掃除は習慣化した方が楽? その理由と方法をズバリ解説!

すっきりと片づいた部屋は気持ちがよいものです。毎日掃除を行えば、ホコリや汚れもたまりにくく、いつもきれいな部屋で過ごすことができるでしょう。しかし、毎日掃除をするのは大変と悩んでいる人も多いと思います。でも、掃除を習慣化させてしまえば、毎日掃除を自然と行えるようになるでしょう。
そこで、今回は掃除を習慣化する方法を紹介します。

  1. 掃除がおっくうになる理由
  2. 掃除の重要性と掃除をしないデメリット
  3. 掃除を習慣づける方法
  4. 掃除の習慣に関するよくある質問
  5. おわりに

この記事を読めば、手際よく掃除をするコツも分かります。毎日の掃除がおっくうと感じている人は、ぜひ読んでみてくださいね。

1.掃除がおっくうになる理由

掃除がおっくうになる理由には、主に以下のような理由があります。

  • 部屋が散らかっていて、掃除をするまでの片づけに時間がかかる
  • いちど掃除を始めると、すみずみまでやるので時間がかかってしまう
  • 掃除用具を出すのが面倒くさい
  • 仕事が忙しく、掃除のための時間が取れない
  • 部屋が汚れており、ちょっと掃除をしたくらいではきれいにならない
  • 掃除をする場所がたくさんありすぎて、どこから手を付けていいか分からない

2.掃除の重要性と掃除をしないデメリット

家は、使っているとどうしても汚れていきます。特に、トイレ・浴室・洗面所などの水回りとキッチンは汚れやすく、掃除してもなかなか完全にきれいにはなりません。また、ホコリがたまりすぎたりカビが生えたりすると、アレルギーを発症する危険もあります。
さらに、散らかった家では必要なものがすぐに取り出せません。そのため、同じものをいくつも買うことが多く、ますますものが増えてしまうでしょう。そうなると、より掃除をする威力も亡くなってしまいます。なお、賃貸住宅の場合は、あまり汚れすぎていると敷金から清掃費用を引かれてしまうこともあるでしょう。つまり、定期的な掃除は経済的にも健康的にも重要なのです。

3.掃除を習慣づける方法

この項では、掃除を習慣化する方法を紹介します。ぜひ、参考にしてください。

3-1.ものの置き場所を決める

掃除の基本はものを片づけることです。常に床やテーブルの上がすっきりと片づいていれば、掃除機やぞうきんがけをするのも簡単でしょう。ものを片づけるには、ものの置き場所を決めておくことが大切です。よく使うものは、とりあえずテーブルの上へ、という習慣をやめるだけでも違います。また、床の上へ無造作にものを置いてはいけません。床にものがたくさんあると、歩くのも大変になります。どうしても収納スペースに入りきらないという場合は、持ちものを見直して不要なものを処分しましょう。どうしても収納スペースが足りないという場合は、トランクルームなどを利用してください。

3-2.汚れやすい場所だけを掃除する

前述したように、家には汚れやすい場所があります。キッチンや水回りなど汚れやすい場所だけでも、掃除する習慣をつければ、だいぶ違うでしょう。広い家でも、水回りとキッチンだけならば、30分以内に掃除ができるはずです。1日30分程度ならば、毎日掃除ができます。

3-3.使うついでに掃除をする

たとえば、キッチンならばお皿洗いをした後に、台フキンなどでシンクをふくだけでも汚れは落ちます。また、ガスコンロの汚れは調理をした直後ならば、サッとひと拭きするだけで汚れが取れるでしょう。水回りも同じです。洗面所を使ったら、鏡や洗面ボウルを拭いておくなど習慣づければ、わざわざ時間を作って掃除をすることはありません。最初は面倒くさく感じるかもしれませんが、慣れれば自然に体が動くようになります。仕事がある人は、朝ご飯を食べたらシンクをひと拭き、洗面所を使ったら鏡と洗面ボウルをひと拭き、とすればいいでしょう。

3-4.テーブルと床の上をきれいにしてから寝る

夜寝る前にテーブルと床の上を何もない状態にするだけで、朝の活動がスムーズになります。本1冊、洋服1枚でも出しっぱなしにしない生活を心がけましょう。慣れてきたら、片づけるついでにテーブルを拭く、床に落ちているほこりをサッととるなどの簡易掃除をするといいですね。

3-5.掃除道具はすぐ手に取れるところに置いておく

掃除をする際、いちいち別の場所まで掃除道具を取りにいくのは面倒です。ですから、よく掃除をする場所の近くに掃除道具を置いておきましょう。キッチンには台フキン、水回りにはそぞうきんを置いておくなどしてください。最近は使い捨てのクリーナーもあるので、トイレなどに使えば衛生的です。

3-6.あると便利な掃除グッズ

フローリングワイパーや粘着ローラーは、さっと床掃除ができる便利な道具です。フローリングにはフローリングワイパーが1本あればいいですし、粘着ローラーは絨毯・カーペット・畳のゴミとりができます。いつでも手に取れる場所に置いておけば、掃除機をいちいち引っ張り出す必要はありません。また、マイクロファイバーのタオルは速乾性があり、水回りの掃除に最適です。100円ショップでも購入できますので、多めに常備しておきましょう。

3-7.掃除を習慣づけるコツ

掃除を習慣づけるためには、いつ掃除をするか、ということを決めておくといいでしょう。たとえば、夜寝る前に、テーブルや床を片づける、朝起きたら水回りの掃除をする、などです。家じゅうすべてを一度に掃除する決まりはありません。ちょっと時間に余裕があるときを見計らって、掃除をしましょう。すると、そのうち汚れているなと思ったらさっと掃除ができるようになります。

4.掃除の習慣に関するよくある質問

Q.掃除は、洗剤などを使ってやらなくても大丈夫ですか?
A.使い捨てのクリーナーには、洗剤の成分が含まれているものもあります。汚れやすい水回りは、それで掃除をしてもいいでしょう。また、毎日掃除をしていれば洗剤を使用せず、水拭きだけでもかなりの汚れが落ちます。

Q.家族が使うたびに水回りが汚れてしまうのです。
A.この場合、家族全員で使ったら掃除をする習慣をつけるといいでしょう。「使った後はサッと拭いて」と根気強く言い続けましょう。

Q.お風呂を毎日掃除するのがおっくうです。
A.入浴後、すぐにお湯を抜いて湯船をシャワーで流し、換気扇をかけて浴室を乾かしましょう。それで水あかやカビが生えにくくなります。ただし、1週間に1回は掃除しましょう。

Q.ものを片づけると、また取り出すのが面倒です。
A.そのような場合は、よく使うものを1つの箱にまとめておき、1日の終わりに箱をしまうようにしましょう。

Q.こびりついた汚れはどうしたらとれますか?
A.住居用洗剤や中性洗剤で大半の汚れは落ちるでしょう。汚れは、ついたときが一番落としやすいのです。こびりつくまで放置していてはいけません。

5.おわりに

いかがでしたか? 今回は掃除を習慣づける方法を解説しました。掃除用具が家のあちこちにあると見栄えが悪くなると思う人もいますが、台フキン1枚ならたたんで隙間にしまっておけます。粘着ローラーも小さなもので目立ちません。また、床やテーブルの上が常にきれいな状態だと、ホコリが目につくようになり、掃除をしなければという気持ちになれます。

みんなの評価 
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
Loading...
※5段階の簡単評価です。★を選択することで誰でも簡単に評価できます。
365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!