身辺整理・生前整理について知りたい方!プロが教える6つのポイント

最近、「身辺整理」や「生前整理」などがテレビなどのメディアで紹介されることも多くなってきたので興味を持った方も多いでしょう。今、日本は本格的な高齢化社会を迎え、ひとり暮らしの高齢者も増えています。そのために「もし、自分に何かがあったときのために身辺整理や生前整理をしておきたい」「他人に迷惑をかけない死に方をしたい」と考える人は多くなってきたのです。けれども、身辺整理や生前整理は普通の片付けとは異なります。具体的に、何から手を付けてどのように進めていいのかわからない人も多いでしょう。そこで、ここでは、生前整理や身辺整理のポイントなどをご紹介します。

  1. 身辺整理・生前整理とは
  2. 身辺整理・生前整理で行うべきこととは
  3. 身辺整理・生前整理用のノートを作ろう
  4. 身辺整理・生前整理で出た不用品はどう片付けたらいいのか
  5. 忘れちゃならない!デジタル身辺整理・生前整理とは
  6. 身辺整理・生前整理のプロ業者選び
  7. 身辺整理・生前整理によくある質問

このような記事を読むことによって、身辺整理・生前整理の方法や重要なポイントなどがわかるでしょう。ご自身の身辺整理・生前整理にぜひお役立てください。

1.身辺整理・生前整理とは

1-1.身辺整理・生前整理について

総務省の調べ(平成26年9月現在)によると65歳以上の高齢者が日本の総人口を閉める割合は約26%で過去最高となっています。8人に1人が75歳以上という現在、ひとり暮らしの高齢者も増加しているのです。そこで、にわかに注目を集めているのが、身辺整理や生前整理なのでしょう。

ひとりで暮らしている自分にもし何かあったら家族や友人、近所に人に迷惑をかけてしまう…と心配する人が増えているのです。身辺整理・生前整理とは、ひとことでいえば50〜60代の人がいつ何があってもよいように、自分の財産や家財道具などを見直し不要なモノは整理しておくことを指します。整理することにより自分の死後誰にも迷惑をかけないようにするだけではなく、自分のプライバシーや財産なども守ることにもなるのです。

1-2.身辺整理・生前整理のきっかけ

最近は、身辺整理や生前整理がテレビや雑誌などで取り上げられていることから「そろそろ私もやろうかな」と考える方が増えてきました。

昔は身辺整理などというと、高齢者になってからやるもの…というイメージがありましたが今は40代から始める人もいます。身辺整理や生前整理は、どのようなことをきっかけに始める人のでしょうか。

1-2-1.結婚・離婚をしたから

近年は結婚する年齢が高くなり、40歳を過ぎてから結婚する人も多くなってきました。社会経験を積んだ大人は、結婚を機に「今までの人生でたまったいろいろなモノや思い出などを整理したい」と思うようです。

逆に、中高年になって離婚をする夫婦も多い現代では、別れたことをきっかけに自分の身辺整理・生前整理をして心機一転ひとり暮らしを始める覚悟をする人もいます。

1-2-2.退職をしたから

身辺整理や生前整理は、退職を機に行うという人も多く見られます。

理由としては…

  • 会社にでかける必要がなくなり時間ができた。
  • 第2の人生をスタートする前に今までの人生でたまったモノを断捨離したくなった。
  • 退職を機に引っ越したので持ちモノ整理をしたくなった。

などがあります。

1-2-3.病気になったから

中高年層になると生活習慣病をはじめがんや心臓病などの病気になるリスクが高まります。大病になり入院や手術の経験し「いざというときのために身辺整理や生前整理をしようと思った」という人は多いようです。

1-2-4.子どもが結婚した・孫が生まれた

お子さんが独立して結婚し、孫が生まれたことをきっかけに身辺整理や生前整理を始める人もいます。もし、自分たちに何かあった場合に子どもたちに迷惑をかけたくないという思いと、財産を整理してできるだけ残してあげたいという思いから行うようです。

1-3.身辺整理・生前整理の目的と必要性

1-1でも触れましたが、身辺整理・生前整理は「病気や不慮の事故など、いつ自分に何があってもよいように、自分の財産や家財道具を整理整頓」することです。

断捨離と同じでしょ…という人もいますが少し違います。断捨離は「日常の生活の中で無駄なモノを見直し捨てることでモノへの執着からも離れる」ことです。

けれども、身辺整理・生前整理の目的は「自分が死んだ後に誰かに負担をかけないようにできるだけ無駄なモノを捨て財産になるモノは引き渡せるようする」ことになります。

残された遺族が、遺品整理や遺産相続で頭を悩ますことがないように準備をすることも大切な目的なのです。遺品や遺産などは、誰に何をどれだけ渡すかを本人がきちんと指示しておかないと遺族間トラブルの原因にもなります。

365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!