衣類乾燥機の正しい処分方法と捨て方のコツを徹底解析!

「衣類乾燥機を処分したいけれど方法がわからない」「粗大ゴミとして出せるのか?」など、衣類乾燥機の処分で悩んでいる方は多いでしょう。捨て方を間違えると、業者や自治体との間でトラブルになる恐れがあります。スムーズに処分するためにも正しい捨て方について知ることが大切です。そこで本記事では、衣類乾燥機の基礎知識から家電リサイクル法・処分方法・注意点などを詳しく説明します。

  1. 衣類乾燥機を処分する前に知るべきこと
  2. 衣類乾燥機と家電リサイクル法について
  3. 家電リサイクル料金について
  4. 衣類乾燥機の処分方法~買い替えの場合
  5. 衣類乾燥機の処分方法~自分でする場合
  6. 衣類乾燥機の処分方法~リセールする場合
  7. 衣類乾燥機の処分方法~回収業者に依頼する場合
  8. 衣類乾燥機の処分にかんしてよくある質問

この記事を読むことで、衣類乾燥機を正しく処分するために必要な情報を手に入れることができます。処分を考えている方や悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。

1.衣類乾燥機を処分する前に知るべきこと

正しい方法で処分するためには、衣類乾燥機の寿命やゴミの分類など基本情報を把握することが大切です。それでは、早速見ていきましょう。

1-1.衣類乾燥機の寿命について

衣類乾燥機の寿命はおよそ6年~7年といわれています。使用頻度が多いほどモーターの稼働する機会も増えるため、寿命が短くなる可能性が高いのです。また、メーカーの部品保有期間は製造中止後から最低6年間とされています。

1-2.衣類乾燥機に多い故障とは?

衣類が乾かない・運転が途中で止まる・異音がするなどが衣類乾燥機によくある故障内容です。あまりにも故障が目立ち始めたら寿命と考えたほうがいいでしょう。不具合を放置してしまうと、さらに悪化する恐れがあるため、メーカーや専門業者に相談してください。

1-3.修理するか、廃棄するか?

不具合が起きた際、修理するか、それとも廃棄するかで悩むでしょう。そのときは使用年数を基準に決めるといいですよ。使用年数が6年以上経過している場合、修理したくても部品がそろわない可能性があります。部品がないと修理は不可能なので廃棄することになるでしょう。たとえ、修理できたとしても寿命が近づいているため、再び壊れる可能性もあります。

1-4.衣類乾燥機は何ゴミか?

衣類乾燥機は家電リサイクル法の対象品目に含まれているため、自治体では処分できません。勝手にゴミ捨て場に持って行ってしまうと、トラブルの原因になります。小型の衣類乾燥機でも同じです。ゴミではなく、資源としてリサイクルされます。

2.衣類乾燥機と家電リサイクル法について

それでは、衣類乾燥機と家電リサイクル法について詳しく説明しましょう。

2-1.家電リサイクル法の概要

家電リサイクル法は、一般家庭から排出された家電製品をリサイクルする取り組みです。家電製品にはレアメタルや銅など有用資源が多く含まれています。再資源化できる部品をそのまま捨てるのは非常にもったいないことです。そこで、リサイクルを徹底するために家電リサイクル法という法律が2001年4月1日から施行されました。

2-2.家電リサイクル法の目的

家電リサイクル法の目的はゴミの減量と資源の有効利用です。小売業者は排出者から引き取りと製造業者への引き渡し、製造業者は引き取りとリサイクルという役割を徹底させる目的も持っています。それぞれが持つ役割をきちんと担うことで、家電リサイクル法が成立する仕組みです。

2-3.家電リサイクル法の必要性

家電リサイクル法が制定されるまで、家庭から排出される家電はすべて埋め立て地で廃棄されていました。土地が狭い日本では埋め立て地で処理できる量が限られており、廃棄物の処理にもお金がかかります。環境や経済のためにも、家電リサイクル法は必要なのです。

2-4.家電リサイクル法の対象品目とは?

家電リサイクル法の対象品目は、衣類乾燥機のほかにも洗濯機・冷蔵庫・冷凍庫・エアコン・テレビがあります。対象品目となっている家電は自治体のゴミとして捨てることができません。きちんと法律で決められた方法で処分する必要があります。

3.家電リサイクル料金について

対象品目の家電をリサイクルするためには、料金を支払わなければなりません。リサイクルにかかる料金について詳しく説明しましょう。

3-1.リサイクルにかかる料金

リサイクル料金は業者や家電の種類によって異なります。大まかな料金は、およそ1,000円~5,000円です。大型家電であるほどリサイクル料金は高くなるので注意してください。メーカーのリサイクル料金一覧は一般社団法人家電製品協会家電リサイクル券センターのホームページでチェックできます。

3-2.衣類乾燥機のリサイクル処分にかかる料金

衣類乾燥機のリサイクル料金は、およそ2,300円~3,000円です。ただし、収集運搬料が必要になるため、数千円上乗せされることもあります。収集運搬料は自治体や小売業者によって異なるので、処分する前に見積もりは必ず確認しておかなければなりません。

3-3.必要な書類

衣類乾燥機の処分には、リサイクル料金のほかに家電リサイクル券が必要です。家電リサイクル券はリサイクル料金を小売業者に支払うか、または郵便局に支払うことで手に入れられます。それぞれの方法については下記をチェックしてください。

<料金販売店回収方式>

  • 郵便局で家電リサイクル券用紙に必要事項を記入し、リサイクル料金を振り込む
  • 支払い後、家電リサイクル券・振替払込請求書兼受領書・振替振込受付証明書をもらう
  • 小売業者または自治体に収集・運搬を支払い、引き取ってもらう
  • 家電リサイクル券の写しの交付をもらい完了

<料金販売店回収方式>

  • リサイクル料金と収集・運搬料金を小売業者に支払う
  • 廃棄物を引き取ってもらう
  • 家電リサイクル券の写しの交付をもらい完了

4.衣類乾燥機の処分方法~買い替えの場合

新しい衣類乾燥機に買い替える場合、下取りという選択肢もあります。下取りとはどのような方法なのか、メリット・デメリットも踏まえつつ説明しましょう。

4-1.販売店・メーカーによる下取り

家電の販売店では、衣類乾燥機の下取りをおこなっているところがあります。下取りとは、新しい衣類乾燥機を購入する代わりに古いものを買い取り、購入額から買取額を差し引く方法です。しかし、必ずしもすべての品物が下取りに出せるわけではありません。発売月日から結構経過しているものや古いもの、壊れているものは下取りできない可能性があります。また、ほとんどのメーカーでは下取りをおこなっていません。下取りしている店舗も少ないでしょう。

4-2.メリット・デメリット

下取りは購入と処分が同時にできるメリットを持っています。また、買い取り額が高いほど新商品を安く購入できるでしょう。ただし、下取りをおこなっているお店が少ないこと、古いものは下取りしてもらえないことがデメリットです。また、下取りサービスをしているお店でも、発売されてから1~2年以内のものなど条件が決まっているところもあります。

5.衣類乾燥機の処分方法~自分でする場合

衣類乾燥機を自分で処分する場合、家電リサイクル券を購入する方法があります。詳しく説明していきましょう。

5-1.指定引き取り場所へ持ち込む

自分で処分する場合は郵便局でリサイクル料金(家電リサイクル券の購入)を支払い、家電指定引き取り場所へ持ち込む方法があります。家電指定引き取り場所は市内に1か所だけなど、決められているため事前に自治体のホームページなどで確認しておきましょう。どうしても運べない場合は、引き取りにきてもらう方法もあります。

5-2.手数料について

家電指定取り引き場所へ持ち込む場合、運搬手数料は発生しません。しかし、引き取りに来てもらう場合は運搬手数料が必要になるため、必ず確認しましょう。また、必ずしもすべての自治体が引き取り可能なわけではありませんので注意してください。

5-3.メリット・デメリット

持ち込みによる処分のメリットは、最低限の費用で処分できることです。支払いはリサイクル料金だけで済みますし、正規の方法で処分できる安心感もあります。一方、デメリットは自分で運搬しなければならないことです。衣類乾燥機は重いので1人で運ぶのは大変でしょう。せめて2人は必要です。手間と時間がかかることがデメリットといえます。

6.衣類乾燥機の処分方法~リセールする場合

まだ、衣類乾燥機が利用できる場合、リセールする方法もひとつの選択肢です。買い取りしてもらえる衣類乾燥機やリセールの方法など詳しく説明しましょう。

6-1.買い取りしてもらえる衣類乾燥機とは

基本的に、状態が良いものです。正常に稼働できるもの、新品状態に近いものは高く買い取ってもらえます。逆に、古いものや故障・不具合が起きている品物は買い取ってもらえません。また、パナソニック日立リンナイなどの人気メーカーは高く売れる可能性があります。

6-2.リサイクルショップ

リセールできる場所として最もポピュラーなのがリサイクルショップです。街中にはリサイクルショップが多数存在しています。衣類乾燥機などの家電から衣類・ブランド品・アクセサリー類・おもちゃ・楽器など幅広い商品の買い取りをおこなっているお店です。しかし、アルバイトが査定することもあるため、適切な値段で売れるとは限りません。また、自分で運搬しなければならないのもデメリットのひとつです。

6-3.ネットオークション

ネットオークションは希望価格を自分で設定できます。買い手が見つかればすぐに売ることができるでしょう。しかし、梱包(こんぽう)して送らなければならない、取り引き相手とのトラブルが起きることもあるなどのデメリットもあります。最近、よく起きているトラブルは「落札後にクレームをつけられ、返金を求められた」「品物を送ったのにお金が振り込まれなかった」などです。

7.衣類乾燥機の処分方法~回収業者に依頼する場合

自分で運べない、手間と時間をかけたくない方は回収業者がおすすめです。業者による回収方法とメリット・デメリットなどについて説明しましょう。

7-1.回収方法と料金

業者の回収方法は、出張回収です。直接店舗に持ち込む方法もありますが、スタッフが自宅にやってきて回収してくれる出張回収も選択できます。特に、衣類乾燥機など重い家電は出張回収が最適です。運搬から処分まですべて業者がおこないます。回収料金は、業者によって異なるでしょう。不用品回収をおこなっている「ダストマン」は、品物ごとに定められた片づけ・整理料金のほか、基本料金3,150円を頂戴しております。衣類乾燥機の処分料金は3,150円となるため、合計6,300円です。具体的な料金にかんしては見積もりでご確認ください。

7-2.メリット・デメリット

大きなメリットは手間と時間がかからないことです。即日対応可能な業者なら、連絡すればすぐにかけつけてくれます。引っ越しなどすぐに処分したいときでも安心です。また、衣類乾燥機以外にも処分したい不用品があれば、まとめて処分できます。ダストマンでは、個別プランだけでなく、定額パックプランも用意しており、大量処分も対応可能です。処分費用がかかるデメリットはありますが、まとめて処分すれば費用を最低限に抑えることができますよ。

7-3.業者選びのポイント

どこの業者に依頼すればいいのか迷ったときは、以下のポイントに注目してください。

  • 丁寧かつスピーディーな対応か
  • 即日対応が可能か
  • 古物商許可を取得しているか
  • 料金体系が明確になっているか
  • ホームページに住所と固定番号が記載されているか
  • 見積もり内容に不備がないか
  • 定額パックプランなどサービスが充実しているか

7-4.無料回収業者について

「今だけ無料で回収!」という誘い文句でお金をだまし取る不良業者がいます。中には悪質な業者もいるので注意しなければなりません。無料で処分できるからと簡単に依頼してしまうと、後で追加料金を請求される恐れがあります。また、回収後、不法投棄されていたというトラブルも起きているのです。正しく処分するためにも、なぜ無料回収ができるのか、理由が明確になっているかをチェックしてください。理由が明確になっている無料業者は安心して依頼できます。

8.衣類乾燥機の処分にかんしてよくある質問

衣類乾燥機の処分にかんしてよくある質問を5つピックアップしてみました。

8-1.衣類乾燥機の買い取り額はいくらか?

衣類乾燥機の買い取り額は店舗や品物の状態によって差が出てきます。状態が良く、人気メーカーであれば、1万円~売れる可能性もあるでしょう。基本的に買取額は販売価格の5%です。ただし、状態が悪いものは買い取り額がつかないこともあります。

8-2.高額買い取りのポイントとは?

査定に出す前に、できるだけキレイに掃除をしてください。汚い衣類乾燥機よりもキレイな状態のほうが好印象です。また、購入時についてきた取扱説明書などの付属品も一緒に出してください。付属品の有無だけで買い取り額が変わる可能性もあります。

8-3.衣類乾燥機の売りどきは?

具体的な売りどきはありませんが、できるだけ早めに売ったほうがいいです。衣類乾燥機などの家電は製造月日から経(た)つほど買い取り額が下がります。5年以上経過している家電は、ほとんど買い取り額がつきません。そのため、売ろうと思ったときにすぐ売ってください。

8-4.不用品回収業者は買い取りもできるのか?

不用品回収業者の中には回収と同時に買い取りをおこなっているところもあります。まとめて不用品を処分すれば、処分費用から買い取り額を差し引くことができ、安い費用で処分できるでしょう。買い取りもできる業者に依頼したほうが効率的です。

8-5.見積もりは無料か?

ほとんどの業者は無料見積もりを受けつけています。買い取りできるかわからないものや処分費用が気になる方は、無料見積もりを利用してください。見積もりを利用すれば必ず契約しなければならないわけではありません。ダストマンも無料見積もりを受けつけているので、ぜひご依頼ください。

まとめ

いかがでしたか? 衣類乾燥機は家電リサイクル法の対象商品に含まれているため、自治体のゴミとして処分することはできません。家電リサイクル券を購入して処分する・販売店で下取りしてもらう・リサイクルショップなどで売る・不用品回収業者に依頼する方法のどれかになるでしょう。それぞれのメリット・デメリットを把握したうえで、自分のライフスタイルに合った処分方法を選択してくださいね。きちんと正しい処分方法とポイントを押さえておけば、スムーズに処分できます。

365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!