布団の捨て方とは?自治体の処分方法・リサイクル・回収業者をご紹介

1.布団を自分で捨てるには?

布団って燃えるゴミになる?それとも粗大ゴミ?分別がわからなくてつまずく方が多いでしょう。布団は自治体のゴミ回収に出すことができるのです。ポイントをご紹介します。

1-1.自治体のゴミ回収を利用する

自分でゴミ集積所へ持ち込むことで、自治体のゴミ回収を利用して処分することができます。燃えるゴミ・粗大ゴミの区分は、大きさに左右されるため、コツを知っておくだけで通常の燃えるゴミとして扱うことができるのです。

1-1-1.布団が粗大ゴミに該当する場合

布団はサイズが大きいですよね。通常、燃えるゴミは1辺30cm以下または燃えるゴミ袋に入るものと規定されています。そのため、布団をそのまま捨てるとなるなら、粗大ゴミとして事前申し込みが必要です。

1-1-2.燃えるゴミとして布団を捨てるには?

サイズを小さくするなら、燃えるゴミとして捨てることができます。つまり、細かく裁断するということです。布団を切りわけ、燃えるゴミ袋に入れていきます。一度にたくさん出さず、少しずつ指定されたゴミの日に出すようにしてください。

1-2.自治体のルールで布団処分をするには?

燃えるゴミなら、切りわけて小さくし、燃えるゴミ袋に詰めて捨ててください。粗大ゴミは事前申込制ですので、決められた日時に粗大ゴミ処理券を貼り付けて出しましょう。粗大ゴミは、通常のゴミ集積所に出してはいけません。集合住宅の場合は、共有玄関の目立つ場所へ出しましょう。戸建て住宅の場合は、敷地内の目立つ場所へ置いてください。

1-3.自治体で布団を捨てる場合の手数料

布団のような大型ゴミは、粗大ゴミとして捨てるのが最も簡単です。粗大ゴミ手数料は、自治体ごとに定めていますので、事前に粗大ゴミ受付センターのホームページで確認しておきましょう。布団は200円と比較的安値で処分できますが、自治体によって粗大ゴミ手数料には幅があります。
細かく裁断し、燃えるゴミ袋に入れる捨て方は、燃えるゴミ袋購入費用だけです。

1-4.布団を自治体で処分する場合のメリット・デメリット

布団は大型ゴミのため、自治体のゴミ集積所へ持ち運ぶのに手間と労力が必要です。そのため、階段や段差などでつまずく危険も高まります。
裁断して燃えるゴミとして捨てるなら、1度にたくさん捨てることができないため、全部捨てるまでに時間がかかるデメリットもあるでしょう。
自治体で処分するメリットは、費用が最も安いということ。費用を抑えて処分したい方にはおすすめです。

2.布団の処分を引っ越し業者に依頼する方法

布団を捨てようと思うきっかけは、断捨離や大掃除などが圧倒的です。また、1つのターニングポイントになるのは引っ越しでしょう。引っ越しで不用な布団を捨てて、新居の収納を確保しようと考える方も多いのです。引っ越し時はバタバタと忙しく、不用品の処分まで手が回らないというケースもあるのではないでしょうか?引っ越し業者に依頼して捨てる方法もあります。

2-1.引っ越しと同時に処分する

引っ越し業者に荷物を運び出してもらう際、不用な布団を処分してもらうことができます。ただし、有料ですので、引っ越し作業代金の見積もりを出してもらうときに、必ず布団廃棄があることを伝えてください。

2-2.どのように布団処分を行うのか?

引っ越し業者は、新居に移転するために荷物を移動するのが仕事です。布団など不用品の処分も請け負ってもらえますが、あくまでもオプションサービスと捉えておきましょう。
引っ越し料金に布団廃棄料をプラスして支払う必要があり、荷物を運び出す際に不用な布団を引き取ってもらえます。引っ越しと同時に処分したいという方に好まれている方法です。

2-3.引っ越し業者の布団廃棄料金

引っ越し業者は、引っ越しそのものに料金も幅があります。布団廃棄料金もまちまちで、3000~5000円(税抜き)が一般的です。布団1つに対しての費用ですので、数が増えれば費用も高くなるでしょう。

2-4.引っ越し業者を使って布団を処分するメリット・デメリット

引っ越し業者に依頼するメリットは、引っ越し当日に荷物の運び出しと処分ができることです。日にちをわけずに捨てることができます。
一方、デメリットは処分費用が高くなる傾向にあること。引っ越し業者は処分を専門としていないため、処分費用が回収業者より高くなることがあります。

みんなの評価 
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
Loading...
※5段階の簡単評価です。★を選択することで誰でも簡単に評価できます。
365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!