【必見】空き家の片付けで悩む人へ! 掃除・不用品回収のコツを伝授!

2.空き家への対応策を学ぼう

空き家問題は、自治体でも深刻なものだと把握しています。現状、どのような対応となっているのか確認しておきましょう。

2-1.自治体の空き家対応の現状について

各自治体では、空き家の適正管理ができるような条例を出しています。たとえば、自治体の勧告を受けて空き家の解体を行うときに費用の何割かを負担するといった感じですね。多くの自治体で、空き家の解体・処分を進めやすくすることで問題の早期解決に取り組んでいます。しかし、現状としては、空き家の増加スピードに自治体の対応が追い付いていないことも忘れてはいけません。

2-2.空き家にかんする法律上の問題は?

空き家問題にかんしては、国も事態の深刻化を懸念しています。そのため、現在は空き家対策特別措置法によって「解体の通告」や「強制退去」の発令が可能となりました。しかし、空き家にも財産権があるため強制しにくいという現状もあります。特に、家の持ち主が存命で、認知症やそのほかの事情によって施設や病院に入っている場合は困難です。法律の整備が進んでも、空き家問題がなかなか解決しない現状も理解しておきましょう。

2-3.空き家の対応策として周囲ができること

空き家の対応策としては、周囲に住んでいる人が積極的に見回りをしたり周辺の掃除を行ったりすることで良からぬ状態を避けることができます。空き家であっても、誰も見向きをしない家にしないことが大切です。また、空き家でなくても家主が一時的に入院したり不在にしたりするときには、お互いに助け合って家の管理をすることができるようにしておきましょう。普段からの近所づきあいこそが、空き家対策として最良の方法なのです。

3.空き家と遺品整理について

空き家の片付けでは、遺品整理の問題が絡んでくることも多いです。ここでは、遺品整理の基本を学びましょう。

3-1.遺品整理問題を考える

人はいつ死ぬのか、自分でも予測できません。中には、生前整理を早めに進めることができる人もいます。しかし、多くの人は特に準備をしないままに死を迎えているのが現状です。そのため、ひとり暮らしの親が死ぬと遺品整理問題が残ります。最近まで生活をしていた状態なので、物量も多く、必要なものと不用品・ごみが混在している状態です。さらに、遺品として残すべきものが入っているため、片付けがとても大変なのが遺族の悩みと言えます。

3-2.実家が空き家になるということ

親が元気なうちは、実家が空き家になることを思いもしなかった人も多いはずです。空き家問題が自分のこととなるとは、想像しづらいのもわかります。しかし、親から独立したまま同居をしないで親が亡くなるということは、実家がいつか空き家になることは当然のことなのです。片付け作業は、なつかしい気持ちとさみしい気持ちの両方が混在します。しかし、現実として認識をしたり片付けをしたりすることで親の供養にもなると考えましょう。

3-3.空き家と遺品整理にかんする相談窓口や解決法

空き家の片付けや遺品整理についてひとりで悩んでいても何も解決しません。困っていることがあるときは、ほかの人の助けを借りましょう。不安や悩みがあるときはぜひ当社の相談窓口を利用してください。経験豊富なスタッフが無料で相談に応じます。

ダスト.net 東京の遺品整理案内ページ

365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!