不要になった衣装ケースを処分する方法とリサイクルのメリットを紹介

2.衣装ケースを粗大ゴミとして処分

自分で捨てる場合は、自治体回収を利用するのが一般的です。メリットやデメリット、費用などについて解説しましょう。

2-1.粗大ゴミに出す方法

衣装ケースは粗大ゴミか可燃ゴミになります。サイズによって分類されるため、大きめのものだと粗大ゴミとして捨てることになるでしょう。手順としては、まず問い合わせをして回収の日時と場所・料金を確認します。コンビニや郵便局で販売されている処理券を購入し、衣装ケースに貼り付けて指定の場所に運んでおくと回収してもらえるという流れです。

2-2.回収場所まで自分で運ぶ

回収場所が決められるため、自分でそこまで運ぶ必要があります。衣装ケースは軽いので1人でも運ぶことが可能な場合が多いでしょう。しかし、大きめのサイズだと運ぶのが大変になることもあります。事前にどうやって運び出すか考えておいた方がよいでしょう。

2-3.サイズはしっかり測っておくこと

自治体によって粗大ゴミのサイズは決められています。事前に調べておき、サイズを測っておきましょう。幅と長さ・高さをメモしておくと便利です。

2-4.費用は数百円程度

この場合にかかる料金は数百円です。ほとんどの自治体が500円以内で済むでしょう。その料金分の処理券を購入しておいてください。もし可燃ゴミや資源ゴミとして廃棄できる場合は、専用のゴミ袋の料金だけしかかかりません。

2-5.メリットとデメリット

自治体を利用するメリットは、安心感と安さでしょう。相手は自治体ですから、安心して処理をお任せすることができます。また、数百円で処分できるのも大きなメリットですよね。デメリットとしては、自分で回収場所まで運ぶ必要があるということと、回収の日時が指定されてしまうという点でしょう。「すぐに処分したい」という人は、別の方法を考えるべきです。

3.衣装ケースの処分とリサイクル

次に、リサイクルについて考えてみましょう。リサイクルが可能な衣装ケースやリサイクルショップに買い取りしてもらう方法、メリットなどを解説します。

3-1.リサイクルが可能な衣装ケースとは?

プラスチックが割れていたりひびが入ったりしている衣装ケースは、買い取りしてもらえません。リサイクルショップが買い取ってくれるのは、あくまでも商品として再び売れるものだけです。比較的状態のよいものや無印良品などブランドものの衣装ケースなどは高く買い取ってもらえる可能性があるため、持ち込んでみるとよいでしょう。

3-2.リサイクルショップに買い取りしてもらう方法

近所にリサイクルショップがあれば直接持ち込んでみましょう。その場で査定してもらえるため「すぐに売って現金が欲しい」という人におすすめです。ただし、状態が悪いものは買い取り不可となり、再び家に持ち帰らなければなりません。大量の衣装ケースを持ち込む場合は、事前に問い合わせて確認しておくのがおすすめです。

3-3.メリットとデメリット

リサイクルショップを利用するメリットは、何と言っても手軽さでしょう。誰でも簡単に利用できるため「売りたい」と思ったらすぐ行動できます。しかし、買い取ってもらえなかった場合は無駄な手間になってしまうという点がデメリットです。また、高額査定は期待しない方がよいでしょう。

365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!