アパートを退去する際、掃除はどこまで行えばいいの? その基準は?

アパートを退去するとき、どこまで掃除をしていいか分からず悩んでいる。そんな人は多いと思います。賃貸物件は退去する際に原状回復の義務があるので、新品同様にして返さねばならないと思っている人もいるでしょう。また、退去するときに修繕費で貸主と借主がトラブルになる例はたくさんあります。
そこで、今回はアパートを退去する際の掃除についた解説しましょう。

  1. アパートを退去する際に掃除は必要?
  2. アパートの掃除と敷金の関係
  3. アパートを退去する際の掃除方法
  4. アパートを退去する際の掃除に関するよくある質問
  5. おわりに

この記事を読めば、退去する際にどこまで掃除をすればいいかよく分かります。アパートを退去予定な人は、ぜひ読んでみてくださいね。

1.アパートを退去する際に掃除は必要?

はじめに、アパートを退去する際に掃除が必要なのか、どこまで行えばいいのかということを解説します。

1-1.原状回復とは何か?

アパートを借りる際に交わした契約書には、大抵「原状回復」に関する項目があります。原状回復とは、「賃貸物件を退去する際、借りたときと同じ状態にする」ということです。しかし、家は住んでいるうちにどうしても劣化していきます。ですから、賃借人が借りたときと全く同じ状態に戻さなければならないのなら、多大な負担がかかるでしょう。そのため、国土交通省は「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」を設けています。ガイドラインによると、経年劣化に伴う損傷の修繕費用は家賃に含まれていると定めているため、経年劣化に伴う家の修繕費用は貸主負担です。

1-2.退去時に借主は掃除をする義務はない?

今は、借主が退去した部屋は貸主が業者に依頼し、クリーニングをするのが一般的です。そのため、借主が大掃除並みに徹底して掃除をする必要はありません。しかし、引越しを経験した人なら分かると思いますが、家具の裏や下などには大量のホコリが溜まっています。それをそのままにして退去すれば、印象は悪くなるでしょう。そのため、借主も退去する際に軽くでも掃除をしておくのが礼儀です。

1-3.借主はどこまで掃除をすればいいの?

借主は、家を出る際に普段行う程度の掃除をしていきましょう。各部屋に掃除機をかけ、落とせる汚れは住居用の洗剤を使用して落としておきます。借主がハウスクリーニング業者を依頼して、徹底してきれいにする必要はないでしょう。

2.アパートの掃除と敷金の関係

この項では、アパートの掃除と返還される敷金の関係について解説します。

2-1.敷金とは何か?

敷金とは、家を借りるときに大家さんや管理会社に預ける保証金のことです。家賃が払えなくなったり賃貸物件の設備や備品を傷つけたりした場合は、敷金から補てんされます。今は敷金がない物件もありますが、家賃1~2か月が相場です。

2-2.敷金と家の汚れの関係

前項で、経年劣化による汚れは借主が修繕する義務はない、と説明しました。しかし、以下のような経年劣化以外の汚れは、借主が修繕する義務があります。

  • 掃除を怠った結果、経年劣化よりも激しい汚れが部屋についた
  • 賃貸物件の備品(風呂・トイレ・キッチン・窓ガラス・洗面台)などを借主の責任で壊した
  • 壁紙・ふすまなどを破いたりひどく汚したりした
  • タバコ・ペットによる汚れ

近年は、部屋にゴミをためこんでしまい、床やタタミが腐ったり傷んだりしてしまったという例も珍しくありません。このような場合は、退去時チェックの際に指摘され、修繕費を敷金から支払うことになります。そのため、敷金が返ってこなくなったり不足分を請求されたりすることもあるでしょう。

2-3.敷金返還トラブルを防ぐためにできること

さて、国土交通省がガイドラインを出していても、退去時の修繕費負担や敷金返還を巡るトラブルは多発しています。そこで、これらのトラブルを防ぐために、以下のようなことを注意しましょう。

  • 入居する際、あらかじめついている汚れは管理会社・大家さんとともに確認しておく
  • 画びょうなどを壁に挿していいか尋ねる
  • 子どもがいる場合、壁やふすまに落書きをしないように対策をする
  • タバコを物件内で吸っていいか了解を取っておく
  • 備品を壊したり傷つけたりした場合は、すぐに大家さんや管理会社に連絡する
  • ペット不可の物件でペットを飼わない
  • 仕事が忙しいなどの理由で掃除がしっかりできない場合は、ハウスクリーニングサービスを利用する

賃貸物件の備品も経年劣化が起こります。特に、給湯器や換気扇などは普通に使っていても壊れることもあるでしょう。この場合は、隠したりせずすぐに大家さんや管理会社に連絡してください。また、ペット不可の物件でこっそりペットを飼うと、即退去を命じられることもあります。

3.アパートを退去する際の掃除方法

この項では、アパートを退去する際の掃除方法について解説します。ぜひ、参考にしてください。

3-1.床の汚れ

ホコリなどは掃除機できれいに吸い取りましょう。掃除機では取れない汚れがついている場合は、住居用洗剤とぞうきんで落としてください。タタミについた家具の跡は、濡れた布を跡にあて、その上からアイロンを当てれば元に戻ることもあります。フローリングの傷などは、無理に修繕しないようにしましょう。

3-2.壁の汚れ

落ちそうなものは、住居用洗剤で落としてみましょう。ただし、やりすぎは壁紙を傷めます。スイッチ周りの手あかなどは経年劣化に含まれますので、無理に落とす必要はありません。クレヨンなどはクレンザーをつけて優しくこすってみてください。

3-3.水回りの汚れやカビ

水回りの黒カビは、カビ除去スプレーなどを使用しましょう。浴室の壁や浴槽はツルツルしているので、カビがはえていても比較的落としやすいはずです。まずは、こすってみてください。タイルの目地にはえたカビは、市販のカビ取り剤を使ってみましょう。水回りは退去後に業者が掃除をするので、最低限の汚れだけを落としておけば大丈夫です。

3-4.掃除をする時間がない場合

掃除をする時間がない場合は、引越し会社のハウスクリーニングサービスなどを利用しましょう。掃除機がけやぞうきんがけを代行してくれます。

4.アパートを退去する際の掃除に関するよくある質問

Q.タタミの日焼けなどは経年劣化に含まれますか?
A.はい。日焼けによる退職などは経年劣化です。

Q.大家さんに許可を得て棚などを取りつけましたが、退去時に壁に穴があいたことによる修繕費用を請求されました。
A.口約束はトラブルの元になります。大家の許可を得て家に何かを取りつける場合、書面による契約を交わしましょう。

Q.敷金ゼロの物件で修繕費が発生したらどうなりますか?
A.借主が原因で家が汚れたり傷ついたりした場合は、借主に請求が行くことになるでしょう。

Q.敷金返還や修繕費用を巡るトラブルが起こったらどうすればいいですか?
A.まずは不動産屋に仲介に立ってもらい、それでも解決しない場合は宅地建物取引業協会連合会に相談してみましょう。全国各地に支部があります。

Q.浴室やトイレなどの水回りは汚れが溜まりやすいですが、どこまでが経年劣化とみなされるでしょうか?
A.普通に使用していれば、経年劣化以外の汚れがつくことはめったにありません。たとえば、浴室で毛染めをしていて染料の大きなシミがついてしまったという場合や、便器以外の場所に尿が飛び散って取れなくなり、壁紙などの交換が必要になった場合は、貸主に請求が行くこともあるでしょう。

5.おわりに

いかがでしたか? 今回はアパートを退去する際の掃除をどこまで行ったらいいか、解説しました。まるで入居時のようにピカピカにする必要はありませんが、ホコリや取れる汚れはマナーとして掃除をしておきましょう。家具や荷物を運んだあとで、掃除機やぞうきんがけをするくらいで大丈夫です。

365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!