事業ごみって何?事業ごみの廃棄・処理方法やごみ回収業者について

「事業ごみを処分したい」「廃棄処理、事業ゴミの処分方法がわからない」と、悩んでいる方は多いです。何も知らないまま事業ごみを処分すれば、トラブルになりかねません。トラブルにならないためにも、事業ごみについて詳しく知り正しい処理方法を把握することが大切です。そこで、事業ごみとは何なのか、処理方法や業者選びのポイントなど詳しく解説します。

  1. 事業ごみとは?
  2. 事業ごみの処理方法
  3. ゴミ回収業者による事業ごみの処理方法
  4. ゴミ回収業者選びのポイント
  5. 事業ごみに関するよくある質問

この記事を参考にすれば、事業ごみを正しく処理するために必要な知識を得ることができます。事業ごみの廃棄について知りたい方、廃棄を考えている方は必見です。

1.事業ごみとは?

事業ごみを正しく処分するためには、まず事業ごみの基礎知識を身につけなければなりません。そこで、事業ごみの定義や家庭ごみとの違い、関係する法律など詳しく解説します。

1‐1.事業ごみの定義

事業ごみは事務所や会社、お店など事業活動から発生したごみを指しています。たとえば、燃え殻、廃アルカリ、廃プラスチック類、ゴムくず、ガラスくず、紙くず、繊維くず、動物の汚物や死体などです。基本、事業ごみは普通のゴミ捨て場で捨てることはできません。また、事業ごみの種類は「特定の業種に限定して産業廃棄物となるもの」「業種を限定せず産業廃棄物」の2つにわかれています。

1‐2.事業ごみと家庭ごみの違い

家庭から出るごみは一般廃棄物と呼ばれています。特別管理一般廃棄物処理基準で処理できるごみです。処理責任は市町村になります。一方、事業ごみ(産業廃棄物)の処理責任は事業者です。事業者は事業活動で生まれた廃棄物を正しく処理する責任を持っています。処理責任が市町村か、それとも事業者かどうかが大きな違いといえるでしょう。

1‐3.事業ごみに準拠する法律

「廃棄物の処理および清掃にかんする法律」が事業ごみに準拠する法律です。処理責任についても廃棄物の処理および清掃にかんする法律に記載されています。昭和45年に施行され生活環境の保全と公衆衛生の向上が目的です。別名「廃棄物処理法」「廃掃法」とも呼ばれています。

1‐4.事業ごみと産業廃棄物の違い

事業ごみは「産業廃棄物」と「事業系一般廃棄物」に分類できます。事業系産業廃棄物に該当するごみは、事業活動によって排出される廃棄物の中で大量に排出される、処理が難しいものです。法律に基づき、20種類が事業系産業廃棄物に指定されています。一方、事業系一般廃棄物は事業活動によって排出される廃棄物の中で産業廃棄物をのぞくものです。たとえば、紙くず、木くず、ダンボール、ペットボトル、スチール缶、アルミ缶が当てはまります。種類の詳細は以下のURLでチェックしてください。

産業廃棄物の種類と事業系一般廃棄物の区分例:http://urx.mobi/xzli

1‐5.事業ごみの分別方法

事業ごみは可燃・不燃・資源の3種類にわける必要があります。可燃ごみは焼却処理、資源ごみは分別処理場から破砕溶解処理→リサイクルされ、不燃ごみは中間処理をおこなったうえで埋め立て処理をおこなう流れです。自治体によって事業ゴミの回収、分別のルールが異なります。事業ごみを処理する前に必ず自治体のホームページをチェックしてください。

2.事業ごみの処理方法

事業ごみは法律に基づき、決められた方法で処理しなければなりません。そこで、自治体で事業ごみを処分する方法や注意点、メリット・デメリットについて説明します。

2‐1.自治体への持ち込み方法

事業系ごみは事業者が責任を持って処分しなければならないと決まっています。しかし、有料であれば自治体へ持ち込むことも可能です。ただし、自治体へ持ち込む場合は廃棄処理費用がかかります。持ち込む前に廃棄処理費用が納付済みであることを証明しなければなりません。

2‐2.事業ごみシール、プリペイド袋など

廃棄処理費用を納付済みであることを証明するのが「事業ごみシール」です。事業ごみシールは地元の商店やスーパー、コンビニエンスストアで購入できます。事業ごみシール(有料ごみ処理券)を貼りつけたうえで持ち込んでください。また、自治体によって事業ごみシールの料金が異なります。たとえば、事業ごみシール小は1セット10枚で690円、中は1セット10枚で1,380円と決まっているのです。よって、事業ごみの大きさに合ったシールの種類を選ぶ必要があります。事業ごみの量が少ない場合は、専用ごみ袋(プリペイド袋)での収集が可能です。プリペイド袋にも自治体によって種類が異なります。大まかに、燃やせるごみ専用と資源物・燃やせないごみ専用にわかれるでしょう。

2‐3.事業ごみを自治体へ持ち込むメリット・デメリット

事業ごみを自治体へ持ち込むメリットは適切な方法で処理できることです。適正の廃棄処理施設で事業ごみが安心して処理できます。また、費用が安い面もメリットの1つです。ただし、指定場所まで自分で運ばなければならない、休日や祝日は対応してもらえない、日時指定ができないといったデメリットもあります。事業ごみの量が多い場合、自分たちで搬出するのに時間と手間がかかってしまうでしょう。

2‐4.注意点

事業ごみを自治体で処理してもらう際、事前に自治体のホームページで事業ごみシールの料金や処理ルールを把握しておかなければなりません。また、自治体によっては持ち込む前に申し込みが必要なところもあります。申し込みは電話、またはインターネットからでも可能です。申し込みが必要か、指定場所はどこになるのか確認しておきましょう。

3.ゴミ回収業者による事業ごみの処理方法

事業ごみの処理で悩んだときはゴミ回収業者に依頼しましょう。ゴミ回収業者では事業ごみの回収を受けつけています。どんな場合に依頼すべきか、廃棄方法やメリット・デメリットについて解説しましょう。

3‐1.どんな場合に依頼すべきか

すぐに事業ごみを処分したい、事業ごみの量が膨大な場合、回収業者に依頼したほうがスムーズに処分できます。365日年中無休の回収業者は即日対応が可能です。処分したいときにすぐ処分でき、わざわざ運ぶ必要もありません。事業ごみの処分法がわからない場合も業者に依頼するケースが多いです。

3‐2.廃棄の方法

ゴミ回収業者の廃棄方法は業者によって異なります。たとえば、「ダスト.net東京」では使える不用品はリサイクル・リユースにまわし、処分が困難なものは提携している一般廃棄物処理業者に依頼する仕組みです。きちんとした一般廃棄物処理業者に依頼することで不法投棄などの法律違反を防ぐことができます。廃棄方法が明確になっているかどうかが大切です。

3‐3.廃棄処理業者・回収業者に依頼するメリット・デメリット

廃棄処理業者・回収業者に依頼するメリットは、主に素早く楽に処理できることです。自治体への持ち込みは自分たちで搬出しなければなりません。申し込みから事業ごみシールの購入、搬出と時間がかかります。一方、回収業者は搬出から処理まですべておこなってくれる業者です。時間と手間をはぶいて処理したい人にはぴったりの方法でしょう。ただし、事業ごみの量が多くなるほど処理費用もかかります。金銭トラブルにならないためにも、事業ゴミの回収料金はしっかり確認してください。

3‐4.セキュリティーについて

廃棄物の中には機密情報に関係するものもあります。機密情報が外部にもれないためにもセキュリティーが整っている業者を選んでください。個人情報の守秘義務はもちろんのこと、機密情報を保護するサービス内容に注目しましょう。たとえば、機密書類溶解処理サービスがあります。大切な情報が記載されている機密文書を誰にも見られずに処理するサービスです。セキュリティーが整っている業者に依頼すれば安心して処分できますね。

3‐5.注意点

近年、悪徳業者とのトラブルが増えています。契約前の見積もり内容と違う、追加料金の有無など金銭トラブル、不法投棄などが多いです。悪徳業者にだまされないためにも、依頼者が見極める目を持たなければなりません。悪徳業者と優良業者を見極める、ゴミ回収業者選びのポイントをしっかり把握しておきましょう。

4.ゴミ回収業者選びのポイント

ゴミ回収業者のサービスや料金、回収方法、廃棄処理の流れなど詳しく説明します。ゴミ回収業者選びのポイントを押さえておけば、よりスムーズに事業ごみが処分できるでしょう。

4‐1.ごみ回収業者のサービスについて

安心・信用できる業者を選ぶためにも「サービス」に注目してください。ごみを格安で片づけられる定額パックプランや粗大ごみの片づけ、機密情報処理、不用品回収・買取などサービスが充実している業者は安心です。また、社員教育を徹底している業者はお客様目線での対応ができます。搬出技術、接客マナー、ドライビング技術とサービスの向上を目指しているのです。

4‐2.ゴミ回収業者の料金について

ゴミ回収業者に依頼すると費用が高くなる…と不安に思う必要はありません。回収業者の中には買取をおこない、リユース・リサイクルで費用を抑えているところがあります。回収にかかる車両代や人件費を別途請求しない業者は一般的な回収業者よりも2~5割安く済むのです。ゴミ回収業者の料金で悩んでいる人は、1度無料見積もりを試してみてください。電話、またはインターネットホームページのフォームから気軽に無料見積もりが依頼できます。

4‐3.回収方法とは

ゴミ回収業者の回収方法はほとんどが出張回収です。出張回収は自宅に業者がやってきてごみを片づけてくれる方法になります。搬出から運搬まですべて業者に任せられるのです。素人で搬出すれば家や事業所に傷がついてしまいます。しかし、プロに依頼すれば狭い場所でもスムーズに搬出してくれるでしょう。優良業者は申し込みから回収までスピーディーです。

4‐4.廃棄処理の流れ

悪徳業者は回収した事業ごみを不法投棄します。お金を出して回収してもらったのに不法投棄の現場を見るとショックですよね。法律違反となって罰金を支払わなければなりません。失敗しないためにも、廃棄処理の流れをホームページなどで確認しておきましょう。優良業者の廃棄処理は、使えるものはリユース・リサイクルにまわしています。使えないものは提携している処理業者に依頼する流れです。

4‐5.注意点

安心できる回収業者を選ぶためにも、サービス内容や見積もり、スタッフの対応などを比較してください。3~4社の回収業者をチェックするといいですよ。比較することで何が良いのか悪いのか、判断しやすくなります。自分の状態や環境、目的に合った業者に依頼するのがポイントです。

5.事業ごみに関するよくある質問

事業ごみに関するよくある質問を5つピックアップしました。疑問点を持ったまま処分すれば失敗してしまいます。必ず問題点・疑問点を解決してから処分しましょう。

Q.事業ごみ1点からでも回収してもらえるのか?
A.回収業者の中には1点から回収を受けつけているところがあります。1点から回収してもらえるかどうか、事前にホームページや電話で確認したほうが安心です。

Q.廃棄物処理業の許可とは?
A.廃棄物処理業の許可とは、廃棄物の処理をしてもいいですよと各都道府県から認められたあかしです。許可証を得ていない業者では廃棄物の回収・処理ができません。

Q.業者に依頼した場合、分別もしてもらえるのか?
A.回収業者は事業ごみの分別もしてくれます。ただし、業者によってサービスが異なるでしょう。事前にホームページや電話などで確認しておいたほうが安心です。

Q.事業ごみ処理を業者に依頼した場合、費用はいくら?
A.業者に依頼した場合、およそ3,000円~数万円かかります。事業ごみの量や大きさ、種類によって異なるでしょう。料金システムがきちんと明確になっている業者は適切な費用で処分してくれますよ。

Q.産業廃棄物の廃棄処理契約書とは?
産業廃棄物、事業ごみの処理を業者に依頼する際、廃棄処理契約書をかわさなければなりません。産業処理契約書は処理依頼を依頼・受託したというあかしになります。契約書には処理の流れや廃棄方法、追加料金など大切な内容が記載されている書類です。必ずチェックしてからサインをしてください。

まとめ

いかがでしたか? 事業ごみは自治体への持ち込み、または回収業者へ依頼する2つの方法で処分できます。どちらの方法が適切なのか、自分の状況や環境を見ながら判断しましょう。事業ごみの処理方法や業者選びのポイントを押さえておけば、スムーズに事業ごみの処分できますよ。

365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!