なるべく安く落札したい!オークションに入札するコツをご紹介します。

オークションと聞くと、競い合って入札するイメージで固定されている方も多いはずです。ひと昔前は、競争入札によって高値で落札することがほとんどでした。
しかし、オークションが広く浸透し、今はコツさえ知っておけば安く落札することもできます。
オークション初心者の方もこの記事を参考にしてみてください。

  1. オークションで安く落札するコツ
  2. オークション利用時の注意点
  3. まとめ

1.オークションで安く落札するコツ

日本でメジャーなオークションサイトといえば、ヤフオクと楽天です。ショッピング感覚で入札でき、廃盤になった商品やレアものが出品されていて、利用する方がたくさんいます。
コレクターズアイテムなどは実店舗を回って探すより、確実に見つかるメリットもあるでしょう。
オークションは価格に上限がないため、競り合って高くなってしまうこともあります。欲しい商品をなるべく安く手に入れたいですよね。
オークションで安く落札するコツをご紹介します。

1-1.欲しい商品をウォッチリストに登録

欲しい商品をいくつかピックアップし、ウォッチリストに登録しておきましょう。欲しい商品を見つけたからといってすぐに入札してしまっても、ほかに条件で見つけてからでは取り消しができません。
ウォッチリストを上手に活用することで、比較検討する時間を作ることが大切です。慌てて入札して高値になってしまう、競り合って予算オーバーしてしまったという方がたくさんいます。
必ず複数の商品から、本当に欲しい商品に入札するようにしましょう。

1-2.商品紹介ページをしっかり読む

複数を比較しても商品代金が同じケースもあるでしょう。代金が同じであれば、商品紹介ページをじっくり読んでみてください。
中古品であれば商品の状態・送料・手数料などを比較の材料にしてみましょう。送料が高く、予算を超えてしまうこともあります。安全に輸送される手段を選ぶことは大切ですが、送料も含めて予算を組むことも頭に入れておくべきです。

1-3.入札のタイミング

オークション終了期限5分前にほかの人が入札すると高値に更新し、自動的に5分間延長されます。高値で入札して安心していたら、自動延長されてほかの人に落札されてしまっていたというケースもあるはずです。
入札は終了時間ぎりぎりに出せる範囲の最高入札額を入札するようにしましょう。
競り合ってしまうと、価格がどんどんつり上がって思わぬ出費になることもあります。
オークションは取り消しができないので、いくらまでと決めて入札することが大切です。

1-4.値下げ交渉

商品により、値下げ交渉に応じてもらえるものもあります。商品紹介ページに記載されていますので、予定している価格より低く交渉してみるのもおすすめです。
出品者と折り合いのつく価格に決まれば、安く落札することができるでしょう。ただし、安すぎる価格で交渉すると交渉に応じてもらえません。
良識の範囲内で交渉するといいでしょう。

1-5.即決価格

多くの商品が出品されていますが、中には即決価格を設定しているものもあります。
どうしても欲しい商品がある、すぐに落札したいなど、納得できる価格であれば利用するといいでしょう。終了時間まで待たず、ほかの人と競り合うこともなく、すぐに欲しい商品をらく札可能です。

1-6.注目のオークション

注目のオークションとして表示されるものは、注目度が高く入札が多いケースがほとんど。検索しても上位に出てくるため、価格が値上がりしやすいのも特徴です。
同じ商品でも注目のオークションになっていないものを選べば、より安く落札できるでしょう。商品検索の参考にしてみてください。

1-7.1円単位を利用する

1円単位で入札できるオークションの場合、出してもいいと考える最高入札額に1円をプラスしてみてください。ほかの人が1万円で入札していても、1円多いだけで落札可能です。
数百円単位で高値更新していく方もいますが、1円からでも入札でき、高額な取り引きほど負担が少なくなります。
ただし、出品者が1円単位の入札を認めていない場合は避けてください。

1-8.終了時間をチェック

アクセス数が多いのは、土日の夜です。終了時間が平日の昼間だと仕事や学校などで忙しい方が多く、アクセスが少ないもの。比較的スムーズに落札することができるでしょう。
商品を検索したら、終了時間にも注目してみてください。ライバルが少ないほど、安く落札できるはずです。

2.オークション利用時の注意点

欲しいものを見つけ出せるオークションはとても魅力的ですが、面識のない出品者と取り引きしなければならないため、利用時に注意したいポイントがあります。
金銭が絡んでいるのでトラブルに発展するケースも多くあるようです。
利用時の注意点をご紹介します。

2-1.送料が高い

送料を高く設定している詐欺まがいの行為をしているオークションは避けるべきです。通常より高い送料だと感じたら、入札しないようにしましょう。
宅配便やゆうパックは安全に到着しますが、送料が高くなってしまいます。送料を含めて予算を組むようにしてみましょう。

2-2.手数料

商品代金を出品者に支払って、商品を受け取るのがオークションのシステムです。商品代金の送金方法も入札前にしっかり把握しておきましょう。
かんたん決済だけ・銀行決済だけというケースもあります。なるべく手数料がかからない方法で送金できる商品へ入札すると、負担が少なくて済むはずです。

2-3.評価の悪い出品者は避ける

出品者の評価は商品紹介ページから閲覧することができます。評価やコメントをよく見て、悪い評価が多いものは避けるべきです。
商品代金を支払ったけれどなかなか届かない、届いたけれど梱包(こんぽう)が雑で壊れていたというケースも多くあるトラブル。せっかく落札した商品で不快な思いをしないためにも、評価はしっかりチェックしましょう。

2-4.予算はあらかじめ決めておく

オークションに夢中になってしまうと、つい上限金額をオーバーしてしまうことがあります。最初に予算を決めておき、最高入札額に設定しておく方法もおすすめです。
予算より高値になってしまったら諦めるなど、出せる上限を超えない工夫も必要でしょう。希望する商品がまた出品されるのを待つ姿勢も大切です。
オークションは掘り出しものをリーズナブルに入手するためにあるシステムでもあります。高値になりすぎてしまうようなら、次の機会を待つようにしましょう。

3.まとめ

オークションで入札するコツをご紹介しました。オークション初心者の方もぜひ参考にしてみてください。

  • オークションで安く落札するコツ
  • オークション利用時の注意点

オークションは入札が取り消しできません。安く落札するためには、ウォッチリストを使って比較検討する方法がおすすめです。 送料や手数料にも注目し、商品代金と合わせた予算組みをするようにしましょう。競り合っているうちに高値にならないためにも、決めた上限を上回ったら諦めることも大切です。
出品者の評価を見て、安心して取り引きできる相手かどうか見極めることも必要でしょう。

365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!