カーペットの捨て方に悩む方必見! ホットカーペットの処分方法も!

保温や汚れ防止に部屋にカーペットを敷いているお宅も多いでしょう。
では、このカーペットが不要になった際は何ごみとして捨てればよいのでしょうか?
意外に知らない方も多いと思います。
そこで今回はカーペットの捨て方をご紹介しましょう。
ノーマルなカーペットの他にホットカーペットや電気カーペットの捨て方もご紹介しますので、カーペットの処分に困っている方はぜひ読んでみてください。
実はカーペットは素材や大きさによって捨て方が違うのです。

  1. カーペットの捨て方は?
  2. 不要になったホットカーペットは売れるの?
  3. こんな場合は不用品回収業者を利用しよう
  4. 不用品回収業者を選ぶ際の注意点とは?

1.カーペットの捨て方は?

この項では、カーペットの捨て方をご紹介します。
大きさや素材によってこれだけ違うのです。

1-1.大きさや素材によって捨て方が違う

一口にカーペットといっても素材や大きさはさまざまです。
そして、カーペットは大きさによって捨て方が違います。
玄関先に敷くような小さなカーペットは可燃物ですが、部屋いっぱいに敷くような大きなカーペットは粗大ごみ扱いになるのです。
また自治体によっては、レーヨンやアクリルといった合成繊維は不燃ごみ扱いというところもあります。
さらに裏にゴムの滑り止めがついているカーペットの場合は、表が天然素材でも不燃物扱いということもあるのです。
このようにカーペットは捨て方がとても複雑。
「たぶん可燃物でいいだろう」と決めつけず、必ず事前に市役所のホームページなどで捨て方を確認してください。
またA市では可燃物扱いだったのに、B市では不燃物扱になるということも珍しくありません。
引っ越しを機にカーペットを処分したい場合は気をつけてください。

1-2.ホットカーペットや電気カーペットの捨て方は?

ホットカーペットは中に電線が入っています。ですから不燃物扱いの自治体が多いです。
ホットカーペットもノーマルなカーペットと同じように、大きさによっては粗大ごみ扱いになる場合があります。
2畳サイズの大きなホットカーペットを捨てる際は、念のために確認をするとよいですね。
なお、ホットカーペットのコンセント部分はプラスチックや金属ごみという自治体もあります。
面倒ですが、自治体の決まりは守って下さい。

1-3.切れば可燃ごみや不燃ごみになる?

自治体によっては粗大ごみの回収日が月に1回しかない、という所もあります。
「できるだけ早く大きなカーペットを処分したい」という場合は、カーペットを小さく切れば不燃物や可燃物として出せるのです。
カーペットは絨毯に比べて薄いので、手芸用の大型のはさみがあれば難しくありません。
自治愛指定の袋に入る大きさに切ればよいので、細かく切り刻む必要もないでしょう。
ただし、裏に滑り止めのゴムがついているものは切れにくいです。
無理をしないようにしてください。
またホットカーペットの場合は電線の部分だけ、工業用のニッパーなどで切るとよいでしょう。

365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!