中古オーディオ買取は楽に得に! スピーカー・アンプなどの処分方法

中古オーディオ機器は、他の家具家電よりも思い入れや愛着がわきやすく、処分に少し悩んでしまいますよね。だからといって、オーディオ機器を使わずに放置していてはもったいないです。あなたが知らないだけで、そのオーディオ機器には需要があるかもしれません。古くて壊れているから買取には出せないよ……面倒だし……という方は、ぜひ今回の記事を参考にしてみてください。

  1. オーディオの買取について
  2. 買取相場が高いオーディオについて
  3. オーディオの買取について
  4. オーディオの買取業者について
  5. 中古オーディオ機器の買取についてよくある質問
  6. まとめ

オーディオ機器をより高値でスッキリ手放すための方法やコツをまとめました。面倒くさがりな方や、1円でもお得に1日でも早くオーディオ機器を処分したい方は必見です。お金・時間・労力を無駄にしないためにも、ぜひ最後まで読んでください。

1.オーディオの買取について

1-1.オーディオとは?

オーディオとは、音声を出力・録音すること、もしくはその装置一般のことをいいます。スピーカー・コンポ・アンプはもちろんのこと、ヘッドホンや楽器なども定義の上ではオーディオです。

1-2.オーディオの主な種類

一般的なオーディオ機器には以下のような物があります。

  • スピーカー
  • レコードスピーカー
  • コンポ
  • アンプ
  • ミキサー
  • DVDプレーヤー
  • カセットデッキ

電子ピアノ・シンセサイザー・エレクトーン・DJ機材などの楽器類もオーディオとして扱う場合もあります。

1-3.買取対象のオーディオとは?

音声・録音において機能が使える物や、メーカー・歴史的価値・ビンテージ品として価値がある物は買取対象オーディオとなることが多いです。希少性の高いオーディオ機器は、たとえ機能を逸していてもジャンク品として中古販売されていることもあります。

2.買取相場が高いオーディオについて

2-1.オーディオは家電の中でも買取相場が高い

オーディオの中には、マニアやコレクター間ではとても高く買取される物もあります。昔のレコードプレーヤーなどは、希少性やビンテージ品としても非常に重宝されており、想像以上の買取価格が付くことがあるかもしれません。

2-2.人気の品目

中古のオーディオ製品で最も人気なのは、なんといってもスピーカーシステムでしょう。コーンだけでも中古販売がされているほどです。他にも、手軽に使えるコンポやアンプなどのオーディオ機器も、中古でも人気があります。

2-3.人気のメーカー

以下のような有名大手メーカーのオーディオ機器は、中古製品でも買取需要が高い傾向にあります。

  • ONKYO
  • DENON
  • ヤマハ
  • パイオニア
  • ビクター

3.オーディオの買取について

3-1.オーディオ買取のしくみ

オーディオ買取は、家具家電の中古販売とは少し違います。家具家電は、新しい物ほど買取価格相場が上がりやすく、逆に使える物でなければ需要はまったくありません。一方、オーディオ機器は中古品のハードルが低く、買取・販売のいずれも盛んにおこなわれています。

3-2.オーディオ買取のメリット

オーディオを買取してもらうメリットはさまざまです。

  • 不要になったオーディオ機器がお金にかわる
  • 捨てる手間を省ける
  • リサイクルできる(エコ)
  • 欲しい人の元に届く

3-3.買取できる/できないオーディオについて

希少性やマニアからの人気があるメーカーや型番のオーディオは、中古やジャンク品でも需要があります。しかし、大量生産品やそこまで希少性のないオーディオやもともとの定価が安すぎる物は、中古品の買取が難しいこともあるので期待しすぎないようにしましょう。

3-4.高額査定商品とは?

中古市場での需要が高いオーディオ機器は高額査定商品として取り扱われることがあります。高値で売れる物なら高値で買取する、というしくみです。また、リサイクルショップや業者が独自に設定した高額査定商品も存在します。

4.オーディオの買取業者について

4-1.業者選びのポイント

不要となったオーディオでも、適切な価値で買取してもらいたいですよね。買取業者を選ぶポイントをまとめました。ぜひ以下のポイントを押さえてください。

  • オーディオの知識がある
  • 買取対象品目が多い
  • 買取価格の査定(見積もり)が無料
  • 古物商許可などの資格を有している

4-2.専門業者のメリット

オーディオの専門知識のある業者に買取を依頼すれば、買取価格が上がりやすくなります。オーディオ・楽器などとざっくりした分類ではなく、メーカーや型番によって金額を決めてくれる業者のほうが、買取価格に期待ができるでしょう。

4-3.中古オーディオ機器の買取価格について

買取価格は、市場の需要オーディオ品の状態・付属品の有無などによって変わります。外箱やケーブルなど、購入時についてきた物はすべてそろえておいたほうが買取価格が上がるでしょう。また、落とせる汚れは事前にきれいにしておくことで、査定に好影響を与えられます。

4-4.中古オーディオ機器のメンテナンスについて

長年使用していたオーディオ機器を買取に出す場合、買取価格にメンテナンス証明書が影響することもあります。修理経験があっても、パーツ自体には不備がないことが証明できれば買取価格を上げることも可能です。

4-5.中古オーディオ機器の保証について

オーディオ機器に保証書が付いていた場合は、一緒に出しましょう。当然、保証期限内の物であれば買取価格は上がるでしょう。たとえ保証期限が切れていても、購入元を明らかにできれば買取価格にも影響します。

4-6.中古オーディオ買取の方法・流れ

中古オーディオ機器買取の基本的な流れは以下となります。

  1. 見積もり・査定の申し込み(電話・HPなど)
  2. 訪問・宅配にて現物の査定
  3. 買取価格の提示
  4. 支払い・回収

買取価格に納得がいかなければ、その場で・無料でキャンセルできる業者なら安心です。無理やり安値で買い取ろうとしたり威圧的な態度を取られたりしないように気を付けましょう。知人に立ち会ってもらうとより安心です。また、金額にかかわることはすべて書面でもらうようにしましょう。

4-7.中古オーディオ買取の注意点

中古オーディオ機器の買取価格は、業者やリサイクルショップによってまちまちです。傷の程度などによって価格が下がってしまうのは仕方ありませんが、それ以前に、自分自身がそのオーディオの価値を知らなければ、安値で買いたたかれても”気づけない”でしょう。自分が売ろうとしているオーディオ機器が、どの程度の人気があるのかを買取に出す前にリサーチしておくことも大切です。

5.中古オーディオ機器の買取についてよくある質問

5-1.買取してもらいたいオーディオと回収してもらいたい家具がまざっている場合は?

買取価格が付くかどうかわからないオーディオ機器や「これは買取不可だろうな」と思う物でもお見積もりに出してみてください。弊社では、料金をいただいて回収することも可能です。買取と回収を分けておこなう必要がないため、時間と手間の節約になります。

5-3.リサイクルショップで中古のレコードプレーヤーの買取を断られたのですが?

リサイクルショップなどでは、店舗に在庫を管理しなければなりません。なので、本当は需要のあるオーディオ機器なのに、買取できないことがあるのです。弊社では自社ショップですぐに再販売できるため、他店で断られてしまったオーディオ機器・家具家電も買取できる場合があります。

5-4.オーディオ1点でも出張買取に来てもらえる?買取を断ったら怒られそうで怖い

弊社では、不用品1点からでも出張買取に伺います。もちろん、買取価格に納得がいかなければ、その場で断っていただいて結構ですのでご安心ください。

6.まとめ

いかがでしたでしょうか。中古オーディオの買取についてのご紹介でした。

  • オーディオ機器の中古市場は、家具家電とは少し違う(古くても高値買取のチャンス有)
  • 中古オーディオ機器の買取は、専門業者に依頼しよう
  • 処分しようとしているオーディオ機器の市場価値を知っておこう

以上の基本ルールを押さえれば、オーディオ機器をより高値で気持ち良く手放せます。オーディオ機器を家に放置したりゴミにしたりせず、次の使用者のために新しい役目を作ってあげましょう。

365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!