家電を売るなら早い決断が得! 高価買取のコツをつかもう

買い替えや引っ越しで、使わなくなった家電はありませんか? できれば売りたいと思っていても、どうしていいかわからずそのまま眠らせていたのでは宝の持ち腐れです。この記事では、家電を少しでも高く売るために、安心な買取業者の選び方や、損をしない引き取りの条件などを紹介します。特に、「まだ使えるけど必要ない」という家電があるという方は必見です。

  1. 家電の買取について
  2. 家電の買取のメリットとは?
  3. 買取してもらえる家電とは?
  4. 家電の買取先を選ぼう
  5. よくある質問

この記事を読むことで、家電買取についてよく分かります。好条件で買取してもらうコツをつかんで、賢く家電を処分しましょう。

1.家電の買取について

1-1.家電とは

家電とは文字どおり一般家庭で使う電化製品のことです。テレビ・DVDレコーダーなどのAV家電から、掃除機・扇風機などのリビング家電、IHクッキングヒーターや電子レンジなどのキッチン家電など、用途によってさまざまな種類があります。
家電の中には高額なものもあるため、安く手に入る中古家電は人気があるのです。特に国産のものや欧米のブランド家電は、耐久性もあり機能的にも優れているため、需要が高い傾向にあります。

1-2.リサイクルの必要性

家電製品は、家電リサイクル法や小型家電リサイクル法により、資源の有効活用が法律で定められています。使い終わってもゴミとして処分するのではなく、リサイクルすることが大切なのです。まだ製品として使えるものはメンテナンスや修理をしてリユースしたり、壊れてしまったものでも部品や素材として再利用したりすることで、資源の有効活用ができます。

1-2-1.家電リサイクル法4家電

家電リサイクル法に定められた4家電(テレビ・冷蔵庫・洗濯機・エアコン)は、リサイクルすることがメーカー側に義務づけられており、メーカーや販売店が有料で回収しています。通常、自治体では回収できないので注意が必要です。

1-2-2.リサイクルボックス

小型家電は、自治体の公共施設や家電量販店にリサイクルボックスを設置し、無料で回収されています。回収可能な品目は自治体によって異なるので確認が必要です。回収ボックスの投入口は品目に合わせたサイズになっています。たとえば、東京都世田谷区ではタテ10cmヨコ25cm、横浜市ではタテ15cmヨコ30cmと、かなり小さめなので、大きなものは入れることができません。ほかの自治体でも同等の大きさで、主にゲーム機や携帯電話、ポータブル音楽プレーヤーなどの電子機器を中心に回収されています。なお、自治体ではデータの消去に対応していないので、携帯電話などの処分は自己責任でデータの消去が必要です。

1-3.買取という方法について

前述のとおり、メーカーや販売店による家電のリサイクルには費用がかかり、自治体のリサイクルボックスの回収は、品目に制限があります。そこで、注目したいのが、買取という方法です。まだ使える家電については、品目に関わらず買取業者に買い取ってもらうことができます。こうすれば、リサイクル費用を負担しなくても済むどころか、キャッシュを得ることもできるのです。

365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!