都合の良い方法に対応している業者を選んでください。

4-4.注意点

無料回収をうたってトラックで巡回しているような無許可営業の業者には注意しましょう。悪質な業者だと、トラックに荷物を積み込んだ後で、運搬費や人件費などさまざまな名目で高額な請求をしてくることがあります。何が無料なのか、見積もりは可能かなど、よく確認しましょう。

5.よくある質問

家電の買取についてのよくある質問

Q.一人暮らしを終えて実家へ帰るので家電を売ろうと思います。一人用の家電も売れるでしょうか?

A.一人用の家電は、学生を中心に需要があります。製造後4年以内のものなら、買取可能な業者もありますが、5年以上になると買い値がつかないかもしれません。まずは見積もりを取ってみましょう。

Q.福引でノンフライヤーが当たったのですが、使う予定がないので売ろうと思います。一度も使っていなくても中古扱いですか?

A.家電品は一度でも通電したときから中古扱いになります。未開封・未使用なら、新品扱いで高価買取も期待できるでしょう。箱から出さず、保証書など付属のものをすべてつけて早めに売ることをおすすめします。

Q.洗濯機を売るときの注意点を教えてください。

A.洗濯機の買取査定には清潔感が大切です。まずは本体をきれいにクリーニングしましょう。洗濯槽の中もカビ取りをしておきます。あとは、給水ホース・排水ホース・ホースハンガー・給水栓つぎてなど、付属品をすべて用意し、保証書と取扱説明書があれば用意しておくといいでしょう。

Q.家電以外にも処分したいものがあるのですが、どうしたらいいですか?

A.不用品の買取と廃棄が同時にできる業者に依頼するといいでしょう。たとえばダストネット東京では、1軒丸ごとの不用品回収も可能です。回収品の中に買取できるものがあれば、廃棄費用と相殺できるので、お得に不用品を処分することができます。

Q.買値がつかなかった場合、家電はどうなるのでしょう?

A.そのまま持ち帰るか、廃棄物処理業者であれば、廃棄処分を依頼することが可能です。その場合は、処分費用がかかります。

まとめ

家電の買取ポイントのまとめ

使わなくなった家電をリサイクルするのは、お財布にも地球にも優しい行為です。中でも、手間なく、即キャッシュになる買取は、忙しい人にぴったりの家電処分の方法といえます。家電買取の一番のポイントは新しさです。そのうちに、と眠らせておいて古くなってしまう前に、早く決断して少しでも高く買取をしてもらいましょう。

365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!