エアコン処分は家電リサイクルで!気になる取り外しやリサイクル料金

4.エアコンをリサイクルで売却したい場合

エアコンの処分には、家電リサイクル料金と収集運搬料が必要になり、経済的負担も大きくなる傾向があります。年式が浅いもの・型番などにより、買い取り対象となる可能性もありますので、売却を検討する方法も視野に入れてみましょう。

4-1.買い取りを行っているのは?

エアコンの買い取りをしているのは、リサイクルショップや不用品回収業者です。リサイクルショップは取扱品目に得意分野があり、ショップにより引き取り可能かどうか大きく差が出てきます。
その点、不用品回収業者の取扱品目は幅広く、エアコンなら引き取り可能というところが多いでしょう。

4-2.高く売れるリサイクル家電とは?

旧機種は、なるべく高く売りたいですよね。買い取り対象となるのは、製造から5年以内と新しいもの。同じものでもきれいに使っているものの方が、より高値になる傾向があります。売却前に細かな部分まで掃除を行い、値段が上がるように努力してみてください。
また、リサイクルショップは買い取り強化をしているものがあり、エアコンを積極的に買い取っているところを選ぶといいでしょう。

4-3.リサイクル家電のメリット・デメリット

リサイクル家電を上手に売却することができるなら、新規購入費用にあてることができ、経済的負担も軽くなるのがメリットでしょう。
注意したいのは、リサイクルショップ選びです。古物商の認可を受けているかどうかを確認してください。
しかし、売却する際に、リサイクルショップまで自分で運搬しなければならず、手間と時間がかかるのがデメリットです。不用品回収業者の場合、自宅まで引き取りに来てもらえますので、リサイクルショップより負担が少なくて済みます。

5.エアコン処分を不用品回収業者に頼む場合

電話1本で引き取り対応してもらえる不用品回収業者は、近年ニーズが高まっています。ただし、業者選びを誤り、トラブルに発展する恐れもあるため、依頼前にはしっかり知識を持つようにしてください。

5-1.不用品回収業者選びのポイント

無料をアピールする業者が横行していますが、家電リサイクル法に沿って処分するなら、無料ということはありえません。無料と謳(うた)う背景には、積み込み後に高額費用請求をして儲(もう)けようという考えがあるため。正しく家電リサイクルを行う回収業者なら、適正な家電リサイクル料金を請求するものです。
また、一般産業廃棄物収集運搬業の認可を受けている回収業者を選んでください。認可を受けていない回収業者による不法投棄なども深刻な問題になっています。事前に見積もりを出してもらい、追加料金発生の有無も確認してから決めましょう。

5-2.不用品回収業者の費用目安

エアコンの廃棄は、取り外しも含めて考えておかなければなりません。正しい知識がないまま取り外すのは危険です。トラブルを回避するためにも、取り外しから回収まで依頼できる不用品回収業者を利用するといいでしょう。費用目安は、下記のとおりです。

  • 窓用エアコン 3150円(税別)
  • セパレートエアコン5775円(税別)
  • エアコン取り外し 5250円(税別)

5-3.エアコンの回収方法

不用品回収業者には、電話またはインターネットから見積もり依頼をしてください。複数の見積もりを出してもらい、比較検討するようにしましょう。
自宅に設置してあるエアコンを、室内を汚さずに撤去してくれます。エアコンの取り外しはガス回収をする必要があり、パイプ内のフロンガスを排出してから行うのが一般的です。むやみに取り外してしまい、エアコンの故障原因にもつながります。ガス回収はコツが必要なため、自分で無理にやらずに専門スタッフに任せるほうが安心です。不用品回収業者により、家電リサイクル料金だけで、取り外しはサービスで行ってくれる場合もあります。

365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!