「 掃除・片付けについて 」一覧

料理中にうっかり鍋を焦がしてしまった。そんな経験がある方も多いでしょう。
鍋は、いったん焦げ付くとなかなか落ちません。
奮発して買った鍋を焦げ付かせてしまったりしたら、悲しいですよね。
そこで、今回は鍋の焦げ付きの落とし方をご紹介しましょう。
鍋の焦げ付きの落とし方はたくさんあります。
しかし、鍋の素材によって落とし方を変えないと、かえって鍋を傷つけてしまうこともあるでしょう。
鍋の焦げ付きを取りたいという方は、ぜひこの記事を参考にしてくださいね。

  1. やってはいけない!?焦げ付きの落とし方
  2. 鍋をいためない焦げ付きの落とし方
  3. 鍋を焦げ付かせない方法
  4. おわりに

続きを読む


掃除をしても家の中がいまひとつキレイに片付かないということはありませんか? 雑誌で目にするようなスッキリ片付いた部屋で暮らしたいと思っていても、どこから手をつければ良いかわからないということもあるでしょう。ここでは、そんな掃除が苦手な人へ習慣にしたい片付けのアイデアやコツをご紹介していきましょう。

  1. 掃除しやすい部屋を作ろう
  2. コレどうする?迷った物の対処法
  3. 不用品の片付け方法
  4. 最後の掃除!ピカピカ仕上げ

続きを読む


子どもがシールを家具や家電にベタベタとはってしまい、困っている。
そんな悩みを抱えているご家庭は少なくないでしょう。
シールは、無理に剥がすと跡が残り汚らしくなります。
そこで、今回はシールのきれいな剥がし方をご紹介しましょう。
「シールを簡単に剥がせる方法」というのはたくさんありますが、家具や家電の種類によっては避けた方がよい方法もあるのです。
今回は剥がし方の使い分けについてもご紹介しましょう。
小さいお子様がいらっしゃる方は必見ですよ。

  1. シールのベタベタの正体とは?
  2. シールの上手な剥がし方とは?
  3. 素材別、シールの剥がし方の選び方
  4. シールをはってよい場所を作ろう
  5. おわりに

続きを読む


お部屋のくつろぎスペースに必需品のカーペット。小さなお子様や犬がいる家庭では、染みや汚れが気になる方も多いでしょう。うっかり染みをつけてしまったら早めに対処することがポイントです。カーペットや絨毯(じゅうたん)の染みは、時間が経過すると落とすのが困難になります。とはいえ、1万円近くかかるクリーニングに出すのは躊躇(ちゅうちょ)してしまうでしょう。そこでこの記事では、カーペットについた染み抜き方法をご紹介します。染み抜きには、コーヒーや紅茶、食べこぼしや犬の尿など、汚れに合わせた対処がポイントです。ぜひ試してみてくださいね。

  1. カーペットの染みを取る方法
  2. 染み取りで注意すること
  3. カーペットの処分方法

続きを読む


53d7018d-8b84-4739-b1ee-0b4ed6cf6667戦後に建材用として大量に植えられたスギは、復興には多いに貢献しました。しかし、それによって生まれた弊害もあります。それが、『花粉症』です。もはや、日本人にとって国民病とまでいわれるほどに広がってしまいました。多くの人が、花粉症で困っていることでしょう。

そこで、今回は花粉症の対策法や掃除方法などについて中心に、基礎知識をご紹介していきます。花粉症のことを学んで、しっかりと花粉から身を守りましょう。

  1. 花粉症について
  2. 花粉症になりやすい人
  3. 今日からできる花粉症対策法!
  4. 花粉の掃除方法を学ぼう!

続きを読む


7a006ce1-8a61-4706-9624-d693e8dcf480有効に使えない空間のことを「デッドスペース」と言います。
家のあらゆるところにデッドスペースは出てくるものです。
デットスペースは使えないと諦めている人は多いでしょう。
しかし、コツをつかめば活用できます。
これから、デッドスペースになりがちな場所や活用術、デッドスペースのメリットと不用品の処分方法について説明しましょう。
収納スペース不足で悩んでいる人は、ぜひ参考にしてください。

  1. デッドスペースになりがちな場所
  2. デッドスペースの活用術
  3. デッドスペースのメリットと不用品の処分方法
  4. まとめ

続きを読む


94332d98-e8d4-49d2-9ffb-de0d3a3f37bc勉強や仕事に身が入らない、なぜかぼんやりしてしまう、眠気が襲ってくる。集中力が続かないのは、部屋の環境が悪いことが影響していると考えられます。
集中力を高める部屋作りには、いくつかのポイントがあるのをご存じですか?すっきりした環境にすることで、頭の中も整理整頓されます。反対にデスク周りが散らかっている方は、思考回路もうまく回っていないのです。
進学や就職をきっかけに部屋の環境整備をすることもあるでしょう。自宅に仕事を持ち帰っている方も、ダラダラと仕事をせずに素早く終えたいですよね。
今回は、集中力を高める部屋に着目し、配置やレイアウトのコツをまとめてみました。ぜひ参考にしてみてください。

  1. 集中力がアップする色
  2. 集中力が高まる部屋作りのポイント
  3. レイアウトのコツ
  4. まとめ

続きを読む


7b0e4445-e105-44be-afef-ac393dd14a9d綺麗(きれい)な部屋を維持するためには、部屋の掃除方法に大きなコツがあります。「部屋を片付けても、すぐに散らかった部屋にリバウンドしてしまう…」というのは片付け方に問題があるのです。片付けた部屋が少しでも綺麗(きれい)な状態を維持するためには、部屋を整理・整頓しやすい環境にすることが大切になります。片付けが苦手という場合でも、整理や掃除のコツを覚えれば誰でも簡単に整理可能です。掃除後の部屋を綺麗(きれい)な状態に保つコツについて、詳しくご紹介しましょう。

  1. なぜ部屋が散らかる?
  2. 掃除後の部屋を綺麗(きれい)に保つコツとは?
  3. 不要なものを捨てるのも大切!

続きを読む


8e69474e-f465-4dcf-95fc-ce20848a0ba3ハウスダストによる症状や掃除方法についてご紹介します。
近年、ハウスダストが原因のアレルギー疾患を持つ人が急増していることはご存じでしょうか。
アトピー性皮膚炎やぜん息、咳(せき)などが代表的な例です。
ハウスダストにはダニやほこりも含まれており、私たちの健康にさまざまな影響を与えています。
正しい掃除方法など、対策を考えておく必要があるでしょう。

  • ハウスダストによる症状を知りたい
  • ハウスダストを掃除するには?
  • 空気清浄機は効果があるのか?

そんな疑問にお答えしましょう。

続きを読む


57362301-c950-40ea-abc7-704cfe293276都市部に住んでいると、家賃との兼ね合いなどから狭い家に住むことが多くなります。また、戸建てにお住まいの方でも、手頃な土地が見つからなくて狭小住宅で妥協した…というケースがあるでしょう。

しかし、いったんは妥協しても、やはり“今より快適に暮らしたい”と考えるのが人情というものです。できることなら、実利的な問題だけにとどまらず、狭い家でもオシャレなインテリアにこだわりたいとは思いませんか?

家の魅力は面積だけではないはず。狭い家でも、快適に、そしてオシャレに暮らすことは十分に可能です。こちらでは狭い家を広く見せる工夫、限られた面積を100%活用するアイデアをご紹介しています。

  1. 狭い家を広く見せる!みんなが驚く魔法のアイデア
  2. 空間を有効活用!狭い家を無駄なく利用する工夫
  3. 狭い家では、家具の数を減らす努力も大切!

続きを読む