ウォシュレットを自分で取り付ける方法~特別な技術は不要です!

2.ウォシュレットの外し方

では、まずウォシュレットの外し方についてご説明しましょう。

2-1.トイレの止水栓を閉める

最初にするべきなのは、トイレの止水栓を閉めることです。
止水栓とは元栓のことで、トイレ内に設置されているはずでしょう。
マイナスドライバーを使って、動かなくなるまで回してください。
トイレの止水栓はハンドルタイプのものもあります。
止水栓のタイプを事前に確認し、閉め方を調べておくようにしましょう。

2-2.トイレのタンクを外す

次に、トイレのタンクを外します。
タンクを持ち上げると半透明のホースが接続されているため、取り外してください。
ゴムホースや金属パイプでつながっているものもありますが簡単に取り外すことができるでしょう。
持ち上げるだけでホースが外れるタイプのものもあります。
タンクは陶器でできているため、安全な場所に移動しておいてください。

2-3.給水管を取り外す

タンク側の給水管を外していきます。
給水管はナットで固定されているため、モンキーレンチで回すと簡単に外すことができるでしょう。
給水管を取り外した後は、分岐金具を外します。
このとき、水がこぼれてくることがあるため、下にバケツなどを用意しておくのがおすすめです。

2-4.便座と電源・アース線を外す

便座をスライドし、ウォシュレット取り付けベースが出てくるのを確認します。
プラスドライバーで回していくと裏側にベースプレート用ゴムが付いているため、押さえながら回すようにしてください。
最後に、電源とアース線を抜きます。
アース線はカバーを開けると金属のネジが出てくるため、プラスドライバーで左に回して緩めていきましょう。
アース線を下に引っ張ると簡単に外すことができます。

3.ウォシュレットの取り付け方

次に、新しいウォシュレットの取り付け方をご説明します。
取り扱い説明書に従って正しい手順ですすめていきましょう。

3-1.ベースプレートを取り付ける

新しいウォシュレットを購入すると、便座を固定するための部品が付いてくるでしょう。
このベースプレートという部品はプラスチック状になっており、ネジとゴムで閉めていきます。
ベースプレートは動かなくなるまでしっかりと取り付ける必要があるのです。

3-2.分岐器具を取り付ける

続いて、分岐器具を取り付けていきます。
分岐器具も購入時に付属の部品として付いてくるでしょう。
モンキーレンチを使ってしっかりと閉めます。

3-3.給水管を取り付ける

給水管は既存のものを使用して問題ありません。
購入時にフレキシブル管が付属してくるため、どちらを使用するかは臨機応変に対応しましょう。
モンキーレンジで上下ともにナットを回せば固定できます。

3-4.便座をはめ、電源とアース線を差し込む

固定したベースプレートに便座をはめます。
ベースプレートにスライドさせるように奥に押し込むだけで固定することができるでしょう。
最後に、電源を差し込んでアース線を取り付ければ完了です。

4.不要になったウォシュレットの処分方法

不要になったウォシュレットはどのように処分したらよいのでしょうか。
処分に困った人はぜひ参考にしてみてください。

4-1.粗大ゴミとして捨てる

ウォシュレットは、ほとんどの自治体で粗大ゴミとして扱っています。
ただし、自治体によってゴミの分類や捨て方に違いがあるため、ホームページなどで確認しておくとよいでしょう。
粗大ゴミとして捨てる場合は、事前に料金や回収日時について問い合わせておく必要があります。
雑巾で軽く拭いて、できるだけきれいにしてから回収場所まで持って行くようにしましょう。

4-2.不用品回収業者に依頼する

不要になったウォシュレットは、不用品回収業者に回収してもらうことも可能です。
家庭から生じた不用品はたいてい回収してもらえるため、確認してみるとよいでしょう。
不用品回収業者のメリットは、自宅まで引き取りに来てもらえるという点。
自分で分別したり持ち運んだりする必要がないため、手間を最小限に抑えることができるでしょう。
状態のよいものであれば、買い取ってもらえる可能性もあります。
ほかにも処分したいものがあれば、まとめて依頼してみましょう。

5.まとめ

いかがでしたでしょうか。
ウォシュレットを自分で交換する際には、正しい手順を知っておく必要があります。
余分な出費を抑えるためにも、ぜひこの記事を参考にしてみてください。
不要になったウォシュレットについても、ベストな方法で処分しましょう。

365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!