エアロバイクを処分したい? おすすめの処分・買取方法を教えます!

ダイエットや健康増進目的でエアロバイクを購入しても、すぐに使わなくなってそのまま放置してしまうことはよくあります。また、以前はよく使っていた人も何らかの理由で不用になることもあるでしょう。不用になったエアロバイクは、保管するにも場所を取ってしまうのでとても邪魔になります。そこで、今回は、エアロバイクの処分をしたい人のために、おすすめの処分方法や買取方法を伝授することにしましょう。すぐにでもエアロバイクを処分してスッキリした部屋にしたい人は、必見ですよ。

  1. エアロバイクについて
  2. エアロバイクの処分について
  3. エアロバイクの処分はリサイクルがおすすめ
  4. エアロバイクをリサイクルするためのポイント
  5. エアロバイクの処分でよくある質問

記事を読むことで、エアロバイクの適切な処分方法を理解することができます。エアロバイクの処分方法は、ごみとして捨てるだけではないのです。不用になったエアロバイクも、実はさまざまな処分方法があることを知ってください。まずは、記事をじっくり読んでエアロバイクの処分の基本をしっかり頭に入れましょう。

1.エアロバイクについて

最初に、エアロバイクとはどんなものなのか確認しましょう。ここでは、主な種類やメリット・必要性について解説します。

1-1.エアロバイクとはどんなもの?

エアロバイクには、フィットネスバイクという別名もあります。エアロバイクとは、自転車型の運動機器のことで、重量や大きさがあるため備え付けタイプがほとんどです。ペダルをこぐだけで運動ができることから、スポーツジムだけでなく一般家庭にも多く普及しています。エアロバイクには、ペダルの重さや目標距離を設定できる機能が付いていたり消費カロリーを計算する機能が付いていたりすることが多いです。室内での運動が可能になることから、最近では老人介護施設などでも導入が進んでいます。

1-2.エアロバイクの種類

エアロバイクの種類は、主に以下のようなものがあります。

  • アップライトタイプ:上半身を起こした状態でペダルをこぐタイプ
  • リカンベントタイプ:背もたれに寄りかかってペダルをこぐタイプ
  • スピンバイクタイプ:上半身を前に倒した状態でペダルをこぐタイプ
  • 折り畳み式タイプ:折り畳みが可能なタイプ

最近では、いずれの種類でも軽量化が進んできています。また、集合住宅に住んでいる人には運転音が静かなタイプも人気ですよ。

1-3.エアロバイクのメリットや必要性

エアロバイクのメリットや必要性については、以下をご覧ください。

  • スポーツジムに出掛けなくても運動できる
  • 天候にかかわらず運動ができる
  • いつでも気軽に運動することができる
  • 心臓に負担を掛けずに体を鍛(きた)えることができる
  • 使い方が簡単である
  • 本を読みながら・音楽を聴きながら運動できる

上記のように、エアロバイクには多くのメリットがあるのです。また、室内で気軽に運動できることで、家に引きこもりがちな高齢者の体力維持と運動不足解消に役立ちます。エアロバイクは、高齢化が進む現代社会にとって必要性が高いものと考えてください。

2.エアロバイクの処分について

エアロバイクの処分について、基本を学びしょう。不用になったエアロバイクを処分するときには、どんな点に気を付けるべきか理解してくださいね。

2-1.エアロバイクを処分するときの問題点

まずは、エアロバイクを処分するときの問題点について確認しましょう。

  • 重量があったり大きかったりして運びにくい
  • 気軽に売りにくい
  • 購入のときの価格を考えると処分する気持ちが失(う)せる

エアロバイクは、健康増進やダイエットの目的で購入したはずです。また、購入のときに支払った金額を考えると処分する決心が付かない人もいます。不用になったエアロバイクがいつまでも放置してあるのは、さまざまな問題点があるからなのです。

2-2.自治体による処分方法を確認しよう

まずは、自治体による処分方法について確認しておきましょう。自治体にエアロバイクの処分を依頼したときのメリット・デメリットだけでなく、回収方法や料金についても学んでください。

2-2-1.自治体による処分にかんするメリット・デメリット

自治体にエアロバイクの処分を依頼する場合は、ごみとして収集してもらうことになります。エアロバイクは大きさと重さがあるため、粗大ごみ扱いとなることを覚えておきましょう。自治体にエアロバイクの処分を依頼するメリットやデメリットは、主に以下のとおりとなります。

  • 自治体に処分を依頼するメリット:気軽に依頼ができる・回収料金が安い
  • 自治体に処分を依頼するデメリット:処分日時や場所を選ぶことができない・自分で指定場所まで運ぶ必要がある。

なお、自治体にエアロバイクの処分を依頼するには、指定場所まで自分で運ぶ必要があるため、台車などを用意すると便利ですよ。

2-2-2.自治体によるエアロバイクの回収方法

自治体によるエアロバイクの回収方法について理解しておきましょう。具体的には、以下を参考にしてください。

  1. 依頼者は自治体にエアロバイクの回収を依頼する
  2. 自治体は依頼者に回収日時と場所の指示をする
  3. 同時に回収料金の金額と「粗大ごみ処理券」の説明を受ける
  4. エアロバイクに「粗大ごみ処理券」を貼り付ける
  5. 指定日時になる直前に指定場所にエアロバイクを運ぶ
  6. 指定日時以降に自治体の回収車がやってきてエアロバイクを回収する

なお、自治体にエアロバイクの回収を依頼するときには、粗大ごみ受付センターに電話などで連絡することになります。お住まいの自治体の公式サイトなどでチェックして、早めに連絡を取りましょう。

2-2-3.自治体にエアロバイクの回収を依頼するための料金

自治体にエアロバイクの回収を依頼するには、粗大ごみとして規定の回収料金を支払うことになります。自治体によって異なりますが、大体数百円で済むでしょう。なお、回収料金の支払いは、コンビニなどで「粗大ごみ処理券」を買ってエアロバイクに貼り付けることで完了します。「粗大ごみ処理券」をわかりやすい場所に貼り付けてから、指定日時に指定場所に運んでください。

2-3.回収業者による廃棄について学ぼう

用になったエアロバイクの処分方法として、回収業者に廃棄を依頼することもできます。ここでは、具体的に解説をしましょう。

2-3-1.エアロバイクを回収業者で廃棄してもらうメリット・デメリット

エアロバイクを回収業者で廃棄してもらうことにも、メリットとデメリットの両方があります。それぞれにかんしては、下記をご覧ください。

  • 回収業者に廃棄を依頼するメリット:好きな日時や場所に回収依頼ができる
  • 回収御者に廃棄を依頼するデメリット:回収費用が数千円程度必要になる

自分の好きな日時や場所を指定して回収依頼ができることは、忙しい人にとってメリットが大きいだけでなく、自分で運び出す手間が無いという点でも重要なポイントです。回収費用にかんしては、通常数千円程度必要になる点はデメリットですが検討してみる価値はありますよ。

2-3-2.回収業者によるエアロバイクの回収方法

回収業者によるエアロバイクの回収方法については、以下を参考にしてください。

  1. 依頼者が業者に連絡してエアロバイクの回収見積もりを依頼する
  2. 業者は依頼者に見積もりを出す
  3. 見積もり内容に納得した場合は正式に回収を依頼する
  4. 指定日時・場所に回収業者がエアロバイクを引き取りにくる
  5. 業者は回収したエアロバイクを後日廃棄する

通常、最初に回収にかんする見積もりを取るステップが入ります。業者によっても、作業内容や回収料金が異なるため、見積もりをもらったら内容にきちんと目を通して納得してから正式に依頼をしましょう。

2-3-3.回収業者にエアロバイクの廃棄を依頼するための料金

回収業者にエアロバイクの廃棄を依頼するためには、1台あたり数千円の料金が相場となります。料金には、指定場所までの引き取り手数料も含んでいることを確認しておきましょう。また、夜間など業者の営業時間外の対応を依頼したりマンションの高層階から下ろす作業が必要になったりする場合は、追加料金が上乗せになることも理解してくださいね。

2-4.エアロバイクを処分するときの注意点

エアロバイクを処分するときにも、注意点があります。たとえば、エアロバイクは大きくて重いため、運び出すときに腰やひざを痛める人も多いです。運ぶ必要がある場合は、体を痛めないように注意しましょう。また、部屋にエアロバイクがぶつかると壁に傷が付いたりエアロバイク自体が破損したりする可能性もあります。運搬経路の壁は、ダンボールなどで養生してから作業しましょう。

3.エアロバイクの処分はリサイクルがおすすめ

エアロバイクを処分するとき、まだ十分に使用できる状態ならリサイクルをおすすめします。エアロバイクの処分で、リサイクルするにはどんな方法があるか詳しく解説しましょう。

3-1.エアロバイクの処分方法いろいろ

エアロバイクの処分方法も、さまざまにあります。ここでは、主な処分方法について解説をしましょう。

3-1-1.ほしがっている人に譲る

エアロバイクをほしがっている人は、案外多いものです。たとえば、自分の知人や友人に不用になっているエアロバイクを引き取ってもらえないかどうか話してみましょう。特に運動不足を感じていたり、ダイエットを気にしていたりする人は、引き取りたいと言ってくる可能性が高いです。自分にとっては不用になったエアロバイクでも、知人や友人の役に立つのなら望ましいことと言えます。

3-1-2.リサイクルショップを利用する

不用になったエアロバイクは、リサイクルショップで買取依頼をすることも可能です。リサイクルショップでは、エアロバイクなどの健康器具を積極的に買取しているところもあります。まずは、自宅の近くにあるリサイクルショップを中心に見積もり依頼を出してみましょう。ただし、リサイクルショップの場合は、中古のエアロバイクの評価は期待するほど高くありません。リサイクルショップに持ち込む場合は、処分できてお金も入ってきたらラッキーぐらいに考えておきましょう。

3-1-3.不用品回収業者を利用する

エアロバイクの処分は、不用品回収業者を利用するのもおすすめです。不用品回収業者を利用することで、自分で運び出す手間を省略することも可能になります。また、エアロバイクのほかにも処分したいものがある場合は、同時に処分を依頼することもできるので検討してみてください。なお、不用品回収業者に処分依頼をする場合でも年式が新しくて需要の高い機種の場合は、買取対象となることもあるので業者に相談してみましょう。

3-1-4.インターネットオークションを利用する

エアロバイクをリサイクルする方法として、インターネットなどのオークションを利用する方法もあります。オークションは、不用になったものを売りたい人と買いたい人での取り引きです。状態が良いものや人気の高いメーカー・タイプのものは、高値で取り引きが成立することもあります。インターネットオークションに慣れている人は、利用を考えてみるといいでしょう。

3-1-5.そのほかのエアロバイクのリサイクル・処分方法

そのほかにも、エアロバイクをリサイクルする方法はあります。たとえば、福祉施設への寄付ですね。福祉施設では、利用者の運動不足解消や機能訓練のために多くのエアロバイクを導入しています。特に、背もたれのあるリカンベントタイプは重宝するものです。もちろん、そのほかのタイプのエアロバイクも寄付できることもあるので福祉団体などに確認してみましょう。ただし、福祉施設での利用は安全が第一となります。そのため、確実に動作することを確認して寄付しましょう。なお、寄付の場合は原則として自分で運び入れる必要があります。

3-2.エアロバイクをリサイクルするときの注意点

エアロバイクをリサイクルするときには、以下の注意点を守りましょう。

  • 選んだリサイクル方法が適切であるか考えること
  • 業者を利用するときは信頼できる業者を選ぶこと
  • 回収方法を確認して自分で運び出す必要があるのか確認しておくこと

エアロバイクのリサイクルも、方法選びを間違っては台無しです。自分にとって、また、エアロバイクにとって最もいいと思う方法を選んでくださいね。もちろん、業者を利用する場合は、業者選びも大切なポイントになります。また、リサイクルするために運び出す必要があるかどうかも確認しておきましょう。

4.エアロバイクをリサイクルするためのポイント

ここでは、エアロバイクをリサイクルするために知っておくべきポイントについて説明します。業者にリサイクルを依頼した場合の、注意点・手数料・回収方法についても頭に入れてください。

4-1.エアロバイクの買取のポイント

エアロバイクも、場合によっては買取対象となります。買取対象となるにはどんな条件が必要なのか、ひとつずつポイントを上げながら解説しましょう。

4-1-1.買取依頼できるものとできないものの違いとは

エアロバイクでも、買取依頼できるものとできないものがあります。買取依頼できるものは、最低限、動作に問題が無いものです。エアロバイクは、運動をするための機械なのですから動作に問題があるとリサイクルできません。また、使用中に事故が起きるのは困りますからね。さらに、悪臭が取れなかったり大きく破損していたりするものは基本的に買取不可となります。買取依頼に出す前に、エアロバイクの状態をチェックしてみてください。

4-1-2.高額査定のポイントを学ぼう

高額査定を希望するためには、以下のポイントをクリアしているか考えてみましょう。

  • 新品もしくはほぼ使用していない状態である
  • 正常に動作する
  • 年式が新しい
  • 人気の高いメーカーのものである
  • 高機能モデルである
  • 目立つ傷や汚れが無い
  • 必要な付属品が揃(そろ)っている
  • メーカーの保証期間が切れていない

上記のポイントに多く当てはまるほど、高額査定を期待できますよ。なお、エアロバイクには新規購入したときにメーカーの保証が付いていたはずです。メーカーの保証が切れていないうちに買取依頼に出すと有利に働きます。

4-1-3.買取対象となるメーカーについて

エアロバイクの買取対象となるには、有名メーカーのものが基本となります。主なメーカーにかんしては、下記を参考にしてください。

  • アルインコ
  • コナミ
  • リマーク
  • ホライズン
  • ヤマトヒューマン
  • ダイコウ

無名メーカーであっても、買取対象となる可能性はあります。しかし、有名メーカーのものに比べると需要が無いため買取価格も激安となってしまう可能性を否定できません。エアロバイクは、信用性も大切です。有名メーカーのものであることは、信用性が高いためにリサイクルしやすいと考えてください。ただし、業者によって買取可能なメーカーの種類が異なりますので確認をしておきましょう。

4-1-4.エアロバイクの年式について

エアロバイクは、基本的に年式が新しいものほど高性能となります。従って、エアロバイクは年式が新しいものほど高額査定になりやすいと考えましょう。もちろん、年式が古いものでも正常に動作していて高性能なものは高額査定の対象になることもあります。しかし、エアロバイクも機械なので、経年変化による内部劣化までは否定できません。エアロバイクは、できるだけ新しいうちに買取依頼に出しましょう。

4-1-5.エアロバイクの傷や掃除状況は影響する?

エアロバイクは、人間が乗って使うものです。そのため、使用中の傷や汚れが付きやすいものとなります。傷があってもエアロバイクの機能自体に問題が無い場合は、買取できるでしょう。しかし、できるだけ高額査定を求めるのなら、エアロバイクの汚れをキレイに掃除した状態にしておくべきです。汚れをキレイに掃除しておくことも、高額査定の条件となります。

4-1-6.エアロバイクの付属品について

エアロバイクの買取を希望する場合は、付属品を揃(そろ)えた状態にしておくことが望ましいです。付属品の中には、エアロバイクの動作に必要不可欠なものもあります。もしも、付属品が無いことで正常な動作をしないなどの影響がある場合は、買取不可もしくは減額査定となる可能性が高くなることを理解しましょう。まずは、購入したときの付属品がすべて揃(そろ)っているか確認してください。一部の付属品が無かったり破損などで問題があったりする場合は、買取依頼のときに申告しましょう。

4-2.業者選びのポイントをチェックしよう

エアロバイクのリサイクルをするためには、業者を探す必要があります。業者選びのポイントについては、以下を参考にしてください。

  • エアロバイクの処分やリサイクルを行っていること
  • エアロバイクの処分やリサイクルに豊富な実績があること
  • 適正な査定をしていること
  • 見積もりを無料で行っていること
  • 依頼者の希望日時・場所に引き取りに来てくれること
  • 見積もり後の契約を無理に行わないこと
  • 対応が親切で丁寧であること
  • 古物商許可・産業廃棄物収集運搬許可を受けていること

いい業者を選ぶことで、満足度の高い処分ができるものです。特に、エアロバイクをきちんとリサイクルしたいのなら上記のポイントをクリアした業者を選ぶようにしましょう。なお、業者選びの際には下記もご覧くださいね。

ダストネット東京:http://www.dust530.net

4-3.エアロバイクをリサイクルするときの手数料

エアロバイクをリサイクルするための手数料は、回収するための費用を含めて数千円程度が相場となります。しかし、場合によってはほかの不用品と同時に回収を依頼できるパック料金を指定した方がお得になる例もあるものです。まずは、気になる業者にエアロバイクのリサイクルを依頼したときの見積もりを出してもらいましょう。親切な業者の場合は、最もお得なプランを提案してくれますよ。

4-4.エアロバイクの回収方法を理解しよう

業者によるエアロバイクの回収方法は、指定場所に出向いての引き取りが基本となります。エアロバイクは、重さや大きさから自分で運ぶのが大変なため、業者が引き取りに来てくれることは大きなメリットです。忙しい人でも、希望日時と場所を伝えることで無理なく回収してもらえますよ。

4-5.エアロバイクのリサイクルを業者に依頼するときの注意点

エアロバイクのリサイクルを依頼するときは、違法業者に注意しましょう。特に最近は、営業車で不用品回収を無料や格安料金で行うと宣伝しながら巡回している業者が多いです。しかし、巡回している業者を利用することは慎重になってください。中には、古物商許可などの必要な資格を持っていない業者も存在します。エアロバイクを引き取った後に、不法投棄をしていることもあるので注意してください。また、回収料金の認識違いやエアロバイク以外のものも無理に回収しようとする業者にも気を付けましょう。

5.エアロバイクの処分でよくある質問

エアロバイクの処分でよくある質問にお答えします。エアロバイクの処分も頻繁(ひんぱん)に経験しないことであるため、ほかの皆さんにもさまざまな悩みがあるものです。

5-1.エアロバイクを処分のタイミングを見極めるポイントは?

エアロバイクの処分は、後回しにしてしまう人が多いのもわかります。しかし、思いきって処分しないといつまでも部屋や収納場所を圧迫するだけです。いつか使うだろうという考えは、やめましょう。使用しなくなってから数か月経過していたりエアロバイクを使う目的が無くなったりしている場合は、処分するべきです。また、高価だったのにもったいない、と考えることも処分のタイミングが遅れる原因になるので注意してくださいね。

5-2.業者で回収したエアロバイクはどのようにリサイクルするのですか?

問題なく使用できるものは、業者で再度動作確認や安全確認をしてからリセールすることもあります。また、壊れていたり破損していたりして使用不可のものは素材ごとに分解して資源としてリサイクルすると考えてください。信頼できる業者に依頼することで、リセールにしても資源としてリサイクルするにしても確実に行ってくれますよ。

5-3.買取の需要が高いエアロバイクのタイプは何ですか?

一般的には、個人使用でも人気の高いアップライトタイプの需要が高いと考えましょう。しかし、エアロバイクは目的によって適する種類が異なります。そのため、業者によって買取強化をしているタイプが異なることもあると考えてください。たとえば、福祉施設から中古のエアロバイクを探してほしいとの依頼があった場合は、背もたれのあるリカンベントタイプの需要が高くなります。どのタイプのエアロバイクが需要の高いのかについては、買取を希望する業者に確認してみましょう。

5-4.見積もりで買取不可の場合は回収を中止してもいいですか?

エアロバイクの買取を希望しても、何らかの理由で買取対象外との見積もりが出ることもあります。リサイクルしてお金が入ってくることを想像していた人には、がっかりすることでしょう。もちろん、無料査定・無料見積もりをしている業者なら回収を依頼しなくても大丈夫です。しかし、信頼できる業者に見積もりを依頼して買取不可と判断が下りた場合は、ほかの業者に依頼しても同じ結果となることが多くなります。思いきって回収してもらうことも、検討してみてください。

5-5.業者に回収を依頼した場合、壊れていても問題ありませんか?

確かに、エアロバイクがまだ使える状態の方が望ましいことには違いありません。しかし、壊れているものでも回収は可能なので安心してください。ただし、壊れている場合は買取ではなく引き取りとなります。引き取りを依頼する場合は、回収費用を支払うことになる点を理解してください。なお、大きく破損している場合は運び出しでケガをする恐れがあります。回収を依頼するときに業者に状況を告げて、全部お任せするといいですよ。

まとめ

今回は、エアロバイクの処分をしたい人のために、さまざまな処分方法や買取・リサイクルについて詳しく解説をしました。せっかく買ったエアロバイクも、使わない状態で放置したままでは何の役にも立ちません。しかし、自分にとって不用になったエアロバイクも、ほかの人からの需要があるものです。ごみとして処分するよりも、資源の有効活用の意味を含めて積極的にリサイクルしましょう。なお、エアロバイクの処分を考えると同時に家の中の不用品をまとめて処分するのもいいアイデアですよ。

365日年中無休不用品の片付け・整理がどこよりも安い!