衣類を捨てる基準が知りたい! そんなときに役立つポイントについて

1.衣類を捨てる際の判断基準は?

クローゼットなどに色々な衣類が溢(あふ)れている場合、どれを捨てればいいのか、判断基準に悩む人は多いようです。そこで、衣類を処分するときに役立つポイントをご紹介しましょう。

1-1.1年以上着てなかった服

ドレスや喪服など、特別なときに着る服以外で1年以上着ていない服を探してみましょう。そのような服はつまり、どのシーズンでも着用しなかったことになりますから、今後も着る機会が来ないといえます。そのような服でもつい、「いつか着るかもしれないし…」という思考になりやすいですが、それこそ服を無駄に増やしてしまう原因です。1年以上着ていない服は、思いきって捨ててしまうようにしましょう。

1-2.寿命が来ている服は捨てる

よく着回しているものやお気に入りのもの、毛玉ができやすい服は寿命が来るのも早いです。毛玉が多すぎて見た目が悪くなってしまっているものや、漂白剤でも落とせないシミができてしまったもの、穴があいたものなど寿命が来ている服もどんどん捨てていきましょう。

1-3.コートは寿命が早い

ぱっと見は頑丈そうなイメージのあるコートですが、実は寿命が短いものが多いです。しっかりしたものでも、すぐに毛玉だらけになってしまったり、シルエットが悪くなってしまったりします。そのため、見た目が悪くなってしまったコートはどんどん捨てるようにしましょう。基本的にワンシーズンで3着所有していればOKです。

2.どうしても衣類が捨てられない場合の対処法

そもそも衣類が多すぎてなかなか捨てるに捨てられない人、もったい無くてなかなか処分できない人もいるでしょう。そんな場合は、次のようなことを習慣化してできるだけ衣類を減らしていくようにすることをおすすめします。

2-1.新しく衣類を購入したら、その数処分する

流行(りゅうこう)を追いかけるのが好きな人や、新しい衣類を購入するのが好きな人は、いつの間にか衣類がしまいきれない状態に陥りがちです。そこで、新しい衣類を購入したら、その数分家にある衣類を処分することを習慣にしましょう。こうすれば、もうそれ以上衣類が増えてしまうこともないため、安心です。

2-2.似ている衣類はどちらかを処分する

色々な衣類を所有していると、中には似たようなものが増えてしまうこともあるでしょう。人間は基本的に、好みに合った服を選ぶ傾向にあります。そのため、購入する服が似たようなものばかりになってしまうことは、起こりやすいのです。同じような服が複数あっても意味がなくなってしまいますね。また、似たような服だと着なくなってしまう可能性も高くなるでしょう。似たような服はどちらかを処分するようにしていくことで、着回しもオシャレにしていきやすくなります。

2-3.着られなくなってしまった服は処分してしまおう

ストレスや何らかの事情で太ってしまったり、反対に痩せてしまったり…。人間は生きていれば、そのような状況に遭遇してしまうこともあるでしょう。そうなったとき、それまで着られていた服が着られなくなってしまいます。特にお気に入りの服だったりすると、「いつかは着られるようになるはず…」と、とっておいてしまいがちです。しかし、そういう気持ちからとっておいてしまうと、クローゼットにはどんどん服がたまっていってしまいます。そのため、体型が変わって着られなくなってしまった服は思いきって処分してしまうようにすると良いでしょう。

みんなの評価 
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 投票, 評価平均値: 4.00)
Loading...
※5段階の簡単評価です。★を選択することで誰でも簡単に評価できます。
365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!