空き家の片付けで悩む人へ! 掃除・不用品回収のコツを伝授!

1.空き家問題とは何?

まずは、空き家問題とは何かから学ぶことにします。問題が起こっている背景や理由について理解してください。

1-1.深刻化する空き家問題

今、空き家問題が深刻化しています。日本全国には、多くの空き家が存在していることは事実です。しかも、長期間放置している物件が多くなっています。空き家が増えることは、治安・衛生・安全など各方面に悪影響があるため、決して放ってはおけない問題となっているのです。空き家を活用しようにも、悲惨な状態であることも多く、整備するための手間や費用の問題もあってスムーズに進まないのが現状と言えます。

1-2.空き家問題の背景には高齢化がある

空き家問題の背景には、高齢化社会が隠れています。高齢者がひとりで住んでいたものが、福祉施設への入居や死亡などにより空き家になるケースが多いからです。また、高齢者は今まで住んでいた環境を手離すことを拒否しがちなため、子ども世代の同居が実現しにくいという現状もあるでしょう。高齢化社会がひとり暮らしの高齢者を多数生み出した結果、空き家問題が急速に浮上したのです。

1-3.空き家問題はなぜ発生するのか

空き家問題が発生する原因は、以下のようにさまざまなものを考えることができます。

  • 空き家の片付けが単純に面倒くさいから
  • 家付きの土地だと固定資産税が優遇になるから
  • 解体費用を出すことができないから
  • 老朽化した状態では賃貸もしにくいから

空き家になっても、すぐにほかの人が住んだり解体したりすれば問題ありません。しかし、実際には複雑な事情が絡んで空き家のままになっていることも多いのです。

1-4.空き家問題から派生するさまざまな困りごと

空き家になると、家の手入れをしなくなるため害虫やネズミの発生源となってしまいます。すると、不衛生な状態になるため周囲の住民の健康をおびやかす存在となるのです。また、空き家であることがわかると不審者が住み着いたり犯罪の温床になったりする可能性もあります。さらに、適切な手入れを行わないまま家が老朽化すると倒壊のリスクも出るので危険です。老朽化が進んだ家は、景観の問題も否定できません。空き家問題は、当事者だけの問題ではなくなってきているのです。

2.空き家への対応策を学ぼう

空き家問題は、自治体でも深刻なものだと把握しています。現状、どのような対応となっているのか確認しておきましょう。

2-1.自治体の空き家対応の現状について

各自治体では、空き家の適正管理ができるような条例を出しています。たとえば、自治体の勧告を受けて空き家の解体を行うときに費用の何割かを負担するといった感じですね。多くの自治体で、空き家の解体・処分を進めやすくすることで問題の早期解決に取り組んでいます。しかし、現状としては、空き家の増加スピードに自治体の対応が追い付いていないことも忘れてはいけません。

2-2.空き家にかんする法律上の問題は?

空き家問題にかんしては、国も事態の深刻化を懸念しています。そのため、現在は空き家対策特別措置法によって「解体の通告」や「強制退去」の発令が可能となりました。しかし、空き家にも財産権があるため強制しにくいという現状もあります。特に、家の持ち主が存命で、認知症やそのほかの事情によって施設や病院に入っている場合は困難です。法律の整備が進んでも、空き家問題がなかなか解決しない現状も理解しておきましょう。

2-3.空き家の対応策として周囲ができること

空き家の対応策としては、周囲に住んでいる人が積極的に見回りをしたり周辺の掃除を行ったりすることで良からぬ状態を避けることができます。空き家であっても、誰も見向きをしない家にしないことが大切です。また、空き家でなくても家主が一時的に入院したり不在にしたりするときには、お互いに助け合って家の管理をすることができるようにしておきましょう。普段からの近所づきあいこそが、空き家対策として最良の方法なのです。

みんなの評価 
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
Loading...
※5段階の簡単評価です。★を選択することで誰でも簡単に評価できます。
365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!