掃除が苦手な原因はズバリこれ!今日から始めてほしい片付けのコツ

1.掃除しやすい部屋を作ろう

片付けてもすぐに散らかってしまうのは正しい整理の方法を知らないだけなのかもしれません。この掃除のキモとも言える「整理」、普段学校で教わることがないため、自己流という人も多いのではないでしょうか?ここでは、正しい整理の仕方についてご紹介していきましょう。

1-1.収納前にしまう物を整理する

掃除の基本は「収納する前にしまう物を見極めること」に尽きます。家の中にある物を「いる物」「といらない物」に分けていきましょう。不用品を大事にしまい込むなんてスペースの無駄遣いにすぎないのです。

1-2.無理なく片付ける

ダイエットでも無理をすればリバウンドなど必ず後で反動が起きてしまいます。片付けも一度に頑張りすぎると途中でやけになってしまったり見境なく大事な物を捨ててしまったりすることも。無理のない範囲で、たとえば、1日50分どこまでキレイに制覇できるかなどゲーム感覚で整理をすると良いでしょう。

1-3.アイテムごとに物を整理する

何から片付けたらいいのかわからないときはアイテムごとに整理していきましょう。今日は「紙」を中心に片付けようと思えば、紙に紐(ひも)つけたアイテムをカテゴリーごとに分け、整理していくことから始めていきます。たとえば、それらには本や雑誌、すぐにたまってしまう郵便物などが含まれるでしょう。目に見えてスッキリ片付いていけば、モチベーションもアップ!もっとキレイにしたいというやる気だって湧いてきますよね。

1-4.整理するときに気をつけること

整理するときに気をつけたいのは、「部屋」ごとではなく「アイテム」ごとに片付けるということ。なぜなら、同じようなアイテムが違う場所に分散して収納している場合があるからです。トランプの神経衰弱ゲームのように記憶をたぐり寄せ、ほかの部屋で見かけたかも…という物はとりあえず仮置きボックスを設けてみましょう。一時的に保管された物は後でまとめて見直しアイテムごとに仕分けをしていきます。

2.コレどうする?迷った物の対処法

記念にもらった思い出の品や、清水の舞台から飛び降りる気持ちで買った高価な品は使っていなくても、なかなか手放すのが難しい物です。しかし、いつまでも保存しておくのはタンスの肥やし。スペースの無駄遣いと言えるでしょう。このような場面では、その品物を持ち続けたいかどうか気持ちを白黒はっきりさせるために、もう一回使って見るのがポイントです。洋服であれば時代とともに好みや体型も変わり、昔のように着こなせない場合もあるでしょう。「あれ?何か違う」と思ったら、お役目ご苦労様と潔く捨てていきます。

2-2.収納も腹八分目に抑えてみる

見た目がスッキリ片付かないのは物がありすぎるからということはありませんか?掃除下手を克服するためにも、まずは、収納スペースにも健康に良いとされる腹八分目を心がけてみましょう。たとえば、キッチンの引きだしを開けたときに、ゴチャゴチャと物があふれかえるようなことはないですか?そのような場合は必ずと言っていいほど重複したり使っていなかったりする物があるはず!煩雑になりやすい見えない部分もスッキリ片付けることで収納力が鍛えられます。

みんなの評価 
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
Loading...
※5段階の簡単評価です。★を選択することで誰でも簡単に評価できます。
365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!