苦手を克服する片付けルールとは? 基本を知ってきれいをキープする方法

1.​​片付かない理由とは?

部屋が片付かないと、どうしても心の中まですっきりしないものです。
「ものがあふれている」「部屋の状況を把握できていない」
これは、頭の中がごちゃごちゃして整理されていないのと同じです。生活環境を整備して、ゆとりのある暮らしを実現してみましょう。

1-1.理想の部屋を描いてみる

インテリアショップに出向いたり、通販カタログやインターネットサイトを覗いたりすると、誰でも憧れイメージを簡単に見つけることができます。リサーチしながら、まずは理想の環境を思い浮かべてみましょう。「こういう感じの部屋にしたい」という具体的な考えを持つことで、苦手や面倒な意識から解放されるのではないでしょうか?

1-2.実際にイメージを書き出してみましょう

間取り図があればそれを利用し、家具などの配置を大まかに書き出してみましょう。まずは現在の状況をしっかり理解してみてください。目に見える大きな家具がどの程度を占めているか把握すれば、ただ片付けをするだけでなく、空間としてのトータルな見直しを図ることができます。部屋のイメージチェンジにもなり、気分転換にもつながるでしょう。

1-3.必要なものかどうかの見極めが大事

「いつか使うかもしれない」理由で、収納を占拠しているものはありませんか? しかし、それらは使わない可能性も多いにあるはずです。流行(りゅうこう)にのってつい買ってしまった衣類、子どもが小さいころに使っていたおもちゃ、押し入れの奥にある旧式の小型家電など、どの家庭でもよく見受けられます。眠っている品の使用頻度や重要度を見直すことも大切です。

2.片付けが身につく考え方は?

断捨離の精神を持つことです。数年使用しなかった場合、この先も使わないことが多いのではないでしょうか? そうした品々を選別して処分することで、自然と収納スペースを確保できると思います。ものへの「もったいない」愛着の気持ちは大切ですが、使わないものを処分することが片付けには一番必要です。それが新たな暮らしへの第一歩でもあります。

2-1.一気に片付けようとしないこと

片付けには思い切りが必要だとはいえ、すべての部屋同時に手をつけてしまうと収拾がつかなくなってしまいます。
「かえって散らかってしまった」「どうにもならなくなった」
せっかくの努力が、失敗の原因にもつながります。1日1部屋ずつやっていく気持ちで始めましょう。焦ることはありません。少しずつ進めていけば、必ず片付けられます。最終的な部屋のイメージを意識しながら、自分のペースで始めましょう。

2-2.収納スペースの見直しを図りましょう。

不要品を除くと、有効活用できるスペースが必ず生まれるはずです。そこを生かして、収納の仕方を考え直すだけですっきりとしたお部屋に変化します。今まで表に出しっぱなしだったものは、空(あ)いた棚や引き出しへ収納しましょう。100円ショップなどで入手できる間仕切りを利用すると、ぐっと出し入れしやすくなります。ローコストで手に入る収納アイテムを活用しましょう。好みのものを選んで、収納をディスプレイ感覚で楽しんでみてください。きちんと収納して目に見えるものが少なくなるだけ、雑然とした印象から解放されるでしょう。

2-3.ゴミを処分するために

片付けると、どうしても大量のゴミが出てしまいます。あるいは、不用品の中にはまだまだ再利用可能なものもあるかもしれません。ゴミステーションまでこまめに運ぶのは大変骨の折れる作業ですし、粗大ゴミならなおさらです。大量のゴミの場合には事前に連絡しておかなければ、清掃業者が回収してくれない場合もあります。処分品回収業者は、不要な家電製品の買い取りも行っているので、捨てるだけでない方法も存分に活用しましょう。賢く片付けるポイントの一つです。

みんなの評価 
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
Loading...
※5段階の簡単評価です。★を選択することで誰でも簡単に評価できます。
365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!