これだけは知っておいて! ネットオークションのトラブル事例

誰でも出品者・落札者になることができるネットオークション。普段見ることのできない商品が出品されていることもあり、つい眺めているだけで楽しい気持ちになって落札することもしばしばあるでしょう。
しかし、売買や詐欺によるトラブルが多いのも事実。何の知識もなしに利用すると思わぬ被害に出くわす危険性があります。
この記事ではオークションによるトラブル事例をまとめてみました。

目次

  1. オークションとは
  2. 売買によるトラブル事例
  3. 詐欺によるトラブル事例
  4. 事例から考える予防策
  5. よく使われるオークションサイト
  6. 不用品買い取りサービスのすすめ
  7. まとめ

1.オークションとは

1-1.誰でもできるネットオークション

オークションと聞けば大金を持った人たちがある商品を巡って入札するイメージがあると思います。しかし、ネットオークションは個人間で簡単にものの売買ができるのが特徴です。
ネットオークションを介してものを売りたい人が商品を出品し、その商品を買いたい人が簡単に入札できます。

1-2.オークションの仕組み

ネットオークションはサイト内に出品されている品物に対して誰でも入札することができるのが特徴です。
ある商品に対して付けられた金額に1円でも多い入札をすればその人に購入権が与えられます。
たとえば、その商品に対して自分より高い金額を入れた人が出てきたとしましょう。すると、購入権がその高い金額を付けた人に移ります。入札を繰り返す内に、最高額を付けた人に商品の購入権を与えられるのがオークションです。

1-3.便利な反面、デメリットもある

誰でも入札できて商品を出品できるオークション。楽しい買い物をすることも自分が経営者になることもできます。しかし、個人間における売買においてトラブルが出ていることも事実です。また、オークションを利用した詐欺なども横行しています。

2.売買によるトラブル事例

オークションは非常に便利でつい買い物をしてしまう場所。しかし、個人間であるためにトラブルが起こっています。
この項目では、ネットオークションで起こっている売買のトラブルをご紹介しましょう。

2-1.商品が届かない・届けられない

オークションにて商品を落札したのに商品が届かないケース。単純に出品者が出荷を忘れていることがあるため、まずは冷静に連絡を取ってみましょう。
また、自分が出品者となって商品を送る場合も円滑に行えるような配慮が必要です。どうしても遅れる場合は落札者にその旨を連絡しましょう。

2-2.落札後に連絡が取れなくなる

ある商品の落札が決まってから出品者・落札者から連絡が取れなくなるケース。
落札者から連絡が来ない場合は、ほかのサイトや別の場所にて商品を購入してしまい不用になったケースが多いです。また、間違って購入してしまいそのまま放置となっていることが考えられます。
反対に、購入者が落札して入金を行った後に連絡が取れないパターンもあるようです。

2-3.落札者・出品者からのマナー違反

落札者・出品者共に落札過程やその後にもめることがあります。
たとえば、落札者から「もっと安くしてほしい」という旨の連絡を受けることがあるようです。また、商品を届けた後に「ネットで見た画像と色が違う」という理由で返品を求められることもあります。こうしたトラブルが出ないように、出品するときには色の説明などをする必要があることを知っておきましょう。
反対に、落札した商品が届いたのはいいけれど明らかにネットの画像と違う場合があります。こうした場合はきちんと法的処置をする旨を伝えましょう。

2-4.問題があった場合

問題があったとしても、すぐに相手を犯罪者だと決めつけるのはよくありません。まずは、きちんとメール・電話などで連絡を取ってみましょう。それでも、解決できない場合は内容証明郵便を送ります。
内容証明郵便とは、自分が裁判などの法的処置を取る覚悟があることを相手に証明するものです。内容証明郵便を出品者・落札者に送ればだいたいの場合は解決されます。

365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!