古くなった布団ってどうするの?布団の正しい処分方法お教えします!

どんなご家庭にも、布団のひとつやふたつあると思います。家族が多くなればなるほど布団の数も増えるでしょう。毎日必ず使うものですから、手入れも必要ですし寿命もあります。気分一新、新しい布団にしようと思ったとき、古い布団をどうすればいいのか悩まれることも。今回は、布団の処分方法に関してお教えします。

1.布団の処分方法
2.古くなった布団の再生に関して
3.古くなった布団の再利用
4.布団の寿命を判断する基準は?

1.布団の処分方法

布団の処分方法は、大きく分けて3種類あります。もちろん、布団の種類によっては無理な処分方法もありますのでご注意ください。

1-1.可燃ごみとして捨てる

一番手軽で身近な処分方法でしょうか。いつも使っている可燃ごみの指定袋に入れるだけです。とはいえ、袋が小さい場合は、布団を細かく切る必要があります。大量の布団を捨てる場合には向きませんが、かかる費用が袋代だけというのが魅力です。
羽毛布団の場合は、切り刻むと羽が出てしまうのでご注意ください。
ただし、可燃ごみとして出せない自治体も非常に多いので、事前に確認しておきましょう。

1-2.粗大ごみとして捨てる

自治体の粗大ごみシールや券を購入し、布団に貼り付けて回収日に出します。自治体によって勝手が違うので、事前に確認しておきましょう。ごみ券だけで捨てられるので、費用も比較的安くすみます。しかし、こちらも大量に捨てるには向きません。ごみ券も枚数分必要になるでしょう。

1-3.回収業者に依頼する

費用は高いですが、手間のかからない方法です。直接持ち込みも可能ですが、家まで回収しにきてくれるのが最大のメリットでしょう。大量に布団を捨てたいときにも最適です。
回収業者はいくつもあると思いますので、事前に見積もりをして、できるだけ安く対応の良い業者を選ぶといいでしょう。

365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!