パソコンの寿命は何年?寿命が近いと出る故障内容を知っておこう!

日常生活と仕事に必要不可欠となったパソコンは、家電製品と同じように寿命が存在するのです。何年くらいで寿命を迎えるのか考えたことはありますか?フリーズする回数が増える・性能が悪くて動作が遅いなど、作業に時間がかかってストレスに感じることもあるでしょう。
不具合が多くなってくると考えるのは、パソコンの買い替え。寿命が近くなると、さまざまな症状が出てきます。故障内容の中には修理で改善するケースもあれば、部品がなく交換できないものもあるはずです。
パソコンの買い替えを検討している方は、この記事を参考にしてみてください。

  1. パソコンの寿命
  2. パソコンの寿命が近いと起こる故障内容
  3. パソコンの処分方法
  4. まとめ

1.パソコンの寿命

パソコンは、使用環境によって寿命は異なります。しかし、パソコンはほかの家電製品に比べ、寿命が短いといわれているもの。寿命を知っておくと、突然使えなくなってデータが消失してしまうトラブルを回避することができるでしょう。

1-1.5年が一般的

故障したから、すぐに寿命に結びつけるのは誤りです。中には、ソフトウェアのアップデートが遅れたことで起動しなくなるケースもあります。
パソコンの寿命として基準にしているのは、ハードディスクの故障です。ハードディスクはパソコンを動かす核で、データを保存する場所でもあります。パソコンを起動するために、最も重要なポイントなのです。
ハードディスクの故障は、修理が難しいとされています。不具合が発生する目安は、5年が一般的です。5年を経過してハードディスクに不具合が頻発するようなら、買い替え時期を迎えていると捉(とら)えた方がいいでしょう。
頻回にトラブルが発生する場合、データを事前に別のハードディスクなどに移行しておくと安心です。

1-2.高温多湿な環境は劣化が激しい

使用環境で大きく寿命が異なるパソコン。家電製品の中でも、パソコンはとてもデリケートなもの。適切な使用環境で、定期的なメンテナンスを維持していれば、5年以上使えるケースも珍しくありません。
長持ちしている方でも最新のソフトウェアが使えないなどのデメリットもあります。パソコンの機能性に問題を感じ始め、買い替えを検討するきっかけになっているのです。
パソコンは、高温多湿の環境を嫌います。真夏に炎天下の車内で使う・湿度が高い状態を避けるなど、使用環境を見直すことで寿命を延ばすことができるでしょう。

365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!