自転車の音がうるさい!そんなときの対処法とは?放っておくと危険?

自転車の音がうるさいとき、原因は何でしょう。
後輪がキーキーと鳴っていたり、ライトを点(つ)けるとおかしな音がしたりすることはありませんか?
自転車の音がうるさい場合、ほとんどの原因はブレーキかチェーンにあります。
そんなときは、どう対処すればよいのでしょうか。

  • 自転車のブレーキ音がうるさくて困っている
  • チェーンの錆(さ)びが原因なのか?
  • 自転車から異音がするときの対処法を知りたい

そんな困った悩みを解決しましょう。

1.自転車の音がうるさい原因

自転車に乗っているときにうるさい音がすると周囲の目も気になってしまいますよね。
何となく、自転車に乗るのが嫌になってしまうこともあるでしょう。
まずは、自転車から異音がする原因についてまとめてみました。

1-1.チェーンの劣化や油不足

自転車から異音がする場合、その原因はほとんどがチェーンにあります。
もちろん、長く乗り続けているとチェーンは劣化するでしょう。
錆(さ)びたり汚れが付着したりして滑らかな走行を妨害することになります。
そういった劣化や汚れは、簡単に避けることができないものです。
しかし、異音の原因がチェーンのたるみや油不足にある場合も。
チェーンのたるみを放置していると危険です。
立ちこぎなどで強く踏み込んだときに、突然チェーンがちぎれて大ケガする可能性もあるでしょう。
走行中にチェーンが外れると事故を起こしてしまうことも考えられます。
異変を感じたらすぐにメンテナンスしましょう。

1-2.ブレーキの摩擦

自転車の異音は、ブレーキが原因の場合もあるでしょう。
車輪にあたるゴムの部分を「ブレーキシュー」、タイヤ内側にあるリング状の部分を「リム」と呼びます。
この摩擦面がタイヤと共鳴し、振動しているのです。
自転車のブレーキは前輪と後輪に付いており、原因があるのはどちらなのか調べておく必要があるでしょう。

365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!