【必読】衣類乾燥機の正しい処分方法と捨て方のコツを徹底解析!

「衣類乾燥機を処分したいけれど方法がわからない」「粗大ゴミとして出せるのか?」など、衣類乾燥機の処分で悩んでいる方は多いでしょう。捨て方を間違えると、業者や自治体との間でトラブルになる恐れがあります。スムーズに処分するためにも正しい捨て方について知ることが大切です。そこで本記事では、衣類乾燥機の基礎知識から家電リサイクル法・処分方法・注意点などを詳しく説明します。

  1. 衣類乾燥機を処分する前に知るべきこと
  2. 衣類乾燥機と家電リサイクル法について
  3. 家電リサイクル料金について
  4. 衣類乾燥機の処分方法~買い替えの場合
  5. 衣類乾燥機の処分方法~自分でする場合
  6. 衣類乾燥機の処分方法~リセールする場合
  7. 衣類乾燥機の処分方法~回収業者に依頼する場合
  8. 衣類乾燥機の処分にかんしてよくある質問

この記事を読むことで、衣類乾燥機を正しく処分するために必要な情報を手に入れることができます。処分を考えている方や悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。

1.衣類乾燥機を処分する前に知るべきこと

正しい方法で処分するためには、衣類乾燥機の寿命やゴミの分類など基本情報を把握することが大切です。それでは、早速見ていきましょう。

1-1.衣類乾燥機の寿命について

衣類乾燥機の寿命はおよそ6年~7年といわれています。使用頻度が多いほどモーターの稼働する機会も増えるため、寿命が短くなる可能性が高いのです。また、メーカーの部品保有期間は製造中止後から最低6年間とされています。

1-2.衣類乾燥機に多い故障とは?

衣類が乾かない・運転が途中で止まる・異音がするなどが衣類乾燥機によくある故障内容です。あまりにも故障が目立ち始めたら寿命と考えたほうがいいでしょう。不具合を放置してしまうと、さらに悪化する恐れがあるため、メーカーや専門業者に相談してください。

1-3.修理するか、廃棄するか?

不具合が起きた際、修理するか、それとも廃棄するかで悩むでしょう。そのときは使用年数を基準に決めるといいですよ。使用年数が6年以上経過している場合、修理したくても部品がそろわない可能性があります。部品がないと修理は不可能なので廃棄することになるでしょう。たとえ、修理できたとしても寿命が近づいているため、再び壊れる可能性もあります。

1-4.衣類乾燥機は何ゴミか?

衣類乾燥機は家電リサイクル法の対象品目に含まれているため、自治体では処分できません。勝手にゴミ捨て場に持って行ってしまうと、トラブルの原因になります。小型の衣類乾燥機でも同じです。ゴミではなく、資源としてリサイクルされます。

365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!