【必見】空き家の片付けで悩む人へ! 掃除・不用品回収のコツを伝授!

親の遺品整理や賃貸物件での孤独死・夜逃げなど、さまざまな理由で空き家の片付けに悩んでいる人が増えています。空き家の片付けをしようと思っても、特に不用品がたくさん残っている状態だと何から手を付けていいのかわからないですよね。しかし、そのままの状態にしておくわけにもいきません。治安や衛生の問題もありますし、空き家はできるだけ早く片付けや掃除をしキレイにしてスッキリしたいものです。今回は、空き家の片付けや掃除・不用品回収の利用方法などを解説します。必ず皆さんのお役に立つ内容ですよ。

  1. 空き家問題とは何?
  2. 空き家への対応策を学ぼう
  3. 空き家と遺品整理について
  4. 空き家の片付け方を伝授!
  5. 空き家の片付けに伴う業者選びについて
  6. 空き家の片付けにかんするよくある質問

記事を読んだ人は、空き家の片付けについて深く理解するだけでなく、何をするべきか判断することができるようになります。記事を読み終えるころには、空き家の片付けにかんする悩みや迷いが消えていることでしょう。まずは、記事の内容をじっくり読んでひとつずつクリアしていってください。

1.空き家問題とは何?

まずは、空き家問題とは何かから学ぶことにします。問題が起こっている背景や理由について理解してください。

1-1.深刻化する空き家問題

今、空き家問題が深刻化しています。日本全国には、多くの空き家が存在していることは事実です。しかも、長期間放置している物件が多くなっています。空き家が増えることは、治安・衛生・安全など各方面に悪影響があるため、決して放ってはおけない問題となっているのです。空き家を活用しようにも、悲惨な状態であることも多く、整備するための手間や費用の問題もあってスムーズに進まないのが現状と言えます。

1-2.空き家問題の背景には高齢化がある

空き家問題の背景には、高齢化社会が隠れています。高齢者がひとりで住んでいたものが、福祉施設への入居や死亡などにより空き家になるケースが多いからです。また、高齢者は今まで住んでいた環境を手離すことを拒否しがちなため、子ども世代の同居が実現しにくいという現状もあるでしょう。高齢化社会がひとり暮らしの高齢者を多数生み出した結果、空き家問題が急速に浮上したのです。

1-3.空き家問題はなぜ発生するのか

空き家問題が発生する原因は、以下のようにさまざまなものを考えることができます。

  • 空き家の片付けが単純に面倒くさいから
  • 家付きの土地だと固定資産税が優遇になるから
  • 解体費用を出すことができないから
  • 老朽化した状態では賃貸もしにくいから

空き家になっても、すぐにほかの人が住んだり解体したりすれば問題ありません。しかし、実際には複雑な事情が絡んで空き家のままになっていることも多いのです。

1-4.空き家問題から派生するさまざまな困りごと

空き家になると、家の手入れをしなくなるため害虫やネズミの発生源となってしまいます。すると、不衛生な状態になるため周囲の住民の健康をおびやかす存在となるのです。また、空き家であることがわかると不審者が住み着いたり犯罪の温床になったりする可能性もあります。さらに、適切な手入れを行わないまま家が老朽化すると倒壊のリスクも出るので危険です。老朽化が進んだ家は、景観の問題も否定できません。空き家問題は、当事者だけの問題ではなくなってきているのです。

2.空き家への対応策を学ぼう

空き家問題は、自治体でも深刻なものだと把握しています。現状、どのような対応となっているのか確認しておきましょう。

2-1.自治体の空き家対応の現状について

各自治体では、空き家の適正管理ができるような条例を出しています。たとえば、自治体の勧告を受けて空き家の解体を行うときに費用の何割かを負担するといった感じですね。多くの自治体で、空き家の解体・処分を進めやすくすることで問題の早期解決に取り組んでいます。しかし、現状としては、空き家の増加スピードに自治体の対応が追い付いていないことも忘れてはいけません。

2-2.空き家にかんする法律上の問題は?

空き家問題にかんしては、国も事態の深刻化を懸念しています。そのため、現在は空き家対策特別措置法によって「解体の通告」や「強制退去」の発令が可能となりました。しかし、空き家にも財産権があるため強制しにくいという現状もあります。特に、家の持ち主が存命で、認知症やそのほかの事情によって施設や病院に入っている場合は困難です。法律の整備が進んでも、空き家問題がなかなか解決しない現状も理解しておきましょう。

2-3.空き家の対応策として周囲ができること

空き家の対応策としては、周囲に住んでいる人が積極的に見回りをしたり周辺の掃除を行ったりすることで良からぬ状態を避けることができます。空き家であっても、誰も見向きをしない家にしないことが大切です。また、空き家でなくても家主が一時的に入院したり不在にしたりするときには、お互いに助け合って家の管理をすることができるようにしておきましょう。普段からの近所づきあいこそが、空き家対策として最良の方法なのです。

3.空き家と遺品整理について

空き家の片付けでは、遺品整理の問題が絡んでくることも多いです。ここでは、遺品整理の基本を学びましょう。

3-1.遺品整理問題を考える

人はいつ死ぬのか、自分でも予測できません。中には、生前整理を早めに進めることができる人もいます。しかし、多くの人は特に準備をしないままに死を迎えているのが現状です。そのため、ひとり暮らしの親が死ぬと遺品整理問題が残ります。最近まで生活をしていた状態なので、物量も多く、必要なものと不用品・ごみが混在している状態です。さらに、遺品として残すべきものが入っているため、片付けがとても大変なのが遺族の悩みと言えます。

3-2.実家が空き家になるということ

親が元気なうちは、実家が空き家になることを思いもしなかった人も多いはずです。空き家問題が自分のこととなるとは、想像しづらいのもわかります。しかし、親から独立したまま同居をしないで親が亡くなるということは、実家がいつか空き家になることは当然のことなのです。片付け作業は、なつかしい気持ちとさみしい気持ちの両方が混在します。しかし、現実として認識をしたり片付けをしたりすることで親の供養にもなると考えましょう。

3-3.空き家と遺品整理にかんする相談窓口や解決法

空き家の片付けや遺品整理についてひとりで悩んでいても何も解決しません。困っていることがあるときは、ほかの人の助けを借りましょう。不安や悩みがあるときはぜひ当社の相談窓口を利用してください。経験豊富なスタッフが無料で相談に応じます。

ダスト.net 東京の遺品整理案内ページ

4.空き家の片付け方を伝授!

それでは、空き家の片付け方を伝授します。実際の作業で何をするべきか、どんな点に注意するべきかを学びましょう。

4-1.空き家の掃除に必要なものとは

まずは、掃除に必要なものを用意しましょう。

  • ごみ袋
  • ほうき・ちりとり
  • はたき
  • 雑巾(ぞうきん)
  • 掃除機
  • 新聞紙
  • ダンボール箱
  • 消臭剤
  • マスク
  • 手袋

空き家は長期間掃除をしていない状態です。想像以上のちりやほこり・ごみがありますから、気合いを入れて片付けましょう。マスクや手袋をして、衛生に気を付けることも心掛けてくださいね。

4-2.不用品・粗大ごみの仕分けをしよう

空き家の片付けをすると不用品や粗大ごみがたくさん出ます。まずは、不用品や粗大ごみの仕分けをざっくりと行いましょう。最低限の必要なものだけを残して、後は思いきって処分してください。なお、効率よく仕分けするためにも、不用品の一時置き場と粗大ごみ置き場を作るとわかりやすいのでおすすめです。

4-3.仕分けの注意点を確認しよう

不用品の仕分けでは、処分に迷うものも出てきます。たとえば、位牌(いはい)や思い出の品ですね。古い位牌(いはい)にかんしては、そのまま捨てないでお寺でお焚(た)き上げをしてもらいましょう。また、思い出の品にかんしては無理に処分する必要はありません。アルバム類など、捨ててしまって後悔しそうなときは保留にして後日考えましょう。ただし、思い出の品も残すものは最低限にしてください。洋服や家具などの日用品にかんしては、処分に回しましょう。

4-4.不用品回収の方法を学ぼう

不用品回収の方法として、いくつかメリットとデメリットと共にご紹介します。

4-4-1.地方自治体による回収

不用品は、ごみとして種類別に仕分けることで自治体に回収に出すことも可能です。ただし、自治体によってごみ出しのルールが異なりますので利用するときにはよく調べてからにしましょう。

  • メリット:粗大ごみ以外は無料で出すことができる
  • デメリット:粗大ごみは有料・家電リサイクル法対応品目やPCはごみに出すことができない

4-4-2.リサイクルショップによる買い取り

不用品の中でも、リサイクルできるものはリサイクルショップに買い取りを依頼することができます。家具や家電・まだ着ることができる洋服類など、検討してみましょう。

  • メリット:買い取り対象になればお金が手に入る・ものの寿命が延びる
  • デメリット:買い取り対象ならないものも多い・引き取りは有料でも受け付けていない

4-4-3.不用品回収業者による回収

不用品回収を専門に取り扱っている業者に依頼する方法は、最もおすすめです。特に、空き家の片付けでは大量の不用品が発生するため専門業者に依頼することでスムーズに回収を進めることができます。

  • メリット:空き家の片付けを丸ごと依頼できる・不用品や粗大ごみの処分もできる
  • デメリット:片付け費用が数万円程度必要になる

4-5.空き家の安全確認もしておこう

空き家の片付けをするときには、以下の安全確認もしておきましょう。特に空き家になる前に高齢者がひとり暮らしをしていた場合は、何かと不具合があることも多いです。

  • 雨漏(も)りがある部分は無いか
  • 塀(へい)が壊れている部分は無いか
  • 窓ガラスが割れていたりカギが壊れていたりする部分は無いか
  • そのほか防犯を考えて不安な点は無いか

空き家であっても、持ち家の場合は財産のひとつとなります。売却したり賃貸に出したりする前のトラブルを防ぐためにも、片付けのときに不具合をチェックして必要に応じて修繕をしておきましょう。

4-6.空き家の片付けにかんするそのほかの注意点

実際に空き家の現状を目にすると、ショックを受けて茫然(ぼうぜん)としてしまう人も多いです。冷静に順序よく作業をこなすためには、あらかじめ作業リストを作っておくと迷いません。また、大まかな作業スケジュールも決めておくと、作業の進み具合がわかって便利です。それでも、空き家の片付けには予想以上の時間が掛かることがあります。作業スケジュールは余裕を見ておきましょう。効率よく作業をするためには、思い出にひたっている時間はありません。まずは片付けを完了してからにしましょう。

5.空き家の片付けに伴う業者選びについて

空き家の片付けは、プロの業者に依頼することでスムーズに進めることができます。業者に依頼するメリットやコツ・業者選びのポイントなどを解説しましょう。

5-1.空き家の片付けをプロに依頼した方がいい場合とは

以下のような場合は、プロに依頼することをおすすめします。

  • 空き家がごみ屋敷になっているとき
  • ものが多過ぎて仕分けが困難なとき
  • 忙しくて片付ける時間が無いとき
  • 片付けを手伝ってくれる人がいないとき
  • 空き家が遠方にあるとき

空き家の片付けは想像以上に大変です。状況を考えるとプロに依頼した方がいい場合が多いでしょう。

5-2.プロに依頼するメリットを確認しよう

プロに空き家の片付けを依頼するメリットはたくさんあります。

  • 空き家の片付けがスムーズに進む
  • 虫害やネズミ被害を目にしなくて済む
  • 大量の不用品やごみの処分ができる
  • 時間や手間を節約できる
  • 遺品・貴重品を探してもらえる
  • 自分たちだけで片付けるよりキレイ

親族が片付けを行うとなつかしさが先立って手が止まりがちです。私情を挟むことなく客観的に作業ができる点からも、業者に依頼するメリットは大きいと言えます。

5-3.業者選びのポイントを伝授

空き家の片付け・遺品整理は、業者選びが大きなカギを握ります。具体的には、下記のポイントに当てはまる業者を選びましょう。

  • 空き家の片付け実績が豊富にある
  • 片付けや遺品整理の相談に乗ってくれる
  • 不用品の処分だけでなく買い取りも行っている
  • 費用システムが明確でリーズナブル
  • 希望の日時に作業が可能である
  • 利用者の評判が総じて良い
  • 古物商許可・産業廃棄物収集運搬許可など持つ正式な業者である

なお、当社でも空き家の片付け・遺品整理の相談を受けています。ぜひ検討してくださいね。

ダストネット東京

5-4.空き家の片付けを業者に依頼するときのコツ

業者に依頼する前に、何をしてほしいのか・どこまでやってほしいのかを明確にしておきましょう。業者としても、依頼者の希望がハッキリしているとやるべきことが明確になって作業もしやすいものです。また、結果として依頼者の満足度も上がります。契約内容以外の作業については、事前に確認して了承したものだけを行ってもらいましょう。業者との連絡や確認をこまめにすることで、多くのトラブルを防ぐことができます。

5-5.空き家の片付けの料金設定について

業者を選ぶときには、料金設定が明確であることがひとつの条件です。実際の料金は、家の大きさ・広さや作業内容・作業の難易度により異なります。まずは、業者に現場を見てもらって見積もりを依頼しましょう。また、将来空き家を賃貸に出したり住居として活用したりする予定がある場合は、ハウスクリーニングサービスを利用することも検討してください。なお、お得なパック料金システムを採用しているところだと費用を安く抑えることができますよ。

5-6.空き家を片付ける流れを理解しよう

業者による空き家の片付けは、契約後以下のような流れで進みます。

  1. 業者が現場の状況を再確認する
  2. 不用品を仕分けしていく(遺品探しも同時に行う)
  3. 不用品や粗大ごみを運び出す
  4. 部屋を掃除する
  5. ​依頼者に作業終了の報告をして完了

作業には、数時間から1日必要となります。依頼者の現場立ち会いは、基本的に必要ありません。ただし、空き家の片付け中には作業員からの連絡を受けることができるようにしておきましょう。

5-7.空き家の片付けではこんな業者に注意しよう

空き家の片付けを依頼するときには、何よりも信頼できるかどうかが業者選びのポイントになります。たとえば、街中を営業車で巡回している業者や訪問による勧誘をしている業者は、契約をおすすめしません。無理な営業をしている業者の中には、無許可で不用品回収や遺品整理を行って法外な料金を請求する悪質なところも多いです。空き家の片付けや遺品整理は、きちんと事前調査をしてからここだと思った業者に依頼してください。

6.空き家の片付けにかんするよくある質問

最後に、空き家の片付けにかんするよくある質問に回答します。それぞれの内容を確認して、知識を補完しておきましょう。

6-1.虫やネズミが大量発生している空き家でも片付けを依頼できますか?

空き家になって長期間放置した場合、害虫やネズミなどが大量発生してしまうことがあります。片付けをしたくても、なかなか乗り気にならずに困っている人もいるでしょう。害虫やネズミ問題にかんしては、業者も想定していることです。安心して依頼しましょう。ただし、現場の状態によって駆除処理や消毒作業を行うため、オプション費用が発生する可能性が高くなります。費用にかんしては、見積もりの段階でしっかり確認しておきましょう。

6-2.遺品の探し出しにはオプション料金が必要ですか?

遺品探しは、不用品の仕分けと同時に行います。しかし、業者によって基本料金に含まれていたりオプションとなったりとまちまちです。まずは、業者に確認しておきましょう。なお、遺品の探し出しを依頼しても必ずみつかるとはかぎりません。万が一みつからなかった場合の対応にかんしても決めておきましょう。

6-3.自殺や他殺で空き家になった場合でも片付けを依頼できますか?

業者によっては、片付けが依頼できる場合もあります。空き家になる理由は、自然死や病死・引っ越しだけではありません。自殺や他殺で家主が死亡する場合もあります。自殺や他殺となると、警察の捜査が終わるまでは片付けができません。また、体液や血液汚染・細菌感染など独特の問題があります。自殺や他殺で空き家になった場合の片付けは、特殊清掃を取り扱っている業者に依頼しましょう。

6-4.片付けの費用をできるだけ抑えたい場合のアイデアはありますか?

たとえば、不用品の仕分けや掃除を自分たちで行い、不用品回収だけを業者に依頼するという方法なら費用を安く抑えることも可能です。また、トラック積み放題などのパックプランを利用することで回収費用もお得になるでしょう。自分たちでやる部分を増やすことと、お得なプランをみつけることが重要なカギとなります。ただし、費用を抑えるために無理をして体を壊したり疲れきったりしないように気を付けてくださいね。

6-5.現場立ち会いをまったくしなくても問題ありませんか?

基本的に現場立ち会いは必要ありません。遠方の家の片付けを依頼した場合は、実質的に立ち合いが不可能な人も多いものです。しかし、作業の様子が知りたいときは、業者からタイミングを見て連絡をもらうようにしておきましょう。すべての作業を安心して任せるためにも、業者が信頼できることが大切です。

まとめ

空き家の片付けや遺品整理にかんすることを詳しく解説してきました。最後まで記事を読んだ皆さんは、空き家の片付けにかんして不安や迷いが無くなったはずです。空き家の片付けは、専門業者の手を借りて効率よく進めることをおすすめします。空き家の片付けや遺品整理の経験が豊富な業者を選んでください。思い入れのある家の片付けは精神的に辛(つら)いこともあるでしょう。しかし、スッキリと片付けることは気持ちの整理にもなるのです。遺品整理の場合は、個人の供養のひとつにもなります。できるだけ早く手を付けて、解決してしまいましょう。

365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!