不要になった衣装ケースを処分する方法とリサイクルのメリットを紹介

衣装ケースの処分方法を知っていますか? オフシーズンのものや増えすぎた洋服を収納するために役立つ衣装ケース。とても便利なものですが多すぎると邪魔になってしまいますよね。「洋服タンスを買ったのでもういらない」「引っ越すので不要になった」ということもあるのではないでしょうか。プラスチックでできていることもあり「どうやって処分するのか分からない」という人も多いと思います。実はリサイクルできるものもあるのですよ。不要になった衣装ケースをお得に処分できるチャンスでしょう。

この記事では、衣装ケースを自分で捨てる方法と業者にお願いする方法、リサイクル方法などをまとめてご紹介します。

  1. 知っておくべき、衣装ケースの捨て方
  2. 衣装ケースを粗大ゴミとして処分
  3. 衣装ケースの処分とリサイクル
  4. 衣装ケースの処分を業者に依頼しよう
  5. 衣装ケースの処分にかんするよくある質問

この記事を読むことで、衣装ケースをどのように捨てればよいのかが分かります。使わなくなった衣装ケースをまとめて処分してすっきりしましょう。

1.知っておくべき、衣装ケースの捨て方

衣装ケースを捨てる際、まず疑問なのが「何ゴミなのか?」ということだと思います。自治体を利用する場合のルールについてご紹介しましょう。

1-1.何ゴミなのか?

衣装ケースは粗大ゴミとして捨てられる自治体がほとんどです。しかし、自治体によって違いはあります。細かくすれば可燃ゴミになる自治体もあるので確認してみてください。ただし、プラスチックを可燃ゴミとしていないところもあるため注意しましょう。カットするための道具はホームセンターなどに売っていますが、ケガをしないように十分気をつけて作業を行ってください。

1-2.どんなものが「粗大ゴミ」になるのか?

粗大ゴミとなるものには、家具や寝具・スポーツ用品・電気・石油器具などがあります。衣装ケースはこのうち「家具」に分類され、粗大ゴミとして捨てることが可能です。ただし、何cmまでが粗大ゴミ扱いになるかは自治体によって異なるため、事前に確認が必要になります。自治体のホームページに記載されている場合もあるのでチェックしてみてください。

1-3.プラスチックゴミについて

衣装ケースはプラスチックゴミだと思う人もいるでしょう。実はプラスチック類についても、自治体によって処分方法はさまざまです。たとえば、プラスチックを可燃ゴミに分類する自治体もあれば、30cmより大きいサイズのものは粗大ゴミ、ペットボトルは資源ゴミというように分類している自治体もあります。ペットボトルはリサイクルが可能ですが、キャップやラベルは可燃ゴミになるため、仕分けする際は注意しましょう。

365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!