見逃したら後悔するパソコンラックの処分・廃棄の方法は?

近年、私たちの生活の必需品となりつつあるパソコン。設置をする際に必要となるのが、『パソコンラック』です。パソコンラックはさまざまな材質を使われていることもあり、どのように処分すればいいのかわからない方も多いでしょう。そこで、今回はパソコンラックの処分・廃棄方法について中心にご紹介します。

  1. パソコンラックの処分について
  2. パソコンラックの処分、自治体での回収
  3. パソコンラックの処分、リサイクルについて
  4. パソコンラックの処分、不用品回収業者への依頼
  5. パソコンラックの処分にまつわる質問

この記事を読むことで、パソコンラックの処分方法について詳しく知ることができます。おすすめの処分方法をご紹介しますので、ぜひ、実践してみてくださいね!

1.パソコンラックの処分について

1-1.パソコンラックとは?

パソコンラックとは、主にデスクトップパソコンを収納することを目的に作られた家具のことです。また、パソコンだけではなく、プリンターやモニター等の周辺機器を収める作りのものもあります。

1-2.パソコンラックは何ごみ?

パソコンラックは基本的に粗大ごみとなります。ただし、多くのパソコンラックは組み立て式ですので、分解して分別することで、不燃ごみや可燃ごみとして捨てることが可能です。天板などの木製部分は可燃ごみ、脚部などの鉄製部分は不燃ごみとして出しましょう。

2.パソコンラックの処分、自治体での回収

2-1.まずはどのように回収されるかを確認しよう

自治体によって分別方法は大きく違います。まずは各自治体のHPを確認して、パソコンラックがどのように回収されるかを確認してください。Aの自治体では粗大ごみだったのに、Bの自治体では不燃ごみで出せるということもあります。

2-2.回収方法

まず、粗大ごみとして回収してもらう場合は、各地域の粗大ごみセンターに連絡して回収依頼をしなければいけません。連絡方法は電話とインターネットの両方から可能です。ただし、インターネットの場合、出せる粗大ごみの数に制限があります。そのため、引っ越しなどの理由でほかにもたくさんの粗大ごみを出さなければいけない場合は、電話で依頼するのが無難です。

2-3.手数料など

不燃ごみや可燃ごみとして出す場合には無料で引き取ってもらうことが可能です。しかし、粗大ごみとして出す場合には一定の料金を支払わなければいけません。料金は処分するものの大きさや品目によって変わってきます。一般的なパソコンラックであれば300円程度でしょう。

2-4.メリット・デメリット

自治体に回収してもらうメリットは処分費用が安いことです。不燃ごみや可燃ごみとして処分するのであれば無料で抑えられますし、粗大ごみとして処分するにしても300円程度という格安で利用ができます。これは、税金によって運営されているため、民間業者に比べて利益を追求する必要がないからです。

デメリットは使い勝手やサービス内容の悪さでしょう。利益を追求していないので、ユーザビリティの面に難があるのです。対応の速さや柔軟性に欠けます。

3.パソコンラックの処分、リサイクルについて

3-1.リサイクルのメリット

一番のメリットは、無駄にならないという点でしょう。誰かに使ってもらえたり、新しい製品に生まれ変わったりするのであればとても有意義ですよね。また、思い出があってただ捨てるには忍びないものを処分する際にも、非常に助かりますよ。

3-2.リサイクルできるもの、できないもの

製品のまま再使用(リユース)の場合、重要なのはできるだけ状態が良いかどうかという点になります。なぜなら、傷が多かったり壊れていたり、汚れがひどいようなものは需要が低いためです。

また、素材として再利用される場合は、主に金属製やプラスチック製、ガラス製など、溶かすことできるものであることが重要となります。そのため、木製などは溶かすことができないので、リサイクルは難しいでしょう。

3-3.リサイクルの方法

3-3-1.自分で行う

あまり知られていませんが、自分でリサイクルすることもできます。代表的な方法としては、ネットオークションやフリーマーケット、広告掲示板などの利用です。

ネットオークションのメリットは、直接の取り引きによる利益の高さでしょう。さらに、入札という売買方法の性格上、入札者が多いと天井知らずに値段が高くなっていきます。ただのごみにしかならないはずのパソコンラックが、ネットオークションであれば思わぬ高値になるかも知れませんよ。ただし、出品手続きや入札者・落札者との交渉やトラブル対応など、面倒な点も多いのがネックです。さらに、入札者がいなければ、買ってもらえません。

フリーマーケットのメリットは、ネットオークションと同じように、直接の取り引きによる利益の高さとなります。デメリットも、やはりネットオークションと同様です。

インターネット掲示板を使った場合のメリットも、やはり直接の取り引きができることが一番に挙げられるでしょう。また、基本的には地元の方との取り引きが中心となるので、場合によっては送料をかけずにすむこともあります。デメリットとしては、直接顔を合わせる可能性があるので、人によっては向かないという点です。また、あまり高い値段だと引き取り手がつかないので、うまく値付けする必要があるという点でしょう。

3-3-2.リサイクルショップに売却する

リサイクルショップに売却する方法もあります。リサイクルショップを利用する場合、基本的には店舗へ持ち込まなければいけません。しかし、最近は宅配や出張も行っていることがあるので、HPを確認してみると良いでしょう。リサイクルショップに売却するメリットは、正規の価格で引き取ってもらえるという点です。ネットオークションなどと違って相手はプロなので、良くも悪くも相場で買い取ってもらえます。

デメリットは、価値がないと引き取ってもらえないという点でしょう。リサイクルショップは買い取ったあとにリセールすることで利益を出します。そのため、リセールができそうにない状態のものは買い取ってもらえません。多少の傷や汚れであれば問題はないでしょう。しかし、製品としての用をなしていないようなものは、たとえタダであっても引き取ってもらえません。たとえば、天板がゆがんで水平にパソコンを設置できないパソコンラックなどは、引き取ってもらうのは難しいでしょう。

3-3-3.不用品回収業者を利用する

不用品回収業者を利用することで、パソコンラックを処分することもできます。不用品回収業者のメリットは、絶対に引き取ってもらえるという点です。ここまでご紹介したリサイクルの方法では、ごみは引き取ってもらえません。価値があるものだけです。しかし、不用品回収業者であれば、ごみも引き取ってもらえます。

3-4.リサイクルする際の注意点

トラブルに巻き込まれないように注意することが大切です。特に、ネットオークションは素行の悪い入札者が多くいます。中には買い取るつもりがないのに入札するような人や、落札して商品が届いているのにもかかわらずお金を払わないような人もいるでしょう。お金のトラブルに注意してくださいね。

4.パソコンラックの処分、不用品回収業者への依頼

4-1.メリット

すでにご紹介したように、1番のメリットは必ず引き取ってもらえるという点です。価値のないものは有料、価値のある者は無料、もしくは買い取りとして引き取ってくれます。しかも、面倒な手続きはありません。電話やインターネットから簡単に依頼ができます。しかも、依頼をすれば自宅まで引き取りに来てくれますので、とても楽に処分が可能です。

4-2.回収方法

回収方法の基本は出張回収です。業者によっては宅配回収や持ち込みを行っていることもあります。

4-3.料金について

不用品回収業者の料金形態は『基本料金』+『商品ごとの単価』となっています。基本料金は3,000円程度です。パソコンラックは1,000円~2,000円程度でしょう。

4-4.業者選びのポイント

業者を選ぶ際のポイントは、複数社から見積もりを取るということが一番に挙げられます。この『複数社』というのがとても重要です。1社からだけ見積もりを取ると、その値段が相場なのかどうかを判断できません。しかし、複数社から見積もりを取れば、平均値を出せるので相場がどのくらいなのかを把握できます。さらに、一番安い業者を見つけることにもつながるのです。

4-5.不用品回収業者を利用する際の注意点

重要なのは、悪徳業者に引っかからないようにするということです。たとえば、貴金属などを無理やり、しかも法外な安値で買い取っていく『押し買い』と呼ばれる悪徳商法を行っている業者がいます。立派な犯罪なので、もしも業者側がしつこく貴金属を欲しがったら、犯罪業者だと思ってすぐに依頼を断りましょう。それでも、しつこいようであれば、消費生活センターや警察に相談することを匂わせてください。それでも、引かないようであれば、思い切って相談することが大切です。

また、『完全無料』などとうたって依頼を受けたにもかかわらず、あとになって難癖をつけて法外な高値の利用料金を請求してくるような悪徳業者も存在します。これも犯罪なので、唯々諾々とお金は払わず、消費者生活センターや警察に相談してみましょう。

5.パソコンラックの処分にまつわる質問

5-1.どの材質のパソコンラックが買い取りに有利ですか?

高級なパソコンラックは、木材を使ったものが多いので、とにかく高く買い取ってもらいたいのであれば木製が有利です。ただし、木製は傷や汚れが目立ちやすいので、状態が悪いと逆に価値が低くなってしまうでしょう。また、使われている木材によって、大きく価値が変わってきます。たとえば、黒檀(こくたん)や紫檀(したん)などの無垢材(むくざい)で作られているものは非常に価値が高くなりますが、合板などでできている場合はほぼ価値がありません。

また、金属は素材が強固なので良い状態を保ちやすくなります。そのため、木材に比べると価値が安定しているのです。逆に、ガラスは傷つきやすいので、高く買い取ってもらえることは難しいでしょう。また、プラスチックは素材の価値が低いので、これまた低くなってしまいます。

5-2.不用品回収業者への見積もりにお金はかかりますか?

業者にもよりますが、多くの業者では無料で見積もりを取ることができます。もちろん、見積もり後に断ることは自由です。ですので、積極的に見積もりを取ってくださいね。

5-3.回収したものを返してもらうことは可能ですか?

業者によってできる場合とできない場合があります。また、できる業者あっても、回収から時間がたっていると断られてしまうことがあるので注意が必要です。ですので、処分する際には必ず捨ててもいいのかをしっかりと吟味しましょう。

5-4.回収日時は指定可能ですか?

多くの業者で可能です。ただし、すでに予約が入っている場合には、指定できないこともあるので注意しましょう。

5-5.悪徳業者に引っかかってしまったらどうすればいいのですか?

一番ポピュラーな方法は、国民生活センター(消費生活センター)の相談窓口に相談する方法です。国民生活センターでは無料で相談を受け付けているので、気軽に相談してみてくださいね。

まとめ

いかがでしたか? パソコンラックを処分する方法は『自治体を利用する』『自分でリサイクルする』『リサイクルショップに売却する』『不用品回収業者を利用する』というのが一般的です。それぞれ特徴が異なりますので、自分にあった方法を選ぶのが良いでしょう。ただし、トラブルには気をつけなければいけません。オークションやフリーマーケットなどで処分する際は、相手も一般人なので良し悪しを見抜く難しいでしょう。しかし、相手が業者の場合は比較的簡単です。複数の会社から見積もりを取ったり、電話での対応が悪くないかを確認しておいたりしておくと良いでしょう。今回の情報を参考にして、ぜひトラブルのない処分を成功させてくださいね。

365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!