家電を処分する前に!回収・リサイクルの知っておくべきポイント5選

粗大ごみ断捨離・片付けブームで、部屋をスッキリさせたい!とお思いの方は少なくないと思います。家電って大きいし重いし、ゴミの分別もわかりにくくて、処分が厄介ですよね。

リサイクルしたい家電や、処分したい家電がある方のために、家電リサイクル法や、家電ごとの処分方法をまとめました。

やり方さえわかってしまえば、家電の処分はあっという間です。処分料金を節約しつつ、うまくいけば収入になる方法もご紹介しますよ。

  1. 家電の種類について
  2. 家電を粗大ゴミとして自治体に回収してもらう
  3. 家電リサイクル法対象品目の処分方法
  4. 家電をリサイクルショップに買い取ってもらう
  5. 家電処分を不用品回収業者に依頼する
  6. 家電の処分・リサイクルについて よくある質問
  7. まとめ

家電を楽に安く処分するために、ぜひぜひこの記事を参考にしてみてください。

1.家電の種類について

家電には、粗大ゴミとして捨てられる家電と、家電リサイクル法および、小型家電リサイクル法にのっとってリサイクルに回さなければならない家電にわかれています。

1-1.粗大ゴミとして処分できる家電

※下記は一例です。自治体のHPなどで確認してください。

  • 扇風機
  • 掃除機
  • 炊飯器
  • ミシン
  • こたつ
  • シーリングライト
  • 電話機
  • 卓上スタンド
  • ホットカーペット
  • ストーブ/ヒーター
  • 加湿器/除湿機
  • 空気清浄器

などは粗大ゴミとして取り扱われる品目です。

電話機や、卓上電気スタンドなどは、サイズは小さいですが粗大ゴミとして捨てる必要があります。ゴミ袋に入るからいって、不燃ゴミとして出してしまうと回収してもらえませんので気をつけてください。粗大ゴミの回収費として200~1,000円程度かかります。

粗大ゴミとして処分された家電がそっくりそのままゴミとして廃棄されることはあまりありません。細かく粉砕して金属を作ったり、使える家電は再利用されたりと、リサイクルの観点に準じた処分がおこなわれます。

1-2.家電リサイクル法対象品目

  • 冷蔵庫/冷凍庫
  • 洗濯機/衣類乾燥機
  • テレビ
  • エアコン

上記4つの家電は、家電リサイクル法の対象品目として指定されており、粗大ゴミとして処分することができません。家電リサイクル法対象品目の家電を処分するには以下の方法があります。

  • 家電リサイクル券を購入したあと回収センターに持ち込む、もしくは回収にきてもらう。
  • 家電量販店などでリサイクル料金を支払って処分してもらう。
  • 不用品回収業者に回収してもらう。

家電リサイクル対象品目の詳しい処分方法は「3.家電リサイクル法対象品目の処分方法」にて後述します。

1-3.小型家電リサイクル法対象品目

小型家電リサイクルの対象品目は、国が指定しています。

  • 携帯電話
  • デジタルカメラ
  • ビデオカメラ
  • オーディオプレーヤー
  • ラジオ
  • ドライヤー
  • アイロン
  • 電話機
  • 炊飯器
  • こたつ
  • パソコン※
  • ディスプレイ※

などなど、です。詳しくは 環境省ホームページ内の表3-1制度対象品目、表3-2特定対象品目を参考にしてください。

ただし、小型家電リサイクル法対象品目の回収・処分は自治体に委任されているので、自治体のルールにのっとって処分する必要があります。たとえば、炊飯器・こたつ・アイロンなどは小型家電リサイクル法対象品目でありながら、自治体によっては粗大ゴミとして回収しているところがほとんどです。

パソコン、ディスプレイなどの家電は、パソコンリサイクル法(資源有効利用促進法)によって、自治体では回収してもらえません。

  • パソコンメーカーに回収を依頼する
  • 家電量販店に引き取りをしてもらう
  • 不用品回収業者に回収を依頼する
  • リサイクルショップに買い取ってもらう

などの方法をとる必要があります。

365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!