同棲を始めるなら知っておこう!居心地のよい部屋を作る「収納のコツ」について

1人暮らしをしていた2人が同棲を始める場合、いろいろと悩みごとが出てくるものです。
その中の1つが、収納について。
「同棲を始めたら部屋の中が雑然としてきた」という悩みを持つ人はたくさんいます。
それぞれの必要なものや好きなものを1つの部屋に収めるわけですから、当然の悩みでしょう。
結婚生活の予行演習として同棲を始める場合は、この機会に収納上手になっておきたいものですよね。

  • 同棲を始めたばかりで収納に困っている
  • 同棲生活の収納術を知りたい
  • 収納のコツとは?

そんな人たちのために、同棲生活の収納術や収納スペースが足りない場合の対処法をまとめてみたいと思います。

目次

  1. 同棲生活の収納術
  2. 収納スペースが足りない場合の対処法
  3. まとめ

1.同棲生活の収納術

何かと問題の多い同棲生活における収納について、そのコツやポイントをまとめてみましょう。

1-1.コツは「適材適所」

同棲生活をスムーズにすすめるためには、「居心地のよい空間」を作り出すことが大切です。今はお互いが働いていても、結婚すれば専業主婦になる女性も多いでしょう。
1日中仕事をして帰ってきた男性の疲れを癒(い)やすためにも、居心地のよい部屋を作り出すコツを知っておく必要があります。
結婚してからも、部屋の掃除は女性の役割になる場合がほとんどなのです。
では、居心地のよい空間を作り出すためにはどうしたらよいのでしょうか。

  • 部屋がまるでゴミ屋敷のように散らかっている
  • ものが多すぎて歩くスペースがない
  • どこに何がしまってあるのか分からない

そのような部屋では、決してくつろぐことはできませんよね。
まずは、片付けのコツを知ることです。
日常生活においてものを整理しやすく、散らかりにくい部屋にすることを目指しましょう。
コツは「使うべき場所に使うべきものが配置してある」こと。
使いたいときに使いたいものがある、片付けたいときに収納するものがある、という状況は、部屋を散らかりにくくします。
毎日のように使うものは取り出しやすい場所に配置する、あまり使わないものは奥の方にしまうなど、収納にもコツが必要なのです。

1-2.身近なものを収納グッズに

最近はさまざまな収納グッズが売っています。
しかし、わざわざ購入しなくても、身近なものを収納グッズとして使う方法はいくらでもあるのです。
たとえば、ジャムや調味料の瓶などは、見た目が可愛(かわい)らしくて捨てるのがもったいないものが多くなっています。
そういったものに輪ゴムやヘアピンなど、散らかりやすいものを収納してしまいましょう。
100ショップに売っているカゴなどを使用すればおしゃれに収納することも可能です。
何かと散らかりやすい同棲生活だからこそ、今のうちに収納術を身につけておくべきでしょう。

1-3.収納の注意点

価値観の違いから、同棲後にもめるカップルは非常に多くなっています。
引っ越し前にしっかりと話し合っておくことが大切です。
お互いが1人暮らしをしていた場合、家具や家電は一とおりそろっているでしょう。
そのすべてを持ってきてしまうと、部屋が狭くなってしまいますよね。

  • その家に足りないものだけ持ち込む
  • クローゼットや押し入れはお互いの場所を割り振る
  • 入りきらないものはあらかじめ処分する
  • どちらの家具を使うか決めておく

以上が、話し合いのポイントです。
中には、相手が理解できないようなコレクショングッズなどを持ち込みたがる人もいるでしょう。
しかし、大切なのは「2人にとって居心地のよい空間」を作り出すこと。
お互いの意見を尊重しながらも、相手への配慮を忘れてはいけません。

2.収納スペースが足りない場合の対処法

では、同棲を始めてみて収納スペースが足りないと気づいた場合、どう対処すればよいのでしょうか。

2-1.不用なものを処分する

収納スペースが足りない場合は、空間や壁を使った収納方法を試してみるのも1つの方法です。
しかし、狭い部屋では余計に雑然として見えてしまうこともあるでしょう。
そんなときは、ものを処分して減らすしかありません。
もともと、必要なもの以外は持ち込まないのが同棲の基本。
そうは言っても「暮らしてみてから収納スペースが足りないことに気づいた」ということもありますよね。
まずは、自分にとって「必要なもの」と「不要なもの」を再度確認するようにしてください。
どんなに高価なものでも、1年以上使っていないものはあなたにとって「不要なもの」です。
潔く処分する覚悟を決めましょう。
処分方法は、捨てるだけではありません。
状態がよく捨てるのがもったいないものは、リサイクルショップやネットオークションなどを利用して売ることも考えてみましょう。

2-2.トランクルームを借りる

「使わないけれど処分したくないもの」「今は使わないけれどいずれ使うもの」などは、無理に処分する必要はないでしょう。
トランクルームを借りて、一時的に荷物を預ける方法もあります。
トランクルームにもさまざまなタイプがありますが、セキュリティーのしっかりしたところや、温度・湿度の管理が整っているところを選ぶと安心です。
好きなときに出し入れできるのがトランクルームのメリット。
できるだけ自宅から近い場所で借りるのがおすすめです。

2-3.不用品買い取りサービスを利用する

「この機会に不用品をまとめて処分したい」という人におすすめなのが、不用品回収や買い取りサービスを利用すること。
低価格で不用品を回収してくれると同時に、状態のよいものは買い取ってもらえる可能性もあるでしょう。
電話1本で自宅まで引き取りにきてくれるため、重い荷物を運ぶ必要もありません。
即日対応の業者もあります。
「今すぐ不用品を処分したい」という人に大変おすすめですよ。

3.まとめ

同棲生活の収納術についてご紹介しました。

  • 同棲生活の収納術
  • 収納スペースが足りない場合の対処法

「同棲を始めたばかりで収納に困っている」「同棲生活の収納術を知りたい」という人は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!