エアコンは買取に出せる? 買い替え・処分でお悩みの方! 買取の基礎知識

エアコンが故障したり新しい機種に買い替えをしたりする場合、古いエアコンはどのように処分すればいいのか迷いますよね。エアコンは、家電リサイクル法の対象になっているので、消費者・小売店・メーカーなどは法律に従って処分をしなければなりません。また、まだ使用できるエアコンは、廃棄するのはもったいなので買取に出す方法もあります。そこで、エアコンの買取についてや、業者選びのポイントなどをご紹介しましょう。

  1. エアコンの買取について
  2. エアコンの買取方法について
  3. エアコンの買取業者選び
  4. エアコンの買取〜よくある質問〜

この記事を読むことで、エアコンの買取に関するお悩みを解決できるでしょう。ぜひお役立てください。

1.エアコンの買取について

エアコンの買取について基礎知識を学びましょう。事前に知っておくと、買取に出すときに役に立ちます。

1-1.エアコンの種類について

ひとくちに「エアコン」といっても、家庭用エアコン(ルームエアコン)と業務用エアコン(パッケージエアコン)の2種類に分かれます。そして、それぞれ異なるタイプがあるのです。

1-1-1.ルームエアコン

多くの家電メーカーでは、家庭用のエアコンの中でも「壁掛け形」のエアコンを「ルームエアコン」と呼びます。1番ポピュラーな形です。

1-1-2.ハウジングエアコン

「ハウジングエアコン」とは、家庭用のエアコンで壁掛け形以外のエアコンの総称です。ハウジングエアコンには、以下の種類があります。

  • 床置き形:床に直接置くタイプのエアコンで掃除がしやすい
  • 天井カセット形:天井に埋め込むタイプのエアコンで、1方向に風が出るシングルフローと2方向に風が出るダブルフローがある
  • 壁埋め込み形:壁の内部に埋め込んで設置するエアコン。見えるのは吹き出し口だけなのでインテリア性を重視したい部屋向き

1-1-3.業務用エアコン

業務用のエアコン(パッケージエアコン)は、設置する場所の種類・環境・広さなどに合ったものが必要なので種類が豊富です。

  • 壁掛け形
  • 床置き形
  • 天井カセット形:シングル・ダブルフローのほか、全周吹き出しのラウンドフローがある
  • 天吊り形:エアコンを埋め込むほどスペースがない天井に設置するタイプ。シングルフローとラウンドフローがある。
  • 調理場用(天吊り形):調理場専用のエアコンで、汚れやサビに強い。掃除がしやすく高性能

1-2.最近の傾向

以前、エアコンは家庭の消費電力の1/4を占める家電といわれていました。しかしながら、本格的な「省エネ」が求められる時代となった今、各家電メーカーは独自の技術開発を行っています。その結果、年々省エネ性能に優れた製品が登場しているのです。

また、今や省エネ性能は当たり前となり、「いかにその機能を維持できるか」も問われています。メーカーによって詳細は異なりますが、以下のような特徴を持つエアコンが最近の傾向といえるでしょう。

  • 人の居場所によって運転を自動コントロールする機能や、電気代・削減するCO2を表示する機能がある
  • スマートフォンやタブレットなどでエアコンの運転状況を知り、遠隔操作ができる
  • 空気清浄機を搭載
  • 汚れがつきにくく掃除がしやすい構造

1-3.エアコンは買取してくれるのか

まだ、使用できる・製造年が新しい・高機能モデルなど条件のいいエアコンの場合は、買取業者に依頼すれば買取をしてもらえます。不用なエアコンをお金に換えることができるのでお得です。また、買取業者の中にはエアコンの取り外しも請け負うところがあり自分で外す必要がありません。一般的には、室外機も込みで買取してもらえます。

1-4.エアコン買取のポイント

エアコンを買取に出すには、お得な時期があります。ベストシーズンといわれているのは、6月〜7月上旬の「夏本番前」です。また、高額買取が可能な製品や、査定金額が高くなるポイントもあります。後の項で具体的にご紹介しましょう。

1-5.エアコン買取の需要について

家電の中でもエアコンは、中古市場で人気が高いアイテムです。特に、最新型で多機能・高性能のエアコンは高価なので「中古でもいいから少しでも安く購入したい」という人も増えています。また、日本のメーカーのエアコンは信頼度が高く、中古でも海外では人気なのです。国内では再販の可能性が低くても海外で売れるので積極的に中古の買取を行う業者も多いといわれています。

1-6.買取できないものはどうするか

買取が不可能なエアコンは廃棄しなければなりません。エアコンは、「家電リサイクル法」の対象家電(業務用エアコンは対象外)なので、粗大ゴミで処分することはできないのです。処分は以下の方法で行います。

  • 新しいエアコンを購入する家電量販店・小売店に、リサイクル料金・運搬費を支払い、古いエアコンの取り外しと回収を依頼
  • 古いエアコンの処分だけなら、家電量販店・小売店にリサイクル料金・取り外し料金・運搬費用を支払い、取り外しと回収を依頼
  • 不用品買取・回収業者に有料で回収を依頼

不用品買取・回収業者の中には、有料でエアコンの取り外しを請け負うところもあります。また、エアコンだけではなく、ほかにも不用な家電や家具がある場合、まとめて回収を依頼すると回収費用がお得になることもあるのです。

2.エアコンの買取方法について

エアコンの買取を行う業者や買取方法などについてご紹介しましょう。

2-1.買取してくれるところとは

不用になったエアコンを買取してくれるのは、リサイクルショップや不用品買取・回収業者、エアコンの買取専門ショップなどです。エアコンを買取対象としているか、取り外し工事はやってもらえるかなどを確認してから依頼しましょう。

2-2.査定について

高額査定が期待できるエアコン、高額査定のコツなどをご紹介しましょう。

2-2-1.高額査定が期待できるエアコン

高額査定が期待できるのは以下のようなエアコンです。

  • 新品か年式が新しい製品
  • 未使用か使用年数が少ない製品
  • 高機能、多機能の製品(空気清浄機つき、内部クリーニング機能、スマートフォンなどで遠隔操作が可能な製品など)
  • 人気メーカーの製品
  • 業務用エアコン
  • 15〜20帖用のハイパワーエアコン
  • 喫煙者のいない環境で使用していたエアコン(タバコの煙の匂いやヤニ汚れなどは、分解洗浄が必要なので経費がかかる)

2-2-2.高額査定のコツ

エアコンをできるだけ高く買取してもらうためのコツをご紹介しましょう。

  • きれいに手入れをする:エアコンや室外機の内側・外側ともにできるだけ汚れやホコリを取り除きく
  • 取り扱い説明書・付属品・フィルターの予備・リモコンなどはできるだけそろえる
  • エアコンが入っていた外箱があれば、それに入れる

2-2-3.買取方法・流れ

業者によって詳細は異なりますが、「ダスト.net東京」の買取の流れをご紹介しましょう。

  1. 電話や申し込みフォームで無料見積もりを申し込む
  2. 出張査定の日時の予約をする
  3. 査定スタッフが家に行き、実際にエアコンを見てその場で査定金額を出す
  4. 査定金額に納得がいけばエアコンの回収作業を開始
  5. 作業が終了したら支払いをする

3.エアコンの買取業者選び

エアコンの買取業者はたくさんあるので、業者選びのポイントや注意点などをご紹介しましょう。

3-1.業者選びのポイント

業者のホームページで以下のことを確認してください。

  • 事業所の所在地、電話&FAX番号、メールアドレス
  • 「古物商許可」の番号を取得しているか
  • 料金システムが明確か
  • 無料見積もりサービスを行っているか
  • エアコンは取り外し作業も行ってくれるか
  • 家からエアコンや室外機を外に運び出す作業も行ってくれるか

3-2.申し込み方法

一般的に、買取業者のホームページでは無料の見積もり申し込みフォームやメール、電話番号が掲載してあるのでそこから申し込むようになっています。

3-3.注意点

不用品の買取回収を行う業者は、「古物商許可」の番号を取得する必要があります。ホームページやチラシなどに番号を掲載していない場合は、無許可の業者なので依頼しないようにしてください。特に、「無料で不用品を回収します」などとアナウンスしながら街中を車で周っている業者には気をつけましょう。

  • 荷物を積んだ後に運搬費や手数料がかかると請求してきた
  • 「エアコンはリサイクル料金が必要」だと高額金額を請求してきたので断ったら、ほかに不用品はないかとしつこく聞かれた

などトラブルが多発しています。無許可の業者とは関わらないようにしましょう。

4.エアコンの買取〜よくある質問〜

エアコンの買取に関してよくある質問をご紹介しましょう。

Q.中古のエアコンは何年前の製品まで買取可能ですか?

A.買取市場では中古でも需要のあるエアコンは「製造から5年以内の製品」といわれています。引っ越しなどでエアコンが不用になり買取に出す場合は、迷っていないでできるだけ早めに売ったほうが有利でしょう。

Q.エアコンの買取相場はいくらですか?

A.メーカー・モデル・使用年数・機能・状態などにより数千円〜数万円まで開きがあります。できるだけ、査定金額を上げるためには「2-2-2.高額査定のコツ」も参考にしてくださいね。

Q.エアコンは自分で取り外すことは可能でしょうか?

A.自分で取り外しをする人もいますが、失敗して冷却ガス漏れなどを起こすことがあります。工事のミスは、エアコンの電力効率の低下につながり価値を落としてしまうのです。工事専門業者や、取り外しを行ってくれる買取回収業者、家電量販店や小売店などに依頼しましょう。

Q.エアコン以外にも買取に出したい家電があるのですが?

A.引っ越しなどで、エアコンだけではなく家電や家具をまとめて処分したい場合は、不用品買取・回収業者がお得です。ダスト.net東京は、不用になった家電などの高価買取を行っています。また、不用品や粗大ゴミの片付けも行っているので、荷物を1度に片付けることもできるのです。無料見積もり申し込みフォームもありますのでお気軽にご利用ください。

Q.エアコンを処分するときに必要な「リサイクル料金」とは何でしょうか?

A.家庭から排出する家電4品目(エアコン・テレビ・冷蔵庫・洗濯機)を処分するときに、消費者が支払う必要がある「再商品化のための費用」です。処分する家電によって料金は異なります。エアコンは972円(平成28年4月1日現在)です。

5.まとめ

いかがでしたでしょうか。エアコンの買取に関して必要な知識がおわかりいただけたかと思います。エアコンは、年々進化しているので新製品もすぐに型落ちしてしまうものです。しかしながら、高機能なエアコンは中古市場で人気があるため、年式が新しく状態がよければ高値で買取してもらえる可能性が大でしょう。また、エアコン以外にも不用な家具や家電がある場合は、不用品の買取回収業者に依頼すれば1度に片付けることができて便利です。ダスト.net東京ではエアコンの取り外しもオプションで行っております。お気軽に無料見積もりサービスをご利用ください。

365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!