カーペットの捨て方に悩む方必見! ホットカーペットの処分方法も!

保温や汚れ防止に部屋にカーペットを敷いているお宅も多いでしょう。
では、このカーペットが不要になった際は何ごみとして捨てればよいのでしょうか?
意外に知らない方も多いと思います。
そこで今回はカーペットの捨て方をご紹介しましょう。
ノーマルなカーペットの他にホットカーペットや電気カーペットの捨て方もご紹介しますので、カーペットの処分に困っている方はぜひ読んでみてください。
実はカーペットは素材や大きさによって捨て方が違うのです。

  1. カーペットの捨て方は?
  2. 不要になったホットカーペットは売れるの?
  3. こんな場合は不用品回収業者を利用しよう
  4. 不用品回収業者を選ぶ際の注意点とは?

1.カーペットの捨て方は?

この項では、カーペットの捨て方をご紹介します。
大きさや素材によってこれだけ違うのです。

1-1.大きさや素材によって捨て方が違う

一口にカーペットといっても素材や大きさはさまざまです。
そして、カーペットは大きさによって捨て方が違います。
玄関先に敷くような小さなカーペットは可燃物ですが、部屋いっぱいに敷くような大きなカーペットは粗大ごみ扱いになるのです。
また自治体によっては、レーヨンやアクリルといった合成繊維は不燃ごみ扱いというところもあります。
さらに裏にゴムの滑り止めがついているカーペットの場合は、表が天然素材でも不燃物扱いということもあるのです。
このようにカーペットは捨て方がとても複雑。
「たぶん可燃物でいいだろう」と決めつけず、必ず事前に市役所のホームページなどで捨て方を確認してください。
またA市では可燃物扱いだったのに、B市では不燃物扱になるということも珍しくありません。
引っ越しを機にカーペットを処分したい場合は気をつけてください。

1-2.ホットカーペットや電気カーペットの捨て方は?

ホットカーペットは中に電線が入っています。ですから不燃物扱いの自治体が多いです。
ホットカーペットもノーマルなカーペットと同じように、大きさによっては粗大ごみ扱いになる場合があります。
2畳サイズの大きなホットカーペットを捨てる際は、念のために確認をするとよいですね。
なお、ホットカーペットのコンセント部分はプラスチックや金属ごみという自治体もあります。
面倒ですが、自治体の決まりは守って下さい。

1-3.切れば可燃ごみや不燃ごみになる?

自治体によっては粗大ごみの回収日が月に1回しかない、という所もあります。
「できるだけ早く大きなカーペットを処分したい」という場合は、カーペットを小さく切れば不燃物や可燃物として出せるのです。
カーペットは絨毯に比べて薄いので、手芸用の大型のはさみがあれば難しくありません。
自治愛指定の袋に入る大きさに切ればよいので、細かく切り刻む必要もないでしょう。
ただし、裏に滑り止めのゴムがついているものは切れにくいです。
無理をしないようにしてください。
またホットカーペットの場合は電線の部分だけ、工業用のニッパーなどで切るとよいでしょう。

2.不要になったホットカーペットは売れるの?

不要になったけれどまだ捨てるのはもったいないのでカーペットを売りたい、という方もいるでしょう。
しかしカーペットは床に敷くという性質上、中古品の需要はほとんどありません。
「事情があって購入したけれど一度も使わなかった」というカーペット以外はなかなか買い取ってもらえないでしょう。
しかし、動物保護団体などが古いカーペットを募集していることもあります。
「古カーペット 寄付」で検索をしてみて、何らかの団体がヒットした場合は連絡を取ってみるとよいですね。
なお、古カーペットを寄付する場合は、必ずざっとほこりなどの汚れを落としてから寄付してください。
汚れたままで寄付してはいけません。

3.こんな場合は不用品回収業者を利用しよう

  • 古いカーペットが大量にあって捨てきれない
  • 事情が合ってたくさんのカーペットをすぐに処分したい

このような場合は、不用品回収業者を利用してみてください。
不用品回収業者とは、家庭から出る不用品を有料で回収してくれる業者です。
早ければ依頼をしたその日に回収に来てくれます。
インターネットで検索すればすぐに最寄りの業者が見つかるでしょう。
「回収料金が心配」という方は、事前に見積もりをとってください。
不用品回収業者はいろいろな不用品を回収してくれますから、他にも不用品がある場合は一緒に回収してもらっても良いですね。

4.不用品回収業者を選ぶ際の注意点では?

不用品回収業者は、カーペットに限らずいろいろな不用品を回収してくれる便利な業者です。
しかしその反面、国民生活センターには業者とのトラブルが多数報告されてもいます。
そこでこの項では、不用品回収業者を選ぶ際の注意点をご紹介しましょう。

4-1.見積もりを出してくれない業者は要注意

不用品を回収してもらう際の料金は、回収物によって変わります。
ですから業者のホームページには明確な料金表がない所が多いのです。
その代りほとんどの業者が、回収してほしい不用品を聞いて無料で見積もりを作成してくれます。
しかし、いい加減な回収業者はこの見積もりを理由をつけて作成してくれません。
見積もりをしっかり出してしまうと、追加請求がしにくくなるからです。
ですから「見積もりを出してください」とお願いした時に、快く応じてくれる業者に依頼しましょう。

4-2.電話番号に注目しよう

不用品回収業者に依頼する際は、電話やメールをします。
その際に電話番号に注目してください。
連絡先が携帯電話のみの業者には注意が必要です。
携帯電話は固定電話よりも解約が簡単ですから、トラブルがあったらすぐに逃げられます。
それにまともな業者ならば、事務所を構えて固定電話をひくのが当たり前です。
携帯電話番号のみの業者は事務所を構えていない可能性もあり、トラブルがあった際はすぐに音信不通になるかもしれません。
また、同じように電話対応にも注目してください。
従業員がまともな対応をしない業者は、社長が「それでよい」と思っているからです。
このような業者は、仕事ぶりも期待できません。

4-3.料金が安すぎる業者にも注意が必要

今はごみを処分するのにもお金がかかります。
無料で不用品を回収する業者も多いですが、それはリサイクルできるものに限られているのです。
何でもかんでも「無料で回収します」と宣伝している業者は、別の名目で高額な料金を取る可能性が高いですから気をつけてください。

おわりに

いかがでしたでしょうか。今回はカーペットの捨て方についてご紹介しました。
まとめると

  • カーペットは大きさや素材で捨て方が異なる
  • 小さく切れば可燃物や不燃物として捨てられる
  • 急いで処分したい場合は、不用品回収業者を利用しよう

ということです。カーペットは日用品でありながら、捨て方が分かりにくいもののひとつです。
現在はごみ回収ルールも厳しくなり、守らないと回収してもらえない自治体も多いでしょう。
ごみがいつまでも野ざらしになっていると、ごみ捨て場を利用する人全員に迷惑がかかります。
カーペットを捨てる際は必ず事前に確認してください。
また、大きいカーペットは薄くても意外に重量があります。
捨てる際は何人かで協力しないと体を傷めるかもしれません。
「カーペットが重すぎて捨てられない」という場合も、不用品回収業者に依頼すると玄関先まで回収に来てくれます。

365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!