壊れたパソコンを処分したい! 安全でお得な方法とは?

タブレットやスマホの普及でパソコンを使う機会も少なくなってきたこの頃、壊れたパソコンや不要になった古いパソコンが自宅に眠ったままになっていませんか?パソコンの処分には「PCリサイクル法」が適用されます。また、個人情報の流出防止や環境汚染防止の観点からも、処分には注意が必要です。そこで今回は、壊れたパソコンの処分方法について詳しくご紹介します。

  1. 壊れたパソコンの修理と買取について
  2. 壊れたパソコンの処分方法について
  3. 壊れたパソコンを処分する前にやるべきこと
  4. 壊れたパソコン処分でよくある質問
  5. まとめ

この記事を読むことで、大切なデータの流出を防いで安全・確実に壊れたパソコンを処分する知識が身につきます。ぜひお役立てください。

1.壊れたパソコンの修理と買取について

壊れたパソコンを不用品として処分する前に、まずは修理や買取の可能性についてみていきましょう。そもそもパソコンの処分は「資源有効利用促進法(PCリサイクル法)」に基づいて行われますが、その趣旨は家庭で不要になったパソコンを、資源として再利用することにあります。リサイクルだけでなく、修理してリユースするという選択肢も大切です。

1-1.どこが壊れている?主な症状と故障箇所

パソコン不具合の主な症状としては、電源が入らない、起動できない、頻繁にフリーズする、異音がする、シャットダウンができないといったものから、起動後すぐに切れる、CD/DVDが読み込めない、特定のキーが入力できない、液晶画面が暗い、画面がモザイク状になる、電源が勝手にON/OFFを繰り返すなど、多岐にわたります。

故障箇所は、ハードディスク(HDD)・メイン基盤(M/B・マザーボード)をはじめ、電源ユニット・メモリー関連・CPU・CD/DVDドライブ関連・キーボード・液晶ユニットなどです。

1-2.修理を検討する場合

壊れてしまったパソコンも、部品の交換や修理をすれば再び使えるものもあります。ただし、故障箇所によっては修理費が高額になることも。たとえばマザーボードはパソコンのメイン基盤のため、交換となると通常数万円かかります。まずは見積もりを出してもらって、修理をするか処分するか判断しましょう。

1-3.壊れたパソコンは買取に出せるの?

パソコンが壊れていたら買取はムリだと思っていませんか?実は壊れていても買い取ってもらえるケースがあります。

壊れている部品を交換してパソコンとして再生すれば、中古品として販売することもできますし、修理できない場合でもパーツやレアメタルなどの素材を回収することもできるので、買取業者にとっては価値があるのです。

365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!