「 不用品の処分方法 」一覧

電気シェーバーは男性の身だしなみを整えるのに使い、女性はムダ毛処理に愛用している方もいます。1回買うと長く使う場合が多い製品でも、刃の劣化や充電不足などのトラブルも増えてくるはずです。電気シェーバーの寿命が近いサインとも受け取れ、そろそろ買い替えをと考えるきっかけとなるでしょう。新製品を購入できたとしても、古いものはどう処分すべきか、捨て方は迷いますよね。充電器や電池類も含まれており、処分は頭が痛い問題です。
最近では小型家電にかんする法律も施行され、電気シェーバーの捨て方には決まりができました。正しく回収し、適切にリサイクルすべきとの観点から、電気シェーバーをごみ扱いしないようにとされています。
やるべきことやコツを知ってさえいたら、処分が難しいと感じることはありません。今回は、小型家電リサイクル法にかんする情報や、電気シェーバーの正しい捨て方をご紹介します。

  1. 電気シェーバーを処分する前に
  2. 小型家電リサイクル法とはどのようなもの?
  3. 自分で電気シェーバーを廃棄するなら?
  4. 販売業者の下取りは利用できる?
  5. 電気シェーバーもリサイクルできるのか?
  6. 電気シェーバーの処分を回収業者に依頼する場合
  7. 電気シェーバーにかんするよくある質問
  8. まとめ

小型家電リサイクル法と聞いたら、非常にレベルの高い処理方法を求められるのではないかと、心配になることでしょう。本来は、誰もが気軽にリサイクル活動に参加できるために設けられたものですから、ポイントを知って正しい処分を行うようにしてください。この記事を読むことで、処分にかんする知識を身につけることができます。

続きを読む


「衣類乾燥機を処分したいけれど方法がわからない」「粗大ゴミとして出せるのか?」など、衣類乾燥機の処分で悩んでいる方は多いでしょう。捨て方を間違えると、業者や自治体との間でトラブルになる恐れがあります。スムーズに処分するためにも正しい捨て方について知ることが大切です。そこで本記事では、衣類乾燥機の基礎知識から家電リサイクル法・処分方法・注意点などを詳しく説明します。

  1. 衣類乾燥機を処分する前に知るべきこと
  2. 衣類乾燥機と家電リサイクル法について
  3. 家電リサイクル料金について
  4. 衣類乾燥機の処分方法~買い替えの場合
  5. 衣類乾燥機の処分方法~自分でする場合
  6. 衣類乾燥機の処分方法~リセールする場合
  7. 衣類乾燥機の処分方法~回収業者に依頼する場合
  8. 衣類乾燥機の処分にかんしてよくある質問

この記事を読むことで、衣類乾燥機を正しく処分するために必要な情報を手に入れることができます。処分を考えている方や悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。

続きを読む


出火ややけどといった事故が起こりにくいオイルヒーターは、家庭で幅広く活用されています。冬はオイルヒーターがなければ過ごせないという方までいるほど、人気のある暖房器具です。使用期間が長くなるにつれ、劣化は自然と起こります。そのため、長く愛用して古くなったオイルヒーターが故障したら、処分を考えなければなりません。
「オイルヒーターは何ごみ?」「簡単に処分する方法はないの?」といった処分にかんする疑問は、とてもよくわかります。生活スタイルの変化で、ほかの暖房器具に変える目的もあるでしょう。いざ処分となったとき、すぐに捨て方が思い浮かばないのが、オイルヒーターの困るところです。
今回は、オイルヒーターの捨て方や廃棄にあたって必要なことなどをご紹介します。リセールを希望する方は、評価の高い人気機種を知っておき、売る際のポイントにしてください。

  1. オイルヒーターの基礎知識
  2. 小型家電リサイクル法とオイルヒーターの関連
  3. 自分でオイルヒーターを処分する場合
  4. 販売業者によるオイルヒーターの下取りはある?
  5. オイルヒーターをリセールする方法
  6. 回収業者にオイルヒーターの処分を依頼する
  7. オイルヒーターの処分でよくある質問
  8. まとめ

この記事を読むことで、オイルヒーターの正しい捨て方を学び、捨てずにリサイクルする方法を覚えるきっかけにもなるでしょう。オイルヒーターの廃棄で迷っていた方は、希望に添う処分方法を見つけてみてください。

続きを読む


「不要になったポットを処分したいけど何ごみなのかわからない」とか、「新しいポットに買い替えたいから古いものを処分したい」など、ポットの捨て方について悩んでいる人もいるはずです。そこで、ポットのさまざまな処分方法を解説しました。ごみとして捨てる以外にも、販売業者の下取りを利用する方法・リセールする方法・回収業者に依頼する方法などがあります。必ず役に立つ内容ですからじっくり読んでくださいね。

  1. ポットを捨てたい・廃棄したいとき
  2. 小型家電リサイクル法とポット
  3. ポットを自分で捨てる場合に知っておくべきこと
  4. 販売業者の下取りでポットを処分しよう
  5. ポットの処分でリサイクルする場合の方法
  6. ポットの処分を回収業者に依頼する場合のコツ
  7. ポットの捨て方にかんするよくある質問に回答

この記事を読むことで、さまざまな処分方法を理解できます。それぞれの方法のメリットやデメリットを正しく理解し、廃棄するかリサイクルやリセールに回すか、しっかり考えて最適な方法で処分してください。することが大切です。

続きを読む


在庫管理は、業務の中でも最も難関な部分だとされています。在庫回転率が悪ければ、在庫を抱えることになるでしょう。いわゆる余剰在庫・過剰在庫・滞留在庫・不動在庫などと呼ばれるものは、企業経営を圧迫する原因です。
在庫を処分したいと考えたとき、どのような手段が浮かびますか? 売りどきを逃した在庫は不良在庫となり、税金と管理費ばかりのしかかってくるため、業績悪化につながる重大な事態となるでしょう。企業としては、不良在庫はなるべく早く処分したいし、買取で損失を最小限に留(とど)めたいと思いますよね。
よく耳にする「在庫処分セール」という言葉に惹(ひ)かれ、叩(たた)き売りをしてしまおうかという衝動にかられてはいけません。在庫も大切な資産です。業者による買取なども利用し、上手に処分することを考えていきましょう。

  1. 在庫の処分について
  2. 業者による在庫の買取について
  3. 在庫買取の流れ
  4. 在庫買取業者選びのポイント
  5. 在庫処分や在庫買取でよくある質問
  6. まとめ

この記事では、在庫買取業者の活用方法や在庫買取の流れなどについてご紹介していきます。 余剰在庫がもたらすリスクを知り、改善していくポイントにしてください。今後の企業経営の在り方を考えていくきっかけにもなるでしょう。

続きを読む


電子ピアノは、通常のピアノよりもコンパクトなため設置場所に困らないのがメリットです。また、電子ピアノならではの豊富な音色は、演奏の楽しみを広げてくれますよね。しかし、何らかの理由で電子ピアノを処分したい場合には、どのような方法があるのかわからない人もいるでしょう。

そこで今回は、電子ピアノを処分したり買取を依頼したり方法やコツについて伝授します。大切にしていた電子ピアノの処分で後悔したくない人は、ぜひ読んでみてください。

  1. 電子ピアノを処分したい! 廃棄・捨て方は?
  2. 電子ピアノを自分で処分するには?
  3. 販売業者の下取りを利用して手放す
  4. 電子ピアノは買い取ってもらえる?
  5. 電子ピアノを回収業者に引き取ってもらう方法
  6. 電子ピアノの処分・買取に関するよくある質問

電子ピアノはどうやって処分するの?

記事を読み終えるころには、電子ピアノの処分に関する疑問や不安が無くなっていることでしょう。まずは、基本を学んで業者と対等にやり取りできるようにすることが大切です。記事には、電子ピアノの処分や買取で得をするためのコツを解説していますのでじっくり読んで頭に入れてくださいね。

続きを読む


こたつの処分を検討している方は、「故障した」「もうひとサイズ大きいものが欲しい」「新しい機能が気になる」とさまざまな理由を胸に秘めていると思います。こたつは日本の冬の風物詩ともいえ、近年は省エネ性にも優れてエアコンよりも電気代が安いことから、積極的に購入している方も多いです。ところが、いざ処分するとなると捨て方に困りませんか? 「テーブルだから粗大ゴミ?」「 でも布団もあるし……」と頭を悩ませてしまうと思います。そこで、まだ寒さも厳しいこの時期に、一足早くこたつの処分方法を記事にまとめてみました。

  1. 近年のこたつ事情
  2. こたつの処分~自分で捨てる~
  3. こたつの処分~販売業者の下取り~
  4. こたつの処分~リサイクルする~
  5. こたつの処分~回収業者に頼む~
  6. こたつの処分にかかわるよくある質問
  7. まとめ

最後までお読みいただければ、こたつを処分する正しい知識がわかり、自分に適した捨て方を選ぶことができます。「難しいことは考えたくない」という方もご安心ください。情報は簡潔にかみ砕いて提供します。

続きを読む


ご家庭でお使いのファックスが古くなり、処分を検討することがありますよね。ファックスに限らず、家電製品の捨て方は厳しくなってきており、すぐに捨てることができません。
「ファックスの捨て方が知りたい」「ファックスのリサイクルはできる?」といった疑問、捨てにくい家電だけにとてもよくわかります。細かなパーツが多く、内部にメモリー機能を備えている機種は、廃棄に気を使うはずです。早く捨てる方法はないか、リサイクルでわずかでも処分費用を軽くしたいと思うこともあるでしょう。ファックスは小型家電製品として、リサイクル可能な製品です。資源の有効活用を目的に、捨てずに再利用してみてください。

  1. ファックスを捨てたい
  2. 自分でファックスを捨てる場合
  3. 販売業者の下取りでファックスを捨てる場合
  4. ファックスをリサイクルする場合
  5. 回収業者にファックスの処分を依頼する場合
  6. ファックスの捨て方でよくある質問
  7. まとめ

 メモリー機能を搭載したファックスは、パソコンと同じように個人情報保護を意識して処分すべきです。家電を処分するのにリサイクル料金がかかるように、ファックスの廃棄にもお金が必要か気になりますよね。ファックスの処分でお困りの方は、この記事を参考にして捨て方を覚えておきましょう。

続きを読む


車の廃バッテリーを処分しようとしたとき、「危険物だ」「爆発する?」「燃えるごみではないだろう」といった電池関連特有の迷いが生じませんか? バッテリーは重いですし、大きさもそれなりにあります。自治体の処分方法を確認して余計に困ってしまった方もいるでしょう。そこで、今回は車の廃バッテリーを処分する方法に注目して情報をまとめていきます。初心者の方でも、わかりやすく解説しますので必見です。

  1. 車の廃バッテリーを処分したい!
  2. 車の廃バッテリーをリサイクルする
  3. 車の廃バッテリーを処分する~買い替えのケース~
  4. 車の廃バッテリーを処分する~DIY交換のケース~
  5. 車の廃バッテリーを処分する~不用品回収業者に頼むケース~
  6. 車の廃バッテリーを処分するときによく挙がる質問
  7. まとめ

記事を最後までお読みいただければ、車の廃バッテリーを処分する方法がわかるとお約束します。順を追って見ていきましょう。

続きを読む


寒い季節にぽかぽかと体を温めてくれるホットカーペット。頼れる暖房器具として冬に大活躍ですよね。季節の変わり目や買い替えで、ホットカーペットの処分を考えている方も多いのではないでしょうか? しかし、ホットカーペットをたたんで、可燃ゴミとして捨てようと思っている方は要注意です。残念ながらホットカーペットは電化製品のため、可燃ゴミでは捨てられません。そこで、処分に困っている方におすすめの捨て方をご紹介します。さまざまな方法をご提案しますので、自分の状況に合った捨て方を選択してください。

  1. ホットカーペットの捨て方について
  2. ホットカーペットをリサイクルするには?
  3. ホットカーペットの捨て方、買取について
  4. ホットカーペットの捨て方に関するよくある質問

ホットカーペットはどうやって処分するの?

最近はゴミの処分ルールが厳しくなり、安易に不用品を捨てられなくなりました。この記事を読むことで、ホットカーペットの正しい処分方法を知ることができます。手間なくお得に処分できる方法ですから、ぜひ本文をチェックしてみてくださいね。

続きを読む