自転車の廃棄方法が知りたい! 処分のポイントや注意点について

自転車が要らなくなったとき、どうやって処分したらよいのか悩みますよね。すぐに自転車を処分したくても回収日が決まっていたり、手間がかかったりと何かしらうまくいかないものです。しかし、事前に自転車の廃棄方法を把握しておけば、スムーズに処分することができるでしょう。また、まだ使える自転車であれば、リサイクルすることも可能です。本記事では、自転車廃棄の基礎知識・不用品回収・リサイクルについて説明します。

  1. 自転車の廃棄について
  2. 自転車の廃棄~不用品回収について
  3. 自転車の廃棄~リサイクルについて
  4. 自転車の廃棄に関してよくある質問

この記事を読むことで、自転車の廃棄方法が分かります。処分に悩んでいる方やリサイクルしたい方は、ぜひチェックしてください。

1.自転車の廃棄について

自転車を自分で処分する場合は、自治体回収を利用することになるでしょう。正しく処分するためには、基礎知識を身につけることが大切です。それでは、詳しく説明します。

1-1.廃棄処分する場合

廃棄処分する場合、自転車は何ゴミになるのでしょうか。粗大ゴミの捨て方、メリット・デメリット、料金について説明します。

1-1-1.自転車は何ゴミか?

「粗大ゴミ」として分類されている自治体がほとんどです。しかし、自治体によってはゴミの分類が異なるケースもあるため、事前にホームページなどで確認しておいたほうがよいでしょう。粗大ゴミの場合は、回収指定場所・料金についても聞いておく必要があります。

1-1-2.粗大ゴミの捨て方について

粗大ゴミで捨てる場合は、自治体によって回収日が決まっています。「○日までに回収指定場所へ持って来てください」と指示されることがほとんどでしょう。回収指定場所へ運ぶ前に、粗大ゴミシール(券)を地元の商店やスーパーマーケットなどで購入しなければなりません。自転車に貼りつけた後、指定回収場所まで運びます。運搬が難しい方は、自宅まで回収にきてもらうことも可能です。しかし、自治体によっては回収していないところもあるので注意してください。

1-1-3.メリット・デメリット

自治体回収を利用するメリットは、低費用で処分できることです。具体的な料金については、後ほど【1-1-4.料金について】で説明します。しかし、回収日が決まっている・回収指定場所まで運ばなければならないという点がデメリットです。すぐに処分したくても、回収日まで待たなければなりません。自転車を回収場所まで運ぶのも、手間がかかります。

1-1-4.料金について

自転車の処分にかかる費用は、約500円です。ただし、自治体によって料金が異なるため、事前にチェックしたほうがよいでしょう。また、自転車の重量・大きさで金額が異なる可能性もあるので注意してください。家まで来てもらう場合は、収集・運搬費用がかかる可能性もあります。

1-2.注意点

自転車を廃棄する前に、防犯登録の抹消(まっしょう)を行わなければなりません。防犯登録の抹消は、自転車を販売しているところならどこでも可能です。購入者本人の身分証明書と防犯登録時にもらった控え(防犯登録カード)を用意してください。防犯登録カードが紛失した場合は、購入時の領収書・保証書(車体番号が記載されているもの)で代用できます。それもない場合は、お店に相談してください。

365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!