仏像の処分方法とは? 仏壇や神棚と同じく供養してから処分がベスト

先祖から引き継いだ仏像がある、遺品整理で仏像が出てきたなど、遺品や形見分けのときに仏像が出てきた場合、どう処分したらいいのかご存じですか? 仏像は、ゴミと同じように扱うのは好ましくありません。仏像には魂が宿り、供養が必要です。正しく処分するためにも、供養や魂抜きについて理解しておきましょう。
今回は、仏像の処分方法についてご紹介します。

  1. 仏像を処分したい
  2. 仏像の処分・どうしたらいいか?
  3. 仏像の処分・仏具店や寺による方法
  4. 仏像の処分・不用品回収業者に頼む場合
  5. 仏像の処分でよくある質問
  6. まとめ

この記事を読むことで、仏像の処分方法がよく分かります。仏像の処分時は、どこに持ち込むべきか迷うことが多いものです。処分の手順をしっかり理解し、正しく捨てるようにしましょう。

1. 仏像を処分したい

仏像の処分を考えるタイミングや、仏像の種類などについて解説します。

1-1.どんな場合に処分したいのか?

多くの場合、ライフスタイルに合わず、仏像を引き取ることができないため、処分を考えています。飾る場所がない、どう対処すべきか分からないという意見が圧倒的です。家庭環境にそぐわないものは、持っていても仕方がありません。思いきって処分するようにしましょう。

1-2.仏像の種類について

仏像は、金属や木などの素材でできています。仏壇に祀(まつ)るのが一般的です。その場合、中央にある仏像がご本尊で、左右に祀るのが脇侍(きょうじ)となります。仏像には、如来・明王・天部・菩薩(ぼさつ)などの種類があるのです。

1-3.注意点

仏像を処分する場合、家族や親族の合意が必要です。代々受け継がれてきた仏像であれば、一人の意見で捨ててしまったら、後々トラブルになることがあります。必ず、処分前に話し合いましょう。

2.仏像の処分・どうしたらいいか?

仏像の処分について、具体的に考えていきましょう。

2-1.ゴミとして出していいのか?

仏像は、自治体の粗大ゴミや不燃ゴミとして出すことができます。しかし、本来は、きちんと供養してから処分するべきで、魂が入ったまま捨てることは好ましくありません。

2-2.供養について

仏像の供養については、賛否が分かれます。一般的には、きちんと供養を終えてから処分することが望ましいでしょう。宗派の方針や親族の意向などを踏まえ、供養を考えてください。

2-3.魂抜き・お性根抜き・閉眼供養について

供養の方法は、魂(たましい)抜き・お性根(しょうね)抜き・閉眼(へいがん)供養となります。言い方は異なりますが、どれも同じ意味で使われている言葉です。菩提寺などに持ち込み、お経を上げてもらい、仏像から魂を抜く儀式となっています。

2-4.仏像の処分における注意点

仏像の魂を抜いた後は、通常のゴミとして処分しても構いません。菩提寺で引き取ってもらえる場合もありますから、魂抜きの際に相談しましょう。

3.仏像の処分・仏具店や寺による方法

仏具店や寺で処分する場合の流れや方法を覚えておきましょう。

3-1.仏具店や寺で処分する場合

仏具店では、宗派を問わず引き取りを行っています。事前に問い合わせをし、引き取り可能かどうかを確認してください。仏壇の購入が条件になる場合もあるため、注意が必要です。供養を行うかどうかは、仏具店によって異なります。
寺に依頼するのは、最も安心できる処分方法です。魂抜きなどの供養も行ってもらえ、仏像の処分まで引き受けてくれます。菩提寺に相談するのがベストです。宗派が異なる仏像は、受けつけてもらえない可能性があるでしょう。

3-2.料金など

仏具店に依頼する場合、1〜3万円程度の費用がかかります。仏具店によって料金設定が異なるため、問い合わせ時に確認してください。
寺での供養と処分は、明確な料金が定められていないのが現状です。お布施として納める場合がほとんどでしょう。

3-3.メリット・デメリット

仏具店や寺に依頼するのは、自分で処分するより確かな方法です。供養をしてもらえれば、心置きなく処分ができます。ただし、数万円の費用負担が発生するデメリットがあり、処分にお金をかけたくない場合は、ほかの方法を考えなければなりません。

4.仏像の処分・不用品回収業者に頼む場合

仏像の処分を、回収業者に依頼する方法もあります。

4-1.業者選びのポイント

回収業者は年々数が増え、業者選びに迷うことが多くなってきました。ポイントは、遺品整理などを手がけている業者かどうかです。仏像は魂抜きなど供養が必要なものであるため、遺品などと同様に、供養をきちんと終えて処分してくれる業者なら安心して依頼できるでしょう。思い出の品や形見として、大切に扱ってくれるか、業者の姿勢をよく見て判断してください。

4-2.不用品回収業者に頼むメリット・デメリット

遺品整理などをきっかけに仏像を処分する場合、仏像以外にも処分するものがたくさん出てきます。不用品回収業者なら、たくさんの不用品をまとめて処分でき、速やかに仏像の処分を終えることができるのです。位牌(いはい)・神棚・だるま・破魔矢(はまや)などの処分も依頼できます。遺品整理から依頼したい場合も便利です。荷物の量に応じた金額が加算されるため、費用がかかるのがデメリットとなります。しかし、時間がかかる遺品整理を迅速に終えることができ、費用対効果が高い方法といえるでしょう。遺品整理を手がけるダスト.net東京までお問い合わせください。

4-3.不用品回収業者の料金

仏像の大きさにもよりますが、1体につき数千円の回収費用がかかります。ほかにも処分したいものがある場合、まとめて回収したほうがお得です。定額パックプランを利用しましょう。ダスト.net東京の料金は、以下を参照してください。

  • カゴ車おまかせパック 1万2,000円
  • 軽トラックおまかせパック 3万円
  • 1平トラックおまかせパック 5万円
  • 2平トラックおまかせパック 9万5,000円

いずれも、税別となります。

4-4.不用品回収業者に依頼するときの注意点

不用品回収業者の質には差があります。良質な業者の基準として、許可番号を確認しましょう。リサイクルに必要な古物商の許可、不用品の回収に必要な産業廃棄物収集運搬業の許可を得ていることを見てください。無許可の不用品回収業者は、利益を貪る悪質な例が多く、消費者とのトラブルも絶えません。利用前に注意して見てください。

5.仏像の処分でよくある質問

仏像の処分は、分からないことが多いものです。質問集で疑問を解決してください。

Q.お布施として寺に納める場合は、いくらくらいが目安?
A.お布施には、明確な基準がありません。1万〜5万円が目安でしょう。あくまでも、気持ちとして添えるものです。

Q.粗大ゴミとして捨ててしまっても問題はない?
A.特に気にされない方は、粗大ゴミとして出してしまうことがあります。しかし、親族の同意を得てからにしてください。供養しておけばよかったなど、後悔のないようにしましょう。

Q.お土産でもらった仏像も供養が必要?
A.お土産でもらった仏像も、供養を終えてから処分するのが理想です。菩提寺がない場合は、近くの寺や仏具店に相談しましょう。宗派などの括(くく)りがない方法をお探しなら、不用品回収業者の活用がおすすめです。

Q.仏壇の買取も依頼したい
A.仏像の処分と同時に、仏壇も手放したいというケースもあるでしょう。仏壇の買取を希望する場合、不用品回収業者に相談してみてください。仏具店でも買取できる場合があります。ただし、買取に出す前は、魂抜きや閉眼供養を忘れずに行いましょう。

Q.不用品回収業者はすぐに対応してくれるのか?
A.不用品回収業者は、スピーディーな対応を心がけています。問い合わせ当日に訪問することもでき、迅速に仏像の処分ができるでしょう。

6.まとめ

いかがでしたか? 仏像の処分は、供養が必要なことが分かりました。魂抜き・お性根抜き・閉眼供養と呼ばれるものです。供養は、菩提寺など寺で行うことができます。仏具店を介して、処分を依頼することも可能でも、費用が高くなる傾向があるでしょう。遺品整理などをきっかけに仏像を処分するなら、不用品回収業者が便利です。お得な費用で依頼することができます。不用品回収業者なら、実績豊富なダスト.net東京までお問い合わせください。

365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!